人気ブログランキング |

シゴトで走っているコースの途中、東急の元住吉検車区の横を通ります。

いつもは9000系・2代目5000系を中心に目黒線⇒メトロ南北線乗入れ用の2代目3000系、メトロ日比谷線乗入れ用1000系、時にはみなとみらい線Y500系やメトロ03系が休んでいます。
先日、その中に混じってメトロ7000系が何食わぬ顔で休んでいるのを目撃しました。思えば東京メトロ副都心線が東急東横線とつながる予定は2012年、あと1年足らずとなりました。
そんな中、いつものように検車区脇を通ると、ついにこの電車が元住吉に来ていました。
d0044222_20532156.jpg
2011.9.17 東京急行電鉄元住吉検車区
副都心線と東横線の相互乗入れ・直通運転の開始は、その利便性だけでなく、東京の、いや日本の鉄道史上画期的な「握手」となるのです。
東急は東京高速鉄道(帝都高速度交通営団を経て現・東京メトロ)で成功した創業者五島慶太が会社や路線を買収して勢力を拡大し、戦時体制下では小田急・京王・京急までもその傘下に収め(いわゆる「大東急時代」)、名前をもじって「強盗慶太」と恐れられました。
一方西武は創業者堤康次郎が多摩地区から狭山丘陵に乱立していた中小私鉄を束ねて路線網を整備。同時に沿線開発を推し進めました。その手法は五島と似通っており、その強引な手法から「ピストル」とあだ名されました。
「強盗」と「ピストル」…100年の抗争と恩讐の果てに、そのレールがつながることになりました。その仲立ちをするのは五島がその基礎を築いた東京メトロ…何とも因縁を感じます。
d0044222_21514934.jpg
2011.9.17 東京急行電鉄元住吉検車区
by borituba | 2011-09-17 21:52 | てつどう

7月18日の東武伊勢崎線です。

特急や区間快速が来ない時間帯、8000系が撤退している浅草口は銀色の電車の天下になります。
メトロ8000系。
d0044222_6592963.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
10000系後期車は野田線を除き東武に乗っていればどこでもお目にかかります。地下鉄乗入れ対応ではないため、伊勢崎線筋では6連での各停・区間準急の運用が主で、8連・10連で急行や準急運用も多い東上線に比べると「脇役」の印象が強いですね。
d0044222_791662.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
浅草と北千住の間を行ったり来たりしている10000系前期車。更新改造された車は今のところ東上線にはいないので新鮮ですが、スカートがショボくて顔が間延びして見えるのと、フルカラーLEDの輝度がイマイチなのがやや不満です…
d0044222_7153561.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_7173748.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
今や「Mr.ステンレスカー」と呼んでもいい東急8500系。関東平野を南北に貫いて走り抜けます。考えてみれば1976年のローレル賞を獲った名車です。70年代にローレルを獲った車でこれだけの数が元の会社で現役で走っているのは実はかなり稀有なことと思うのですが…
d0044222_7291113.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_7302890.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
by borituba | 2011-09-16 07:30 | てつどう

7月18日の東武伊勢崎線東向島駅。雲行きがいよいよ怪しくなってきました。

上下に「りょうもう」が登場です。今度は200系。最終増備車の250系と外見上は前照灯とパンタグラフ以外は見分けがつきませんが、中身は制御装置もモーターも台車も全くの別物です。
それもそのはず、200系は長年日光特急として活躍した1720系「DRC」から台車・制御機器・モーターなど主要な機器を流用した「アコモ改造車」なのです。いわば京成3400形・同じ東武の6050系(6000系を更新した前期車)と同じ成り立ちなわけです。省エネとかエコとかいう話は別問題として、元来鉄道車両の機器というものは非常に長持ちするようにできているもので、200系も新しい車体に載せ替えられてはいるものの、その脚と心臓は半世紀の命脈を保っていることになります。
d0044222_9475955.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_9492435.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_9495047.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
by borituba | 2011-09-15 09:50 | てつどう

7月18日の東武東向島、腹ごしらえも済んで後半戦のスタートです。

午後に入り雲が厚くなり、完全にドン曇り状態に。逆光が気にならないのはイイのですがシャッタースピードが難しくなってきました。
そんな中スタンバイ直後に幸先よくスペーシア。これはステッカーがない「プレーン」スペーシアです。
d0044222_7262842.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
串刺しは側面がかなり暗くなるのでやや苦しいですが、10連の急行はなんとかカッコがつきます。「吊り目君」メトロ08系。
d0044222_7475376.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
上りの区間準急に来た30000系。かつては10連で半蔵門線を走り抜けて遠く横浜市内まで足を伸ばしていましたが、現在は新世代の50050系に譲り(一部乗入れ運用はありますが)、6連で区間準急や各停など「街のローカル列車」で活躍しています。最近では東上線にも流れてきているようですね。ここに停まる区間準急や各停はドン曇りで暗くてもキレイに撮れます。特に裏はあわてずにきっちり撮れて嬉しいですね。
d0044222_75543.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_7565924.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
by borituba | 2011-09-14 07:57 | てつどう

