レモンイエローの記憶:純101系グラフィティ

一昨日、長年西武の「顔」として活躍した101系初期車引退しました。
d0044222_21124416.jpg
2010.2,14 西武鉄道多摩川線武蔵境駅
1969年(昭和44年)デビューした101系は、通勤用の標準車両として、また同年開通した西武秩父線(吾野-西武秩父間)対応車として1976年まで量産され、主に池袋線・秩父線で活躍しました。
d0044222_2104341.jpg
2006.7,15 西武鉄道多摩湖線萩山駅
地元を走る電車ということで、物心ついたころからこの顔、この色にお世話になってきました。また奥武蔵方面への遠足や移動教室などには必ずといっていいほど101系急行(行き帰りには椎名町に臨時停車した)に乗っていったものです。京急ファンで京急初代1000形にもずいぶん乗りましたが「乗車頻度」という意味では101系がダントツでした。
d0044222_2192626.jpg
2006.7,15 西武鉄道多摩湖線一橋学園駅
21世紀に入り新鋭車両が続々増備され、序々に数を減らし、多摩湖線萩山-国分寺間で走っていた1編成2008年に引退。終の棲家となった多摩川線では中央線との連絡線高架化工事で一時なくなったために4編成が封じ込められる形で生き残りましたが、高架化が完成して連絡線が復活して、同じ101系の後期車と交代することとなりました。
d0044222_21245662.jpg
2006.2,14 西武鉄道多摩川線武蔵境駅
[PR]
by borituba | 2010-11-11 21:25 | てつどう