人気ブログランキング |

今日の「撮って出し」-ゲンコツ君健在なり

今日は京急、京成のダブルヘッダー。生麦と八広で撮ってみました。
まずは京急生麦。土曜ということで普通は800形中心でしたが、1000形もそこそこ来ました。中で珍しい編成がこの1381編成。4+2の6連です。京急は800形が全車両が6両固定編成に変更になった段階で、営業車両の最低両数が4連になり、2連車がある1000形は、2連×2で運転されることが多くなりましたが、2連車は牽引車を兼任しているので、運転台機器の保全を兼ねて時々こうして4連と組んで、運転台を使用する運用に入るようです。
d0044222_23302727.jpg
2006.9.2 京浜急行電鉄本線生麦駅
生麦駅はJRとの並走区間の真っ只中にあり、貨物線が駅のすぐ横を走っています。赤い電車に気を取られていると、出し抜けにこんなものが来て驚かされます。
d0044222_23332896.jpg
2006.9.2 京浜急行電鉄本線生麦駅
普通、快特、都営線と乗り継いで八広に移動です。品川で乗り換えた都営線直通車は京成からは急行になったため、押上で後続の普通に乗り換えましたが、来たのは何と北総7000系「ゲンコツ君」…風前の灯火になってしまった昭和の電車です。
d0044222_23385933.jpg
2006.9.2 京成電鉄押上線八広駅
北総7000系は当時としては画期的なフォルムで人気を博し、1980年のローレル賞に輝きました。先頭車両にはプレートが取り付けられています。
d0044222_2343958.jpg
2006.9.2 北総電鉄7000系7003車内
もう一つファンを驚かせたのが、「つり革のない車内」でした。網棚の寸法を伸ばし、先端を太目のパイプにして「掴まり棒」を兼ね、中央にもしっかりした「掴まり棒」を取り付けてあります。しかし意外に不評だったのと、京成・京急乗り入れに伴ってつり革が取り付けられてしまいました。
d0044222_2350081.jpg
2006.9.2 北総電鉄7000系7003車内
さあ、そうなるとこれが戻って来るのを待つことにしました。今日は土曜日で6連運用がなく、赤電は来ませんでしたが、その他の車両を撮りつつ待つこと90分、来ました来ました。久しぶりに緊張してシャッターを切りました。
d0044222_23565971.jpg
2006.9.2 京成電鉄押上線八広駅
ついに残るところ1編成になってしまったゲンコツ君を撮って、また乗ることもできて今日はラッキーでした。
by borituba | 2006-09-02 23:15 | てつどう