タグ:東京急行 ( 107 ) タグの人気記事

東急田園都市線は、神奈川県北部の宅地開発に伴う都心へのアクセス路線として建設されました。元々は二子玉川-溝口間の軌道(「玉電」の延長線)を東急が買収して大井町からの路線と接続(昭和41年まで二子橋上を併用軌道で渡っていたのはそのため)。昭和38年から昭和54年までは大井町-溝口(後に長津田)間が田園都市線と呼ばれていました。
昭和52年に新玉川線渋谷-二子玉川間が開通。当初新玉川線は高架線で計画されましたが、反対運動などの影響で、旧玉電の下(国道246号線直下)を地下で通すことになり、また地下鉄11号線(現半蔵門線)との相互乗り入れも決まっていたため、地下鉄乗り入れ用の車両が必要になりました。そこで8000系をベースにした乗り入れ車両を製作、8500系として昭和50年にデビューしました。
d0044222_12314252.jpg
2006.2.2 東京急行電鉄大井町線緑が丘駅
その後、昭和53年に地下鉄半蔵門線が部分開通しましたが、営団(当時)が新型車両を投入しなかったため、56年に営団8000系がデビューするまでは新玉川線の延長線のような扱いで、東急8500系がそのまま乗入れていました。そのせいか、「半蔵門線」というと今でも8500系のイメージが強く、地下鉄8000系は影が薄いような気がしてなりません。
d0044222_12393376.jpg
2005.6.14 東京急行電鉄田園都市線たまプラーザ駅
半蔵門線は渋谷-青山一丁目間を皮切りに、半蔵門、三越前、水天宮前…と延伸を続け、2004年、ついに東武伊勢崎線曳舟まで開通、東武線との相互乗り入れを開始、日光線南栗橋まで(今年3月からは伊勢崎線久喜まで)乗入れるようになり、中央林間(神奈川県大和市)-埼玉県栗橋市・久喜市間の関東平野を横断するルートが1本の電車で結ばれました。東急8500系もこれを機に更新が行なわれ、押上以遠に乗入れ可能な編成(東武用の保安装置などの搭載)はスカートが付けられ、種別、方向幕がフルカラーLEDになっています。
d0044222_12565271.jpg
2005.6.14 東京急行電鉄田園都市線たまプラーザ駅
8500系は8000系ベースのため、8000系以上に何もない顔で、前面の赤帯がなければ先頭車にすら見えません。そのため田園都市線のエースだった頃は「鉄」的には全くのノーマーク。半蔵門線でも8500系が来るとなんだか損したような気がしたものです。しかし、デビューから30年を越えて、ようやく古豪の貫禄みたいなものがついてきたような気がするから不思議なものです。
2002年に2代目5000系がデビューして、その増備に伴って廃車が始まりました。一部の車両は長野電鉄に譲渡され、井の頭線3000系の譲渡が一段落した今、8000系と並び東急系地方私鉄の譲渡車両の主力になっていくものと思われます。現在は東横線と並ぶ本線になった田園都市線と、もともとの経緯から田園都市線の支線的存在の大井町線で活躍しています。
d0044222_13144100.jpg
2005.10.25 東京急行電鉄大井町線緑が丘駅
[PR]
by borituba | 2006-02-03 13:15 | てつどう

