八広日常編2

八広にやってくる京急車両は、1000形、1500形、3代目600形、N1000形の4種類。このうち1000形は早朝・深夜のみここに来ますが、その他の3種はしょっちゅうやってきます。この中で、N1000形は主に青砥・高砂-久里浜・三崎口を走る「SH快特」に運用されています。青砥・高砂始発は京成・都営線内では各駅に停まるので「普通」の幕になっています(押上で「快特」の幕に変えています)。
d0044222_19444663.jpg
2006.11.3 京成電鉄押上線八広駅
N1000形は、0番台が8両、400番台が4両編成で増備されています。これは1000形がまだ健在であるため、廃車や改番で消滅した1100番台までと、356両の製造のためもともと番号がなかった1400番台をつけているためです。
N1000形の先頭車両には3桁で車両番号が付けられています。上のトップ編成には「001」と入っていますね。
私がN1000形で一番好きな編成がこの第2編成。第1次車のため、いわゆる「黒幕」になっており、浦賀方先頭車には「009」。そう、石ノ森章太郎の名作「サイボーグ009」の主人公、加速装置を備えて瞬間移動を使う島村ジョーのコードナンバーと同じなので、同じN1000形でも速そうな感じがするのです。個人的に「009(ジョー)」と呼んでいます。しかしその俊足のせいで(?)なかなか会えない編成でもあります。
d0044222_20142391.jpg
2006.11.3 京成電鉄押上線八広駅
[PR]
by borituba | 2006-11-25 20:15 | てつどう