<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

池袋に2本目の地下鉄、有楽町線がやってきたのは昭和49(1974)年のことでした。私は当時10歳。
開業当時、今の南地下道は完成しておらず、工事現場のフェンスに囲まれた殺風景な中に出入り口がポツンと建っていました。ホテルメトロポリタンや東京芸術劇場はまだ影も形もなく、今メトロポリタンプラザが建っているところには芝浦工大付属高校がありました。
駅の設備もまだ整備されておらず、試験的に導入された自動改札が目新しかったのは憶えていますが、ほとんど仮駅のような状態でした。実際、丸の内線から有楽町線に乗り換えるときは一度地上に出なければならなかったのです。通路が整備されてどの線からの乗換えがラクになった今からは想像もつかない光景でした。
d0044222_10441712.jpg
2007.2.1 東武鉄道東上線朝霞台駅
池袋-銀座一丁目間が開通した頃から、近所のバス通りの拡幅工事が始まりました。同時に有楽町線の延伸工事もスタートしていましたが、立ち退きが進まず、ずいぶん長くかかりました。開業から6年ほどたった頃、クリーム色の無骨な電車ばかりだった東武東上線に初めて銀色の電車が入りました。有楽町線乗り入れ用の9000系です。名車8000系以来久しぶりの新車は当時大変目を引いたものです。私が進学した高校は、私の家から徒歩10分、今でこそ千川駅から徒歩5分ですが、当時は東上線大山か都営三田線板橋区役所前から徒歩というのが一般的で、どちらかといえば不便な学校だったのです。結局卒業まで有楽町線は近所には来ませんでした。9000系も長らく「地上勤務」に甘んじていました。
d0044222_118539.jpg
2007.2.2 東武鉄道東上線朝霞台駅
大学に進学した昭和58(1983)年、最初の夏休みで帰省、「大垣夜行(現「ムーンライトながら」)」で早朝の東京駅に着き、有楽町から千川まで乗ったのが初乗りになりました。営団成増(現・地下鉄成増)まで開業しており、まだ9000系は地上勤務のままでした。
その後、西武が建設を担当したため西武池袋線の支線扱いになっている「西武」有楽町線が練馬まで開通しましたが、練馬駅の整備が完成していなかったために「片乗り入れ」状態が長く続き、運賃の上でも不利だったので、千川駅で待っているとすぐわかるほど空いていたものでした。西武が用意した乗り入れ車両は新系列の6000系。こちらも長いこと地上勤務を強いられていました。そのころ開業からの地下鉄7000系の後継として新系列07系がデビューしましたが、副都心線のホームドアの寸法の都合で東西線への移籍が始まっています。
d0044222_11295024.jpg
2006.7.11 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_11313586.jpg
2007.2.2 東武鉄道東上線朝霞台駅
そして現在、副都心線の開通が現実味を強める中、全く新しいコンセプトの10000系が登場。いよいよ有楽町線も新時代が訪れようとしています。今後は、まだ全く動いていない豊洲-亀有間(豊洲駅は島式2面で完成済)の動向が注目されます。
d0044222_11365177.jpg
2007.2.2 東武鉄道東上線朝霞台駅
[PR]
by borituba | 2007-03-09 11:32 | てつどう

私が物心ついた頃、東西線はすでに全線開通しており、5000系が活躍していました。
d0044222_1194871.jpg
2007.1.11 東京地下鉄東西線南行徳駅
「新しい地下鉄」としての私の一番古い記憶は、昭和44(1969)年の千代田線の部分開通からになります。なぜか開通の記念きっぷがあったのを憶えています。そのきっぷに書かれていた車両は5000系でした。専用の車両の開発・製造が開通に間に合わず、5000系にラインカラーの緑の帯を巻いて暫定的に投入されました。
その後、昭和46(1971)年にその後の地下鉄の標準となる6000系が登場しました。以来30年以上になりますが、試作編成まで1両の廃車も出さず、全車両健在というのは立派の一言。地下鉄を代表する「昭和の名車」といえましょう。
d0044222_12103673.jpg
2006.6.12 東京地下鉄千代田線綾瀬駅
現在、相互乗り入れしている小田急、JRとも3代目の置き換え車両の投入を発表しましたが、地下鉄には置き換えの動きはありません。いかに6000系がすぐれた車両かがわかりますね。小田急の初代乗り入れ車両は、ローレル賞受賞の名車9000系でした。
d0044222_12295048.jpg
2005.10.3 小田急電鉄小田原線参宮橋駅
[PR]
by borituba | 2007-03-08 12:31 | てつどう