昨日に引き続き東急のステンレスカー、7200系(現・7600系)のグラフィティです。
7200系は、7000系の増備型として、昭和42年デビュー。18m車ですが地下鉄日比谷線には入らず、東横線と半蔵門線開通前の田園都市線用として活躍。その後8000系・8500系などの増備に伴い目蒲線(現目黒・多摩川線)、池上線に移ります。やがて支線用1000系のデビューに伴い廃車・譲渡(上田交通、十和田観光電鉄など)されましたが、9両(3連3編成)が昭和62年に当時最新の9000系をベースにしたVVVFインバータ制御に足回りを、運転台をワンハンドルマスコンに改造した7600系に生まれ変わりました。
d0044222_2374454.jpg
2005.10.25 東京急行電鉄池上線御嶽山駅
7200系の特徴は、「ダイヤモンドカット」と呼ばれて親しまれた前面のデザインです。7000系、8000系、8500系が切妻のまっ平らな顔であるのに比べ、前照灯のラインで「く」の字にカーブしたデザインは、40年近く経った現在でも充分モダンで、カッコイイ「顔」になっています。元7000系の7700系との並びです。こうして並べて見比べてみるとその特徴がよくおわかりいただけるでしょう。最近では8000系などと同様「カブキ塗り」になっています。
d0044222_23145875.jpg
2005.10.25 東京急行電鉄池上線御嶽山駅
7200系としては現役の車両はありませんが、1989年までこどもの国線(長津田-こどもの国間、当時はこどもの国協会から東急が委託を受けて運行していた)で使われていたアルミ試作車3両が事業用車に改造され、デヤ7200(牽引車)、デヤ7290(牽引&検測車)、サヤ7590(軌道検測車)になりました。今日、大井町線尾山台駅で偶然デヤ7200と7290の試運転列車に遭遇しました。3両ともこどもの国線で活躍した当時のままの塗装で、銀色がベースのいささか殺風景な東急の中にあって、一際異彩を放っており、ファンの間で「ハデ車」などと呼ばれているようです。
d0044222_23372282.jpg
2006.2.2 東京急行電鉄大井町線尾山台駅
d0044222_23363215.jpg
2006.2.2 東京急行電鉄大井町線尾山台駅
[PR]
by borituba | 2006-02-02 22:47 | てつどう

今年の1月1日より、東京急行電鉄は公式の略称を「東京急行」から「東急電鉄」に変更しました。かつて阪急も正式名称は「京阪神急行電鉄」だったのを略称の「阪急」をそのまま正式名称にしていますが、東急も実情に合わせたのでしょうか。
東急は系列の東急車輛がステンレス車両のパイオニアとして早くから開発を進めており、名車初代5000系(青ガエル)ベースのセミステンレス試作車5200形を皮切りに、セミステンレス量産車6000系を経て、昭和37年に初のオールステンレス車の7000系がデビュー。以後東急はステンレスカーの牙城となり、青ガエル以来の緑に代り銀色がイメージカラーとして定着することとなったのです。また、近年では台車や制御機器が老朽化した7000系や7200系の車体をそのままに、VVVFインバータ制御の三相交流モーター、ワンハンドルマスコンなど最新の機器に交換した「リサイクル電車」7600・7700系も登場。ステンレス車両の「持ちの良さ」が立証されています。
d0044222_11435797.jpg
2005.10.25 東京急行電鉄池上線五反田駅
その完成形といっていいのが昭和44年デビューの8000系です。ほとんど飾り気のない切妻の前面、帯も全くない銀無垢の車体と、当時は「没個性」の典型と言われました。事実、かつて東急と聞けば「青ガエル」初代5000系や「ダイヤモンドカット」7200系(現7600系)、または支線区に残る旧型車などが注目され、本線主力の8000系、8500系などはハナも引っ掛けられないような状況でした。
しかし8000系は、日本初の界磁チョッパ制御、ワンハンドルマスコンを採用した車両で、当時としては画期的なハイテク電車だったのです。そのため30年以上更新・改造されることなく主力として走り続けられる「丈夫で長持ち」電車となったのです。
近年では他形式との視認性の確保のため前面に黒と赤の帯が付けられてその特異なマスクから「カブキ車」と呼ばれています。
d0044222_1282574.jpg
2005.10.3 東京急行電鉄東横線都立大学駅
全盛を極めた8000系も、最新鋭の2代目5000系の増備が進んで、伊豆急や遠くインドネシアへの譲渡や、廃車が進んでいます。そんな中、先頃東横線の8039編成がデビュー当時の「銀無垢」に戻されて注目を集めています。
d0044222_12134953.jpg
2005.10.3 東京急行電鉄東横線都立大学駅
d0044222_22462022.jpg
2006.2.2 東京急行電鉄東横線祐天寺駅(追加画像)
[PR]
by borituba | 2006-02-01 12:14 | てつどう

