報恩・昭和の電車グラフィティ14-東武8000系

東武の全線に渡って活躍を続け、今も700両近くが現役という、私鉄で最も多く作られた車両が今日ご紹介する8000系です。
8000系のデビューは昭和38年。以後昭和58年まで20年に渡って712両が製造されます。そして最後の編成が入線した3年後の昭和61年には初期車両の更新が始まるというほど、長いサイクルで製造が続いた車両です。
d0044222_2373569.jpg
2006.1.30 東武鉄道東上線池袋駅
上の画像の顔で長年親しまれましたが、更新後はガラリと変わったニューフェース(快速用6050系がベース)になり、また、「暗い」と評判が悪かった内装も明るくなっています。初期車のミンデンドイツ、後期車のS型ミンデンとも乗り心地が良い台車として定評があり、またデビュー当時にはまだコストが高く、導入に賛否両論だった空気バネも結果としては乗り心地にプラスに働き、40年以上の車齢を感じさせません。
d0044222_17223886.jpg
2005.6.12 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
長年活躍してきた8000系ですが、後継車の台頭で引退する車両が出始めました。しかし、21世紀の今日になっても群馬県内の支線区に吊り掛け車両が生き残っている東武で、8000系にはまだまだ居場所が大いに残っており、しばらくは活躍が続きそうです。
d0044222_23201415.jpg
2006.1.12 東武鉄道伊勢崎線春日部駅
[PR]
by borituba | 2006-01-31 00:51 | てつどう