昭和40年代は、地下鉄の建設ラッシュの時代だったと言えましょう。
東京オリンピックをきっかけに始まった東京の「改造」といっていい都市開発が本格化し、あれほどたくさん走っていた路面電車が一気に都心から消え、上は高速道路、下は地下鉄と、都心のあちこちで工事の槌音が響いていました。
地下鉄も営団・都営とも建設が進み、日比谷線・都営1号(浅草)線に続いて、都心を貫く路線が建設されました。5号(東西)線です。
営団(現東京地下鉄)は、日本唯一の「民営地下鉄」です(厳密には特殊法人)。都営線は基本的に東京都から出られません(都営新宿線本八幡駅は一種の「飛び地」扱いで千葉県との交渉で実現)が、営団の営業範囲は「東京23区とその周辺」となっており、地元自治体の交通事業を阻害しない限り都県境を越えても問題はないのです。実際は相互乗り入れなどで23区内で路線が完結することが多いので、地下鉄路線として都県境を越えているのは、国鉄(JR)総武線のバイパス路線として建設された東西線だけです。
d0044222_11234667.jpg
2006.8.1 東京地下鉄東西線南行徳駅
東西線は、日比谷線と同様、昭和39年から44年にかけて「できた順」に部分開業を重ねて全線開通しました。最初の開業区間高田馬場-九段下間は車庫・検車区がなく、早稲田通りに開口部を作ってそこから5000系電車をつり降ろして搬入しました。その話題は1月にご紹介しています。

http://deha712.exblog.jp/m2007-01-01/#4550793

その後、中野と西船橋で国鉄(JR)総武・中央緩行線三鷹、津田沼(朝夕ラッシュ時のみ)まで乗り入れ、さらに平成8(1996)年からは東葉高速鉄道との相互乗り入れを開始。現在も都心と千葉を結ぶ大動脈になっています。平行する総武線、京葉線などのダイヤが乱れた時は、振替輸送で度々沿線各駅がパニックになるのはご存知のとおりです。車両はこの3月で開業以来の草分け5000系が引退。昭和63(1988)年デビューの新世代05系との交代が完了します。
d0044222_11401962.jpg
2006.8.7 東京地下鉄東西線南行徳駅
d0044222_11425227.jpg
2006.8.31 東京地下鉄東西線南行徳駅
[PR]
by borituba | 2007-03-07 11:43 | てつどう

昨日ご紹介した日比谷線が開通するまで、銀座の地下鉄駅は4丁目交差点直下の銀座線と、数寄屋橋交差点直下の丸の内線がつながっておらず、後から開通した丸の内線は区別のため「西銀座」を名乗っていました。
東銀座-霞ヶ関間は、中目黒・北千住の両側から掘り進んできた日比谷線の最後の開通区間で、1964年8月29日に開通。築地方向から晴海通りを直進し、ちょうど銀座4丁目と数寄屋橋の間に駅を建設。これで丸の内線と銀座線が地下道とホームでつながり、直接乗り換えられるようになりました。
それを機に丸の内線の「西銀座」の「西」がとれて、一つの「銀座駅(銀座総合駅)」となりました。それを記念して、新橋駅にあった早川徳次像が銀座駅に移されると同時に、記念のモニュメントが作られました。それが「マーキュリー像」です。
d0044222_1438980.jpg
2007.2.5 東京地下鉄銀座駅
マーキュリーは、ローマ神話のメルクリウスを英語読みしたもので、占星術では水星をあらわし、商業の守り神になっています。また、翼を持っていることからスピードや流通の神としても扱われるようで、当時の営団が都市を縦横無尽に走り抜ける地下鉄のイメージとして採用したものです。
マーキュリー像は銀座駅のほか、当時の主要駅である池袋、新宿、渋谷、上野、浅草に設置されました。池袋では東口の出入り口に置かれています。
d0044222_14482550.jpg
2007.2.5 東京地下鉄池袋駅
しかし、駅の改装などに伴って撤去されたところもあり、現在は銀座、上野、池袋に残るのみになり、新宿駅にあった一体が地下鉄博物館に移されています。
[PR]
by borituba | 2007-03-06 15:01 | てつどう