参宮橋と都立大学へ行ってきました。
ねらい目は小田急の鋼製車、5000系と9000系です。5000系は、初代2000系列からのスタイルを踏襲しながら、当時国鉄の113/115系、京阪2200系などと共に流行した、車体の下を絞ったスマートなフォルムが特徴で、長らく小田急の主力として活躍しています。現在も後輩の8000系、インバータ制御の1000・2000・3000系ともコンビを組んで活躍中で、画像の編成も後ろ4両が銀色の2000系になっています。日中は普通2灯のうち1灯を消していますが、珍しく2灯とも点灯しています。
d0044222_2129421.jpg
2005.10.3 小田急電鉄小田原線参宮橋駅
こちらは9000系。先日もご紹介したとおり廃車が進んでいますが、まだまだ各停、区間準急、急行にと活躍が続いています。しかし、遭遇率はかなり低くなっていて、撮るには少々粘りが必要です。1本来ると続けて来る傾向があり、そこを逃さず撮るのがコツのようです。
d0044222_21533295.jpg
2005.10.3 小田急電鉄小田原線参宮橋駅
d0044222_21541635.jpg
2005.10.3 小田急電鉄小田原線参宮橋駅
一方ここは都立大学。ドン曇りで16時台なのにけっこう暗く、シャッタースピードが出ない中、東横線の最古参、8000系を狙います。「食パン」というニックネームがついて、没個性の象徴のように言われた8000系ですが、近年不思議なデザインの赤と黒の帯が付けられて「カブキ塗り」などと呼ばれています。
d0044222_21591673.jpg
2005.10.3 東京急行電鉄東横線都立大学駅
この度、8000系8039編成が帯を取り、デビュー当時の銀一色になっています。たしかに味も素っ気もないフォルムですが、今時の電車に比べればけっこうイイ顔をしています。無塗装の銀色も今や立派な「個性」になっているのが不思議でさえあります。
d0044222_2283750.jpg
2005.10.3 東京急行電鉄東横線都立大学駅
[PR]
by borituba | 2005-10-03 22:08 | てつどう

東急新旧の主役

東急は、ステンレスカーの世代交代期にさしかかっています。7000系列は池上線、大井町線などにわずかに残るのみ、かつて「掃いて捨てるほど」の勢力を誇った8000系列にも、廃車、譲渡が出てきています。また、ついこの間のデビューだと思っていた8500系にも廃車が出始め、最近、長野電鉄に譲渡が始まりました。
8000系はステンレス無塗装のいわば「銀無垢」姿で長年走ってきましたが、近年ではご覧のようなラインが入れられました。「カブキ塗り」などといわれているそうですが、「銀無垢」ののっぺらぼうな顔にこの色はちょっとセンスがないような気がしますね。厚化粧、とまでは言いませんが…
一方、右側の2代目5000系は、新世代の通勤電車としていわば鳴り物入りでデビューしました。なにしろ「青ガエル」の愛称で親しまれた形式番号を受け継ぎ東急では久しぶりに「顔」を感じる車両になっています。ただ、車内は「吊革の森」と言われるような立ち席偏重のレイアウトをはじめ、無座席車両の導入(田園都市線)など、賛否両論のようです。
d0044222_12392370.jpg
2005.7.27 東急東横線都立大学駅
[PR]
by borituba | 2005-08-08 13:58 | てつどう

