7月の鉄活動から:新京成(1)

新京成の現在の主力8800形です。

8800形VVVFインバータ制御車両としては新京成初、というだけでなく関東私鉄でも草分けの部類になります。デビューは1986年(昭和61年)ですから、まもなく四半世紀になりますが、インバータ制御ということで「そんな歳なのか…」と思います。
d0044222_18495045.jpg
2009.7.2 新京成電鉄五香駅
一世代前の主力だった8000形が全体に丸っこくてかわいらしいイメージであるのに対して、8800形は左右の小窓とあわせて前面4枚窓と、ややゴツい感じがします。
d0044222_199277.jpg
2009.7.2 新京成電鉄北初富駅
d0044222_19102646.jpg
2009.7.2 新京成電鉄滝不動駅
8800形8両固定編成×12編成の計96両が作られましたが、京成千葉線乗り入れを機に、そのうち3編成6両改造されました。乗り入れ対応車両は非対応車両と区別するためが従来の黄土色からワインレッド(8000形と同じ)に変更されています。3編成を改造したため、中間車6両捻出され、うち2両を先頭車に改造の上1編成に仕立てた8804編成と合わせ、8800形の乗り入れ対応車は計4編成になっています。これらの編成は中間車を抜いた関係ですべて改番され、編成番号-1・2・3…という形になっています。また、8804編成は中間車からの改造のためパンタグラフがシングルアームになっています。
d0044222_19365129.jpg
2009.7.2 新京成電鉄滝不動駅
d0044222_19382215.jpg
2009.7.2 新京成電鉄滝不動駅
[PR]
by borituba | 2009-08-02 19:39 | てつどう