11月の鉄活動から:西武線行ったり来たりⅦ

11月20日西武池袋線練馬高野台駅の様子です。

東京メトロの車両の中で、千代田線6000系に次ぐ古豪になってしまった7000系です。有楽町線開業からですからもうじき車齢40年になります。
現在は10000系への世代交代が進み、オリジナルの10連が6編成、副都心線用に短縮された8連が15編成と、半数近くに減っています(最盛期は10連34編成)。今年の始め頃はまだ黄色帯有楽町線専用編成が生き残っていましたが、現在はすべて副都心線対応改造済みの2色帯車のみになっています。
d0044222_1918320.jpg
2010.11.20 西武鉄道池袋線練馬高野台駅
現在の7000系有楽町・副都心両線共通運用になっていますが、有楽町線小竹向原-新木場間には8連は入らないので、西武から有楽町線に入るのは10連のみで、副都心線で見ることは少なく、今も有楽町線で見ることが多いです。傾いた夕陽を浴びて準急新木場を目指して力走です。
d0044222_19333872.jpg
2010.11.20 西武鉄道池袋線練馬高野台駅
一方こちらは前ぱんのすまいる君
d0044222_1938145.jpg
2010.11.20 西武鉄道池袋線練馬高野台駅
後追いも決まりました。不思議なことにすまいる君に限って言えば前ぱん君より前ぱんでないこちら側の方がバランスが良いように感じます。
d0044222_19403428.jpg
2010.11.20 西武鉄道池袋線練馬高野台駅
[PR]
by borituba | 2010-12-06 19:45 | てつどう