神奈川新町にて-700形激撮3

神奈川新町駅のホームから撮った700形です。
1000形よりやや甲高い「キューン」というモーター音(国鉄のくぐもったモーター音とは対照的)、コンプレッサーの音が「バイーン」とこれは京急独特の音で、ポンプのストロークが早いのが特徴です。
昭和40年代後半、高度成長の代償として日本が背負った「大気汚染」。四日市ぜんそくなど公害による人的被害が問題になった頃、京急に乗って生麦にあった叔母の家に行くとき、京浜川崎(当時)から先は明らかに空気の匂いが違うのが子供心にもわかりました。なんと形容したらいいでしょう…そう、石油ストーブの匂いをもっときつくしたような匂いが充満していたものです。
その中を走る赤い電車がなんとなく黒ずんでいたのを憶えています。当時の電車をカラーで撮っていた方は見直してみてください。230形、400形、500形、600形、もちろん700形や1000形…なんとなく煤けた感じにみえるのではないかと思います。
今は空気もすっかりきれいになり、京急レッドも鮮やかになりました。検査に入るたびにまめに塗装しているおかげで700形のような古豪もとてもきれいですね。
d0044222_938519.jpg
2005.9.15 京浜急行神奈川新町駅(新町検車区)
[PR]
by borituba | 2005-10-01 09:35 | てつどう