さらば、青春の小屋(ハコ)

わが地元、豊島区は今年、区役所が移転、旧区役所庁舎は取り壊して再開発されることになりました。
それに伴って隣の豊島公会堂、区民センターも取り壊し、一帯を文化施設をメインにした再開発ビルを建設することになり、公会堂は来年2月に閉館されます。

d0044222_22024412.jpg
2015.11.22
豊島公会堂は戦後の池袋復興のシンボルとして昭和27年に竣工、60年に渡って地元の芸術文化の拠点となりました。豊島区に生まれ育った私は、学校関係の行事や連合音楽会など折々にお世話になり、なにより1990年に東京芸術劇場ができるまで、私が約30年所属した豊島区吹奏楽団の定期演奏会場として長らくお世話になった「青春の小屋(ハコ)」でした。
d0044222_22311523.jpg
2015.11.
d0044222_22350244.jpg
2015.11.22
このホールの楽屋はステージの真下、いわゆる「奈落」にあり、ものすごく急な階段で出入りするようになっています。連合音楽会のとき、女の子はこの階段の登り降りを嫌がりました…
d0044222_22542114.jpg
2015.11.22
客席の天井の電灯はランダムな配置で星空のようになっています。ステージから見るときれいでした。
d0044222_23003823.jpg
2015.11.22
私が楽団に入った1980年の段階でもすでにかなりレトロなホールで、正直ひどいホールでしたが、いざなくなるとなると寂しいですね。そのあたり昭和の電車と相通ずるところがあります…
さらば豊島公会堂、青春の小屋(ハコ)。

d0044222_23093319.jpg
2015.11.22
d0044222_23112075.jpg
2015.11.22
d0044222_23134334.jpg
2015.11.22
d0044222_23160177.jpg
2015.11.22
d0044222_23192829.jpg
2015.11.22
[PR]
by borituba | 2015-11-26 21:43 | ふうけい