黄昏の武蔵野線にて

武蔵野線で撮った貨物列車です。
武蔵野線はもともと、東京をスルーする貨物列車のバイパスとしての役割を持っています。東北・常磐・高崎方面からの貨物列車が横浜以南に行く場合、列車密度の濃い東京地区を通ると旅客列車の運行に与える影響が大きいため、東京を通過する貨物列車は踏切が無く高速度で通過できる武蔵野線を通ることになったのです。武蔵野線、というと西船橋-府中本町間だと思っている方も多いでしょうが、実は府中本町-鶴見間に線路があり(通称「武蔵野南線」)、ホリデー快速やジョイフルトレインなど臨時列車以外は旅客列車はなく、貨物線になっています。旅客線化の話は何度も出ていますが、平行する旅客線が多く(南武線・横浜線・相模線・相鉄線・小田急江の島線等)、また沿線開発が鈍化しているため、現在立ち消えの状態です。
d0044222_2214256.jpg
2005.10.20 武蔵野線西浦和駅
[PR]
by borituba | 2005-10-25 22:12 | てつどう