ダイヤ改正で新設された「京急蒲田ゆき普通」の様子を見てきました。

品川口のエア急が並エア快に格上げになり、急行停車駅の青物横丁・立会川・平和島の停車列車数が減ったため、それをフォローするために今まで設定されたことがなかった品川-蒲田間普通が新設されました。旧エア快の並エア快の2分後に品川を出る普通が蒲田ゆきで、すべて4連で運転されます。
d0044222_22212093.jpg
2012.11.3 京浜急行電鉄本線梅屋敷駅
この設定を見たとき最初に浮かんだ疑問が「折り返し運用をどうするのか?」ということです。蒲田駅には引揚線がありません。京急では引揚線は品川・川崎のほかは車両基地のある新町・文庫・久里浜にしかないのです。京急は駅設備はわりと余裕をもって作られていますが、引揚線や電留線の用地が少なく、折り返しのできる駅が限られてしまうというのが悩みのタネになっています。今回も京急らしい苦肉の策を用いて運用を工夫していました。
まず、蒲田駅の構造が大きく変わりました。蒲田止まりの列車のために上下ホームの横浜方に切欠きホームを設けました。ちょうど阪急の京都河原町駅のような構造で、それが上下2層になっているわけです。番線は下り3階ホームが1番横浜方面・3番羽田方面。上り2階ホームが4番横浜からの品川方面・6番羽田からの品川方面で、切欠きホームは下りが2番線、上りが5番線になっています。下り2番線はほぼ蒲田止まり列車の降車専用ホームと言ってよく、列車が到着すると、連絡する快特がすぐ追いついてきて、降りた乗客が1番ホームに向けでダッシュしてきます。着いた車両はすでに「回送」幕を出しています。
d0044222_22465627.jpg
2012.11.3 京浜急行電鉄本線京急蒲田駅
下のホームでは2000形が出発を待っていました。旧エア急スジの並エア快が発車するとすぐに品川へと後を追います。
d0044222_2250429.jpg
2012.11.3 京浜急行電鉄本線京急蒲田駅
3階の切欠きホームに列車が入る前にA快特が脇を通過していきました。この画を見ていただけばわかりますが、切欠きホームは有効長が4両分しかありません。蒲田ゆき普通がすべて4連なのはこれが理由だったわけですね。
d0044222_22562834.jpg
2012.11.3 京浜急行電鉄本線京急蒲田駅
では、蒲田に着いた列車はどうやって折り返すのか?これこそ京急がひねり出した「苦肉の策」なのです。
蒲田で乗客を降ろした列車は、そのまま下り線を走り、多摩川を渡って川崎まで行き、一旦川崎駅の引揚線に入ります。そして川崎の上りホームに入って折り返し、蒲田駅の上り切欠きホームに入ります。蒲田-川崎間は「回送」扱いになります。早い話が昔12連快特のヒモで来て川崎で分割併合されていた羽田ゆき特急のスジを援用したわけです。六郷土手を通過する蒲田への送り込み回送。最初の画の蒲田ゆき普通と同じ2代目1000形の1433編成です。
d0044222_2395167.jpg
2012.11.3 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
この4連編成は1度入ると同じように蒲田ゆき運用で行ったり来たりしているようで、ちょうど西武の保谷ゆき各停や京成金町線列車のように「当番制」のようです。
[PR]
by borituba | 2012-11-04 19:19 | てつどう

今日は通院日でした。午前中に全て終わったので、大山で昼食をすませて池袋。予想以上に天気がよかったのでふらふらと品川へ。本当は来週にでも行くつもりにしていたんですが、新サイクルを品川口で実際に見てみたくて聖地で撮ってみることに。そうすると、予想通りの運用と、予想外の事態が見えてきました。

新サイクルを順にご紹介しながら説明しましょう。サイクルのご紹介なので実際この通りの車両が来たわけではありません。まずはA快特。ここがふりだしであることは変わりません。
d0044222_22252961.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
その2分後に普通が行きます。改正前はエア快の後でしたが、元に戻りました。
d0044222_22291055.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
その後はエア快です。今回の改正で、列車種別としても並エア快と上エア快が区別されるようになりました。並エア快はただの「羽田空港ゆき快特」ということになり、表示も飛行機マークのない「快特」になりました。京成車はただの「快特」幕を持っていないらしく、京成本線でラッシュ時に走っている「快速特急」の幕を出しています。思えば今でこそ「快特」が正式名称ですがもともと「快速特急」だったのですからこれはうれしい「名称復活」です。
d0044222_22453525.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
一方上エア快。都営線も快速運転する成田空港ゆきだけが「エアポート快特」を名乗ることになり、幕の地色も京成の「アクセス特急」に合わせてオレンジになりました。今までは京急線内は上も並も緑の「エアポート快特」幕だったので、行先と車種だけで上と並を判断していましたが、今回から幕の色が統一されて一見さんにもわかりやすくなりましたね。
d0044222_22533676.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
d0044222_2254821.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
エア快の後はSH快特。前に普通がなくなったので、数分でわりとすぐにやってきます。代表は青京急1号060.gif
d0044222_2257459.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
エア快の後からこちらに移ってきた普通。普通の間隔はいままでと変わらず10分ヘッドです。
d0044222_2259519.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
さて、今回の最大の目玉商品。エア急から「格上げ」になった北総始発の並エア快(正式にはただの「快特」)。行灯幕の9000形もちゃんと「快特」の幕を出しています。めでたしめでたし。
d0044222_2341267.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
今まではこのあと少し間が開いてA快特に戻る…となるところですが、今回改正で実は最大のサプライズになったのが「北総エア快」の2分後に設定された「京急蒲田ゆき普通」です。きひゃ師匠も注目されていましたが、エア急の快特格上げで急行停車駅の青物横丁・立会川・平和島の日中の停車列車が減るために、それを補うために前代未聞の「蒲田ゆき」が実現したわけです。
d0044222_2313426.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
それだけでも驚きですが、さらに驚いたのは、この蒲田ゆき普通は全て4連だということです。区間運転とはいえ普通列車が1本増えたわけですから、800形・1500形・お銀の6連だけではカバーできないのでしょう。浦賀/新逗子ゆき普通の4連もあり、梅屋敷駅のハミ電解消で4連普通は激減、ことによったら消滅するかと思っていましたが、逆に激増する事態になりました。
d0044222_2324697.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
で、やっとA快特に戻ります。青京急2号。今日は青京急が両方とも獲れたので満足。
d0044222_23273765.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
おまけ。これはかなりのレア運用ですよ。京成3700形が北総線に行くのも珍しければ、ここで「快速特急」幕も珍しい。なんだかものすごく違和感のある姿です…
d0044222_23295634.jpg
2012.10.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
[PR]
by borituba | 2012-10-27 22:06 | てつどう