京急の「幕」

羽田空港乗り入れまで、京急は方向幕を独特の表示をしていました。その基準は…
1.駅名の「京急(かつては「京浜」)」は省略(「京急川崎」→「川崎」、「京浜逗子」→「逗子」、「京急久里浜」→「久里浜」)
2.原則として4文字以上の駅名はわかる範囲で省略(「金沢文庫」→「文庫」、「神奈川新町」→「新町」。例外は「三浦海岸」)
3.乗り入れ先も適宜省略(「京成小岩」→「小岩」)
かつて本線からの直通のなかった空港線の車両(400形、800形)は「蒲田⇔羽田空港」という幕でしたが、当時は成田空港からの直通列車がなかったので、1000形や700形に入っていた幕の表示は「空港」でした。
d0044222_0251835.jpg
2006.2.18 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
完全な通勤路線だった京急でしたが、羽田空港乗り入れによっていわゆる「一見さん」が増えるのに備えて、幕の表示を改め、駅名を省略せず、すべて表示するようにしました。
d0044222_033478.jpg
2006.2.18 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
私のように子供のころからの京急ファンにとっては、この独特の字体と幕の表示にかなり愛着があるので、昨今の幕表示の改訂とN1000形からの白色LEDの導入は魅力であるとともに一抹の寂しさもおぼえます。現在は「川崎」「新町」「文庫」「久里浜」くらいしか見られませんが、一日も長く残して欲しいな…とも思います。
d0044222_0395614.jpg
2006.1.6 京浜急行電鉄本線横浜駅
[PR]
by borituba | 2006-02-18 23:45 | てつどう