シリーズ「私鉄のバス」:京王

私鉄のバスの色シリーズ、今回はいささか複雑な京王バスです。

京王バス「似ても似つかぬ」⇒「そっくり」⇒ふたたび「似ても似つかぬ」と変遷しています。現在、23区地域を走っているバスの色はこうです。
d0044222_19243928.jpg
2009.9.22 渋谷駅前
一方電車はというと、先ごろ6000系が引退して銀色化が完了しましたが、濃いピンクの帯です。以前は青帯がなく赤い細帯1本で、ちょうど京急と反対の色分けでした。そして変わらないのはこの白い顔です。
d0044222_19362876.jpg
2010.2.14 京王電鉄京王線下高井戸駅
d0044222_19383295.jpg
2010.2.14 京王電鉄京王線多磨霊園駅
d0044222_19424238.jpg
2007.1.11 都営地下鉄新宿線東大島駅
バスは全く違うデザインになりましたが、多摩地区の京王バスは、下のように往年の6000系と「そっくり」なデザインで走っています。
d0044222_19472615.jpg
2009.9.22 京王八王子駅前
ここから話は俄然ややこしくなります。上のデザインはオリジナルデザインではなく、一度リニューアルされた姿なのです。2代前のデザインなどもう滅びているのでは?と思うとさにあらず。
d0044222_19535935.jpg
2009.9.22 京王八王子駅前
八王子を中心に走っている京王の系列会社の西東京バスにかつての京王バスのオリジナルデザインが生き残っていました。東京を走るバスの中では派手な部類に入るこのデザインは、かつては新宿や中野で普通に見られたものです。上の画では前面にPR幕がありますが、前面はこのようになっていて、京王のエンブレムが入っていました
d0044222_2082065.jpg
2009.9.22 京王八王子駅前
この西東京バスのデザインもリニューアルが始まっており、昭和の色がここでも姿を消しつつあります
d0044222_2013349.jpg
2009.9.22 JR八王子駅前

シリーズの他の記事は下のタグ「私鉄のバス」をクリックするとまとめてご覧いただけます。
[PR]
by borituba | 2010-11-09 20:18 | ばす