豊島区都電散歩4-東京の電車のあけぼの

大塚駅前-飛鳥山間は、荒川線最古の開業区間になります。
明治時代後期、都市郊外の鉄道は電源開発事業とセットになることが多く、むしろ送電線の下の遊休地を使った鉄道事業は「副業」で、電気を売る方が「本業」であったようです。
都電荒川線は、戦前までは王子電気軌道という「私鉄」でした。設立は明治43(1910)年。現在の板橋、練馬、豊島、北、荒川の各区と、埼玉県の川口市、草加市の全域と八潮市の南部に電気を供給する、当時の東京の電力供給会社のトップ3に入る有力会社でした。
この中で、早稲田~三ノ輪橋、王子~赤羽間の送電線を利用した鉄道事業の免許を取得した王子電気軌道は、大塚駅前-飛鳥山間を明治44(1911)年に開業しました。細かいアップダウンが続く丘陵地帯をのどかに走っていたようです。
昭和になり、戦争が迫ってくると、電気や鉄道といった産業は国家の統制を受けるようになり、電気事業は国策会社に(現在の東京電力)、鉄道は国有・公有化、あるいはいくつかのグループ化されていきます。王子電気軌道も、すべての事業を東京市(当時)に供出して消滅しました。しかし、地域の人々に親しまれた「王子電車」の愛称は根強く残り、お年寄りの中には今でも「王子電車」と言う人がけっこういます。
新庚申塚-西ヶ原四丁目間には、明治44年に開通した当初の送電線併用の架線柱が今でも健在です。送電線部分は撤去されていますが、架線柱としてはまだまだ現役です。もうじき100歳になりますね。
d0044222_2174591.jpg
2007.3.20
d0044222_2181951.jpg
2007.3.20
[PR]
by borituba | 2007-03-23 21:10 | てつどう | Comments(0)