201系よお前もか…

先頃、中央快速線用の新型E233系の導入と現行の201系置き換えが発表になりました。
201系の試作車デビューが1980年ですから、四半世紀に渡って中央線の顔として活躍してきた201系がいよいよ引退することになりました。国鉄初のチョッパ制御車として当時は「省エネ電車」と言われた201系は一部が総武・中央緩行線にも入りましたが、ほとんどが中央快速線用として活躍。総武・中央緩行線がいち早く209系/E231系に置き換えられた後も(カナリヤ色は1編成だけ小金井運転区に保管されていますが、これは東中野事故の証拠物件として留保されているもの)、快速線では引き続き活躍していました。
d0044222_23415362.jpg
2005.10.13 中央本線西八王子駅
しかし、寄る年波とインバーター車の台頭は如何ともしがたく、ついに終焉が決まってしまいました。JR東日本では「全廃」という方針で、103系同様201系を見られるのは関西だけになってしまうようです。オレンジ、カナリヤ、スカイブルー(関西のみ)の3種しか色がないため、オレンジはあと1年半ほどで見られなくなります。山手線育ちの私としては、ウグイスの201系を一度見てみたかった…
d0044222_23431249.jpg
2005.10.13 中央本線西八王子駅
[PR]
by borituba | 2005-10-13 23:22 | てつどう