7月18日の東武伊勢崎線、堀切から2駅、玉ノ井…もとい東向島にやってきました。

東向島はかつては「玉ノ井」という駅名でした。永井荷風の「墨東奇譚」や滝田ゆうの漫画の舞台となった「鳩の街」があったことで有名でしたが、昭和33年の売春防止法施行以後も「鳩の街」のイメージが抜けないため、地元墨田区は、周辺の地名を「東向島」とし、東武に対しても駅名の改称を要望してきました。
それが実り、昭和も末の62年(1987年)になって東武はようやく重い腰を上げ、駅名を「東向島」と改称しました。2年後の平成元年(1989年)には駅直下の高架下に東武博物館が開設され、街のイメージは一変しました。
東向島駅は駅撮りに非常に好適です。直線上にホームがあり、裏表ともスッキリ撮れて、また各停(区間準急)のみの停車駅ながら、下に博物館があるおかげでホーム幅に余裕があり、通過列車のときは串刺しもイイです。
東向島に着いたところで試し撮りをかねて各方向を撮ってみます。まずは串刺し。8500系の急行です。
d0044222_702439.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
メインの上り列車の裏表はなんと「りょうもう」でぜいたくな試し撮り。
d0044222_733032.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_74883.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
ここで一旦駅を出て休憩兼腹ごしらえ。15時台から撮影再開です。
by borituba | 2011-09-13 07:06 | てつどう

7月18日の東武伊勢崎線、特急の登場です。

伊勢崎線「りょうもう」、日光線「スペーシア」とも浅草をターミナルとしています。そのため通勤列車と同様6両編成が限界になっています。
堀切駅の大カーブ内では6連はキレイに収まります。200系の増備タイプの50番台、前照灯が東武お気に入りのHIDになっているのが特徴です。
d0044222_795475.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
通勤列車で試した後追いも決まりました。
d0044222_7142360.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
日光ゆき特急「スペーシア」100系がやってきました。新型だ新型だと思っていたらもう登場20年。箱根ゆき小田急ロマンスカーはVSE、MSEにいたるまでいくつも新型がデビューしていますが、東武は1種類を長年大事につかうのがポリシーなのかスペーシア一色で20年です。こちらも裏表決まりました。
d0044222_7215289.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
d0044222_722487.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
by borituba | 2011-09-12 07:23 | てつどう

7月18日の東武線堀切駅、今日は半蔵門線乗り入れ車。

乗入れ車は東武線内は急行になります。かつては「急行」といえば浅草-赤城間の「りょうもう」のことでしたが、200系への車両のリニューアルと半蔵門線乗入れで東急とつながったことで種別を統一した方が便利、ということで、「りょうもう」は特急に格上げされ、急行は料金不要の通勤列車の種別になりました。まずはメトロ8000系から。
d0044222_17572665.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
上の画だと10連の急行は収まりませんが、通過を見送りながら後追いを撮ってみたら、かなり難しいですがキレイに決まれば10両が収まるだけでなく非常にイイ感じ。東武の乗入れ車の主力50050系です。
d0044222_187595.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
東急の乗入れ車は8500系と2代目5000系です。2代目5000系は最近増殖のスピードが鈍くなったようで、そんなに増えた感じがしないです。鳴り物入りで導入された6扉車も、「人身事故」の急増に伴うホームドア設置の波でむしろ少数派になってきました。これは6扉車を組み込んだ編成ですが、この編成もいつまで続くことやら…
d0044222_18163616.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
by borituba | 2011-09-11 18:16 | てつどう