私の「よそ行き電車」

外出のついでに、久しぶりに東急に乗ってきました。
池袋エリアに生まれ育ち、東武・西武を「足」にしてきた私にとって、東急は「遊びに行く」ための電車であり、言わば「ハレ」の電車といえます。
ただ、横浜方面に行くときはもっぱら「速い」京急使用が多く、東急にはほとんどご縁がありませんでした。従ってファンの間でよく話題に上る名車たちには全く乗った記憶がありません。名車中の名車「青蛙」初代5000系にもとうとう未乗で終わりました。
そんなこともあって、東急=銀色、というのが幼い頃からのイメージです。当時はステンレスカーというのは子供にとっては憧れの「きれいなでんしゃ」でありました。時は流れ、6000系はすでに亡く、7000系も本線系からは消え、元祖「食パン型」8000系も譲渡・廃車が出てきています。塗装はおろか帯さえなかった8000系ですが、近年は8500系のような赤帯や、下の画像のように黒の縦帯を付けています。
東横線の急行は「隔駅停車」などとよばれて今でも評判が悪いのですが、特急ができてからはスピードアップされて昔よりはマシになっているようです。
d0044222_11351448.jpg

2005.5.22 東急東横線都立大学駅

現在の東急の最新型がこの2代目5000系です。それまでの8000系列があまりに無表情だったので、この顔はとても新鮮です。東横線と田園都市線では帯の色などが違います。
d0044222_11435714.jpg

2005.5.22 東急東横線自由が丘駅
d0044222_1148019.jpg

2005.5.21 東急田園都市線渋谷駅

JRが湘南新宿ラインをスタートさせ、山手線北側-横浜方面の時間がグッと短縮されて、東急も東横線のスピードアップに迫られ、やっと重い腰を上げ、特急をデビューさせました。当初の停車駅は自由が丘、武蔵小杉・菊名・横浜でしたが、みなとみらい線が開通し、元町・中華街行きになってからはみなとみらいに停車、現在は中目黒にも停車するようになりました。画像は横浜高速鉄道Y500系。東急2代目5000系と同じ電車ですが、こちらは前面がブルーに塗装されています。
d0044222_1205223.jpg

2005.5.22 東急東横線都立大学駅
[PR]
by borituba | 2005-05-23 12:01 | てつどう

今日の「撮って出し」

「京急の顔」をちょっとお休みしまして、今日撮った画像をアップします。
今日は錦糸町へコンサートを聴きに行きました。思ったより天気が良かったので、早めに家を出て、道々撮りながら行くことにしました。まずは飯田橋駅。西口改札からホームへ向かう通路の窓から総武・中央緩行線を一枚。うまくすると快速もイイ感じで撮れそうです。
d0044222_22544013.jpg

2005.5.14 中央本線(総武・中央緩行線)飯田橋駅

錦糸町に着きました。何枚か撮っているうちに、183系国鉄色の「しおさい」がやってきました。長年房総の主役だった183系も、E257系(「鉄」の方では「毒ムカデ」というらしいですね)の投入、増備で引退が近づいてきました。
d0044222_2324769.jpg

2005.5.14 総武本線錦糸町駅

来る途中、113系使用の総武線名物「新聞列車」とすれちがいました。戻りをビルの谷間から狙ってみましたが、保線作業車が邪魔になって角度が出ず、こんな絵しか撮れませんでした。
大体来る時間がわかったので、近いうちに再挑戦したいと思います。
d0044222_23205898.jpg

2005.5.14 総武本線錦糸町駅

コンサートが終わり、帰りは半蔵門線にしました。一番来てほしくなかった東急8500系が来てしまいました。南栗橋から中央林間まで、通勤電車で関東平野をほぼ横断する形になります。ことによると上野-籠原・小金井間のE231系より長距離なのでは…某掲示板にコメントが出てましたが、トイレの設置が必要な気がしますね。
半蔵門線の電車たちは、いずれまた二子玉川か曳舟あたりでじっくり撮りたいと思います。
d0044222_23273962.jpg

2005.5.14 東京メトロ半蔵門線錦糸町駅
[PR]
by borituba | 2005-05-14 23:13 | てつどう