昭和30年代に入り、都市計画の中に地下鉄が本格的に組み込まれるようになりました。当時の東京は路面電車の天下で、都心部を網の目のように走っていました。しかし、自動車の増加や道路整備の影響で、これをバスと地下鉄に置き換える方針になり、既存の2線を含めた13路線が計画されました。現在の路線に直すと、
1号線:押上~西馬込(都営浅草線)
2号線:北千住~中目黒(日比谷線)
3号線:浅草~渋谷(銀座線)
4号線:池袋~荻窪・中野坂上~方南町(丸の内線)
5号線:中野~西船橋(東西線)
6号線:西高島平~目黒(都営三田線、白金高輪~目黒間は南北線と共用)
7号線:赤羽岩淵~目黒(南北線、白金高輪~目黒間は南北線と共用)
8号線:和光市~新木場(有楽町線、和光市~小竹向原間は副都心線と共用)
9号線:綾瀬~代々木上原(千代田線)
10号線:本八幡~新宿(都営新宿線)
11号線:渋谷~押上(半蔵門線)
12号線:光が丘~(都内循環)~都庁前(都営大江戸線)
13号線:和光市~渋谷(副都心線、和光市~小竹向原間は有楽町線と共用)
これは実現した(する)路線で、途中いろいろな変更などを経ています。
地下鉄に戦後になって初めて持ち込まれた概念が「相互乗り入れ」です。相互乗り入れについては以前シリーズでご紹介しましたが、すでに第3軌条方式で全線開通していた銀座線・丸の内線以外の路線は、全ての路線で相互乗り入れが計画されました(のち12号(大江戸)線はミニ規格、リニア駆動で建設されたので乗り入れなしに変更)。
戦後新たに計画された路線で、最初に開業したのが2号(日比谷)線です。折りしも1964年のオリンピックが東京で開催されることとなり、57年路線決定、59年着工、64年夏までに全線開通という、無謀ともいえる計画で建設されました。
d0044222_10312759.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄東横線都立大学駅
開業も61年3月の南千住~仲御徒町間を皮切りに、北千住~南千住・仲御徒町~人形町(東武線との相互乗り入れ開始・62年5月)、といった具合に6~1kmごとに細切れに部分開業を繰り返し、64年に入ると、3月、7月、8月と文字通り「できた順に」部分開業して、ついにオリンピック開会前に全線開通させてしまったのです。地価が安く、オリンピックに伴う都市改造の流れに乗ったとはいえ、現在では逆に考えられないスピード建設でした。
d0044222_10422678.jpg
2006.1.12 東武伊勢崎線春日部駅
日比谷線の車両は、スキンステンレスの丸みを帯びたフォルムから「マッコウクジラ」と呼ばれた3000系が長らく活躍しましたが、現在はアルミ車体、VVVFインバータ制御の03系に世代交代しています。3000系の一部は長野電鉄で第二の活躍をしていますが、東急8500系が入って廃車が出始めています。その中でトップ編成の先頭車だった2両が東京メトロに返却され、千代田線の綾瀬検車区に保管されています。
d0044222_10513858.jpg
2006.7.20 東京急行電鉄東横線都立大学駅
[PR]
by borituba | 2007-03-05 10:52 | てつどう