7月18日の東武伊勢崎線、久しぶりにたっぷり撮りました。

最初は京成との2本立てでいくつもりでしたが、京成の方は節電ダイヤで妙味がなく、それではということで東武線の方をたっぷり撮ることに。
京成関屋駅と接する東武牛田駅から浅草ゆきで一駅。堀切駅にやってきました。
堀切駅は、かつては広い堀切村が荒川放水路(現・荒川本流)の掘削によって分断されて右岸(足立区側)に残ったところで、東武線も鐘ヶ淵とここで放水路にぶつかって大きく蛇行を強いられることになったのです。
その名残りで堀切駅は構内から大きく左にカーブしており、必然的に列車は大きく減速して通過します。ちょうど雲が広がってきましたが、列車が低速なのでシャッタースピードが低くてもきれいに決まります。またカーブの曲率を利用して八ツ山のような画が撮れます。
スタンバイ直後に来たのは東急8500系の急行。2代目5000系が登場してずいぶんになり、また岳鉄師匠が度々ご紹介されているとおり、長野などへ譲渡されていますが、ここで見ている限りそんなに減った感じがしません。このあとも何度も登場します。
d0044222_2032419.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
下り列車が入ったところに6050系区間快速が通過。引き付けて撮ってみました。思えば足回りは6000系からもらってきたので、これぞ「究極のアコモ改造車」なわけですね。しかしこれだけ近代的な車体になったにもかかわらず、なんとなく垢抜けない、というか東武の車両なのに「国鉄チック」に見えるのはやはり東武の伝統なのでしょうか?
d0044222_20461712.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
東京メトロ半蔵門線、同じく日比谷線が乗入れてきて、またTXも開通し、東武伊勢崎・日光線のターミナルは事実上ほぼ完全に北千住に移っています。特急と区間快速は申し訳のように浅草をターミナルにしていますが、浅草-北千住間は都市のローカル線になりつつあります。急行が停まる曳舟を除く各駅では、10分間隔で浅草-北千住間各停と、北千住-東武動物公園間で準急となる区間準急が交互にやってきます。
この「ローカル運用」にはかつては8000系が担当していましたが、伊勢崎線東京口から姿を消し、その後は10000系と30000系の6両固定編成が担当しています。東上本線にはまだ登場していない10000系更新済み編成です。
d0044222_219564.jpg
2011.7.18 東武鉄道伊勢崎線堀切駅
by borituba | 2011-09-10 21:09 | てつどう

7月10日、ベイエリアめぐりも大詰めです。

葛西臨海公園で京葉線を撮ったあと、新木場のJRの改札を出たところではたと立ち止まって考える…りんかい線ってほとんど撮ってない…17時過ぎだけどまだ充分撮れる…というわけで、りんかい線経由で帰りがてらちょっと撮ることに。
やってきたのは東雲駅。りんかい線がまだ新木場-東京テレポート間の部分開業だったころ、まだまだ開発途上で更地の目立つベイエリア、まして休日は閑散とする状態で、よくCM撮影に使われていました。正真正銘初見参です。
りんかい線をほとんど撮っていなかったのは、ひとえに妙味のなさでした。来るのはJR205系かりんかい線70-000系だけだし、地上区間は少ないしで、大崎駅でほんの少し撮っただけでした。
で、東雲です。大崎・埼京線方面が順光です。さすがにかなり陽が傾いてきて、ちょっとイイ感じです。205系がやってきました。ホームドア設置で山手線から6扉車が姿を消す中、りんかい線-埼京線が多扉車勢最後の牙城になりつつあります。
d0044222_8124739.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
と思ったら、205系も網羅的に多扉車が組み込まれているわけではなく、4扉車のみの編成もあるようです。
d0044222_8164559.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
本来はここのヌシである70-000系。205系より顔立ちが柔らかなので、夕陽の中で陰影がついてイイ感じ。真っ昼間ではちょっと味気ないかも知れません。
d0044222_821684.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
しかし2種類しか電車が来ないのでは流石に何本か撮ると飽きてくるので、最後に205系を1枚撮って、梅雨明け十日の灼熱の撮影をしめくくりました。
d0044222_8241443.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
by borituba | 2011-09-09 08:25 | てつどう

7月10日の京葉線葛西臨海公園です。

京葉線はあまり妙味がなく、切り上げようかと思っていた矢先、「田町君」こと205系トップ編成がやってきました053.gif
d0044222_234182.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
このトップ編成はかつて山手線を走っていました。103系の後継として瞬く間に増備されていきましたが、トップからの4編成は試作をかねており、後の量産車とは細部に若干違いがあります。そんな中、一番わかりやすいのが「田町君」のあだ名の由来でもある、昭和の新性能電車の象徴と言ってもいいユニット窓です。
d0044222_2316486.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
d0044222_23171559.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
山手線にE231系が導入され、帯だけ交換すれば何処でも走れる利便性がウケて、順次活躍の場を武蔵野線・京葉線に移していきましたが、京葉線では早くもE233系に席巻されて、どんどん姿を消しています。このトップ編成もいつまでここでの活躍が見られるか微妙なところです。
d0044222_23243662.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
by borituba | 2011-09-08 22:51 | てつどう