さらばHiSE&RSE。思い出の彼方へ。

明日3月16日にダイヤ改正を行う小田急で、3種の車両が引退します。通勤用5000系、ロマンスカーHiSE10000系、RSE20000系です。今日はロマンスカー2種をご紹介します。

HiSE10000系は昭和62年(1987年)デビュー。昭和最後のロマンスカーになります。先頭展望席以外の眺望を改良するため、車内の床をかさ上げしたハイデッカー構造となりました。新時代のロマンスカーとして活躍しましたが、バリアフリー法の施行によってハイデッカー構造が却って仇となり運用が激減、2005年には2編成が引退して長野電鉄に譲渡されました。そしてついに残る編成も明日を最後に引退することとなりました。先輩のLSE7000系が引退がはじまったもののまだ健在なのに、一足先に全編成が引退するという「悲劇のロマンスカー」となってしまいました。昭和63年(1988年)、昭和最後のブルーリボン・ウィナーでした。
d0044222_00158.jpg
2009.6.7 小田急電鉄小田原線千歳船橋駅
d0044222_042120.jpg
2010.11.27 小田急電鉄小田原線千歳船橋駅
d0044222_063075.jpg
2010.12.30 小田急電鉄小田原線喜多見駅
d0044222_085828.jpg
2012.3.3 小田急電鉄小田原線梅が丘駅
RSE20000系は、JR東海御殿場線乗入れ特急「あさぎり」用として1991年デビュー。今年1月9日条でご紹介したとおり、満20年の成人式が引退式になってしまいました。
同時にデビューしたJR東海371系と基本スペックを揃えるために小田急伝統の連接車両でなく、初代3000系SE以来となる通常の連結器での編成となりました。また、小田急最初にして唯一の2階建て車両でした。
「あさぎり」だけでなく、間合いや代走で「はこね」「さがみ」にも入り活躍しましたが、そんな酷使がたたったのか、こちらもLSEより早い引退となりました。「あさぎり」の後任は現在最新の60000系MSEが務めます。平成4年(1992年)、ブルーリボン賞に輝き、ロマンスカーの伝統を守りました。
d0044222_030461.jpg
2010.12.30 小田急電鉄小田原線喜多見駅
d0044222_0323794.jpg
2011.2.27 小田急電鉄小田原線下北沢駅
d0044222_0351354.jpg
2011.6.19 小田急電鉄小田原線千歳船橋駅
d0044222_0365530.jpg
2012.3.3 小田急電鉄小田原線梅が丘駅
RSR引退に伴い、同スペックであるJR側「あさぎり」用車両の371系も引退します。1編成しかなく予備編成がないので検査の場合はRSEが代走することとなり、私も7年間何度も通っていてちゃんと撮れたのは2度しかありませんでした。実はこちらは間合い運用などRSE以上に酷使されていたのが現状で、20年での引退もやむなしと言えるでしょう。JR側は今後乗入れ車両がなくなり「あさぎり」はMSEの「片乗入れ」になります。
d0044222_0471623.jpg
2011.6.19 小田急電鉄小田原線千歳船橋駅
[PR]
by borituba | 2012-03-15 22:33 | てつどう