東京第2の地下鉄は、戦前から計画されていましたが、大恐慌により延期されたところに戦争に突入したため、ついに日の目を見ることはありませんでした。商売敵だった2つの地下鉄会社を統合、国策会社の「帝都高速度交通営団」となりました。戦後になっても公営交通との関係からこの体制は維持され、2004年まで続くことになります。
d0044222_22463491.jpg
2007.2.15 地下鉄博物館
戦争が終わり、空襲で荒廃した東京の復興の象徴として地下鉄の建設が始まりました。占領から解放されて間もない昭和29(1954)年、池袋-御茶の水間に待望の地下鉄が誕生します。丸の内線です。
銀座線が山の手の台地へは入らず、ほとんど地下を走り通すのに対し、丸の内線は池袋-御茶の水-大手町-銀座-赤坂見附-四谷-新宿-中野坂上-荻窪との形に山の手から下町を横断するように走ります。そのため台地を突っ切るところでちょこちょこと地上に顔を出します。当時の地下鉄の深度では、谷間や台地の切れ目などでは地上に出た方が建設費の節約になったのです。
d0044222_2345566.jpg
2007.3.4 東京地下鉄丸の内線茗荷谷駅
茗荷谷-後楽園、お茶の水-淡路町間(神田川橋梁)、四ッ谷駅と、都合3回地上に出ます。川面すれすれに渡るお茶の水付近では、上のJRの御茶ノ水駅、さらにその上を跨ぐ聖橋との重層的な風景が、都市らしいモダンな光景として東京のランドマークの一つになっています。
d0044222_23282352.jpg
2007.1.26
丸の内線用の車両としてデビューした300形は、2路線目にして早くも当時の先端技術を取り入れたカルダン駆動の新性能車両となりましたが、性能以上に世間の注目を浴びたのがそのデザインでした。ロンドンの2階建てバスの色を取り入れた赤に白帯…までは京急の例もありましたが、それにステンレス製の銀色に輝く曲線の連続。黄色一色だった銀座線車両に比べ斬新過ぎるデザインは当時大いに物議を醸しました。しかしそのおかげで「赤い電車」として親しまれ、現在に至る「ラインカラー」の草分けとなりました。
現在は昭和63(1988)年デビューの02系に後進を譲り、全車両が引退。第1号車である301号車が地下鉄博物館に保存されています。また、太平洋を越えたアルゼンチンのブエノスアイレスの地下鉄に131両が譲渡され、丸の内線時代の色のまま活躍しています。
d0044222_2349953.jpg
2007.2.15 地下鉄博物館
d0044222_2350275.jpg
2007.3.4 東京地下鉄丸の内線後楽園駅
[PR]
by borituba | 2007-03-04 22:13 | てつどう

東京の地下鉄は当初の計画では東京市が建設する予定でしたが、当時は関東大震災からの復興途上で、鉄道を建設するような余裕はなく、民間事業者に免許を譲渡することになりました。最初に名乗りをあげた「東京地下鉄道」が、上野-浅草間を建設、昭和2年に開通しました。
創業者は山梨県出身の早川徳次(1881-1942)で、ロンドンやパリ、ニューヨークなど地下鉄先進都市の視察を通じて地下鉄の重要性を痛感し、帰国後同郷で東武鉄道の創始者である根津嘉一郎、当時財界の最大のカリスマだった渋沢栄一の協力のもと、関東大震災の復興事業の目玉としての地下鉄建設に着手します。
しかし、東京市は地下鉄の公営主義を捨てておらず、東京地下鉄道には浅草-新橋間の免許だけしか交付せず、昭和9年に新橋まで開通後、その先は宙に浮いてしまいました。
一方、東京市には依然余裕がなく、免許は結局五島慶太が率いる「東京高速鉄道」に譲渡され、渋谷-新橋間の建設に着手。昭和13年に虎ノ門まで、翌昭和14年には新橋に到達しました。
その間、五島が東京地下鉄道の買収を目論み、それを阻止しようとする早川との壮絶な争奪戦を繰り広げます(根津と五島の師である小林一三との「代理戦争」の側面も)。株主総会が分裂するなど異常な事態にとうとう国が調停に乗り出すほどでした。早川と五島は経営から手を引くことで一応沈静化しますが、後年「強盗」と仇名される五島の「居座り」によって最終的には早川は実権のない相談役に追いやられます。
そんな最中に新橋まで開通した高速鉄道側は、地下鉄道側に乗り入れを提案しますが拒否され、仮駅を作って対抗、9ヶ月間「2つの新橋」を舞台に冷戦が続きます。昭和14年9月に相互乗り入れが実現、仮駅は廃止されましたが、地下設備を解体するのには費用がかかるのでそのまま残されました。地下鉄関連の書物によく出てくる「幻の新橋駅」がこれです。
その後戦時体制に伴う私鉄の統合で、昭和16年に東京高速鉄道・東京地下鉄道は国策会社の「帝都高速度交通営団」に統合されます。早川は失意のうちに故郷山梨に隠退。翌17年に62歳で生涯を閉じます。一方の五島は本家の東京急行をはじめ京浜電気鉄道、湘南電気鉄道(合わせて現京浜急行)、帝都電鉄、京王電鉄(合わせて現京王)、小田原急行(現小田急)を手に入れる(いわゆる「大東急」)代わりに、営団での影響力はそれほど強くなくなり、戦後、GHQによる公職追放に伴って完全に影響力を失います。
そんなこともあって「地下鉄の父」は五島ではなく早川の功績として讃えられることになり、銀座駅に銅像が建てられました。
d0044222_1111175.jpg
2007.2.5 東京地下鉄銀座駅
現在の銀座線はそんな紆余曲折を感じさせないほどの東京の大動脈になっていますが、早川対五島の激戦の歴史を踏まえて銀座線の駅を見ていくと、浅草-新橋間と新橋-渋谷間とで駅の雰囲気が微妙に違うような気がします。
d0044222_1201885.jpg
2007.2.20 東京地下鉄銀座線渋谷駅
[PR]
by borituba | 2007-03-03 01:20 | てつどう

