人気ブログランキング |

シリーズ:相互乗り入れ-8

今日は、この電車は都心に来られるのか?という話題です。
d0044222_2254317.jpg
2006.6.1 京成電鉄京成線中山駅
京成AE100系「スカイライナー」は現在、京成上野-成田空港間を結んでいます(モーニングライナーとイブニングライナーの一部は成田まで)。初代のAE車は、上野付近と成田空港付近の地下区間のための対応はしていましたが、前面非貫通で都営線には入れませんでした。
2代目は画像を見ていただけば分かるとおり前面貫通型になっており、都営線に入線可能であるばかりでなく、先頭車は制御電動車であり、京急への入線も可能です。
d0044222_21275766.jpg
2006.7.3 京成電鉄京成線お花茶屋駅
実はスカイライナーの乗り入れの話は、以前から出ていました。しかし、都営線内では特急運転が難しいこと、地下水問題などの影響で浅草線の東京駅乗り入れ計画が宙に浮いていること、京急蒲田駅の高架化がまだ完了していないことなど問題が多く、まだ計画の段階から進展していません。京成はターミナルの面で南は大船、北は大宮まで足を伸ばすJRのNEXに比べハンデを負っているため、設備さえ整えばすぐにでも乗り入れたいようです。
d0044222_2239961.jpg
2005.6.20 小田急電鉄江ノ島線中央林間駅
一方、こちらの方は具体化が進んでいるようです。小田急のロマンスカーは、新宿-小田原・箱根湯本・片瀬江ノ島間を結んでいますが、夕ラッシュ時には通勤客の利用も多く、ビジネス特急の需要が増えてきています。
そこで、代々木上原から地下鉄に入り、都心へ直通する「通勤ロマンスカー」構想が進んでいます。ビジネス用の運用を考慮した30000系「EXE」が有力候補ですが、問題はどこまで直通するかにあるようです。千代田線は途中駅に引揚線が少ないので、折り返しをどうするかというのが最大のネックになっています。また、追い抜きができないので地下鉄内ではスピードが激減するというのもネックであり、急行運転を想定していなかった都心の地下鉄の抱える一つの問題といえるでしょう。
d0044222_2255568.jpg
2005.10.3 小田急電鉄小田原線参宮橋駅
by borituba | 2006-07-31 22:56 | てつどう