東京の地下鉄が開通したのは、昭和2(1927)年のこと。今年で80周年を迎えます。
東西線葛西駅の直下に、地下鉄博物館があります。ここでは開業から今日までの地下鉄の歴史を知ることができます。
地下鉄博物館には、開業時の1号車両である1001号車が保存されています。銀座線で昭和43(1968)年まで走ったあと、昭和45(1970)年に神田の交通博物館(2006年5月閉館)に寄贈され、戦後に改造されていた部分を開業時の姿に復元されました(台車は10年後の昭和55年に山陽電鉄の車両に転用されていたものを移植)。昭和61(1986)年に地下鉄開業60周年記念事業として開館した地下鉄博物館に移され、現在は丸の内線の1号車300形と並んで展示されています。
d0044222_9564395.jpg
2007.2.15 地下鉄博物館内
開館当初は車内は非公開でしたが、300形の公開を機に一部が公開となりました。
1001号車の中で、懐かしいものを見つけました。
d0044222_1051083.jpg
2007.2.15 地下鉄博物館1001号車内
これは、昭和42(1967)年までに製造された地下鉄車両(東西線5000系初期車)で採用されていた「リコ式吊手」と呼ばれるもので、ホーロー引きの金属製吊手の根元にバネがついており、下の画像のように手前に引いて使います。離すと自動的に元に戻ります。
d0044222_1017787.jpg
2007.2.15 地下鉄博物館1001号車内
地下鉄ネットワークが延び、車内の混雑が激しくなり、また、日本人の体格が大きくなると、リコ式は「急に離して頭をぶつけた」「急ブレーキで踏ん張ったら手首をひねった(固定式なので前後の揺れに弱い)」などのクレームが相次ぎ、順次普通の「吊革」に交換されました。たしか最後は日比谷線3000系だったと思いますが、中学生の頃、リコ式が全廃になるというので、日比谷線に乗りに行った記憶があります。
[PR]
by borituba | 2007-03-02 10:32 | てつどう

1500形未更新車

ほぼ四半世紀ぶりに生麦駅の外に出てみました。
線路に沿って歩いていると、下り普通が生麦駅を発車。1500形最後の未更新編成1549編成です。
d0044222_22174220.jpg
2007.2.8 京浜急行電鉄本線生麦-京急新子安間
1500形は、昭和60(1985)年デビュー後15年を経過した平成13(2001)年から更新工事を始めました。1500番台の鋼製車(01~20)は全て4連のままで更新され、普通専用として本線や大師線で活躍しています。先日は1500形祭りで何本も来ました。
d0044222_2229396.jpg
2007.2.26 京浜急行電鉄本線生麦駅
1500番台のアルミ4連車(21~52)は、最初から120km/h対応でデビューし、本線普通だけでなく、快特増結用としても活躍しています。このうち、1540番台は最後まで未更新のままで残されていましたが、昨年後半から更新が進み、最後に残ったのが1549編成です。4連×2で快特として品川発車を待つ姿です。幕は旧スタイルの「久里浜」になっています。
d0044222_22561228.jpg
2006.10.17 京浜急行電鉄本線品川駅
[PR]
by borituba | 2007-03-01 23:07 | てつどう