タグ:JR東日本 ( 94 ) タグの人気記事

一昨日野暮用のあと、久しぶりに仲木戸で撮りました。
品川経由は時間がかかるので、湘南新宿ラインで横浜に直行します。ちょうどNEXが発車した直後に元NEXの東武乗り入れ特急「きぬがわ」が到着、初めてちゃんと撮れました。
d0044222_22581525.jpg

d0044222_22591377.jpg

d0044222_23000021.jpg

池袋で湘南新宿ラインに乗ったときは降っていませんでしたが、多摩川を渡るころから地面が濡れて、鶴見あたりからははっきり雨に。撮らずに帰ろうかと思いましたが、せっかくなので撮ってみることに。仲木戸駅のいつもの場所は屋根がなかったのですが、しばらく行かぬうちに屋根がついて、雨でも撮れるようになっていました♪
d0044222_23010334.jpg

d0044222_23035515.jpg

d0044222_23060459.jpg

d0044222_23065184.jpg

d0044222_23073586.jpg

d0044222_23083373.jpg

d0044222_23093800.jpg

d0044222_23104434.jpg

d0044222_23113248.jpg

d0044222_23121357.jpg

月曜日なのでデト君まで撮って撮了しましたが、デト君通過直前に昨日で運用離脱した2041編成の最後の姿をゲットできたので、短時間でしたが満足です♪
d0044222_23134369.jpg

d0044222_23142539.jpg

d0044222_23150384.jpg

d0044222_23161224.jpg

by borituba | 2017-03-08 22:56 | てつどう | Comments(0)

今月の壁紙!

6月の壁紙です。

雨の季節になりました。今年はサクラといい梅雨といい季節の移り変わりがいささかフライング気味ですね。
新大久保駅で外回りを待っていたら、一天にわかにかき曇り、猛烈な土砂降りになりました。思えば「ゲリラ豪雨」の走りだったのでしょう。
d0044222_031252.jpg
2005.5.24 山手線新大久保駅
by borituba | 2013-06-01 00:32 | てつどう | Comments(1)

今月の壁紙!

今月の壁紙です。
d0044222_1434461.jpg
2005.5.27 東北本線尾久-赤羽間
陽が延びてこれが撮れる季節になりました。EF81牽引の方がブルートレインらしくて良かったなあ…
by borituba | 2013-05-05 14:38 | てつどう | Comments(0)

7月10日、ベイエリアめぐりも大詰めです。

葛西臨海公園で京葉線を撮ったあと、新木場のJRの改札を出たところではたと立ち止まって考える…りんかい線ってほとんど撮ってない…17時過ぎだけどまだ充分撮れる…というわけで、りんかい線経由で帰りがてらちょっと撮ることに。
やってきたのは東雲駅。りんかい線がまだ新木場-東京テレポート間の部分開業だったころ、まだまだ開発途上で更地の目立つベイエリア、まして休日は閑散とする状態で、よくCM撮影に使われていました。正真正銘初見参です。
りんかい線をほとんど撮っていなかったのは、ひとえに妙味のなさでした。来るのはJR205系かりんかい線70-000系だけだし、地上区間は少ないしで、大崎駅でほんの少し撮っただけでした。
で、東雲です。大崎・埼京線方面が順光です。さすがにかなり陽が傾いてきて、ちょっとイイ感じです。205系がやってきました。ホームドア設置で山手線から6扉車が姿を消す中、りんかい線-埼京線が多扉車勢最後の牙城になりつつあります。
d0044222_8124739.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
と思ったら、205系も網羅的に多扉車が組み込まれているわけではなく、4扉車のみの編成もあるようです。
d0044222_8164559.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
本来はここのヌシである70-000系。205系より顔立ちが柔らかなので、夕陽の中で陰影がついてイイ感じ。真っ昼間ではちょっと味気ないかも知れません。
d0044222_821684.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
しかし2種類しか電車が来ないのでは流石に何本か撮ると飽きてくるので、最後に205系を1枚撮って、梅雨明け十日の灼熱の撮影をしめくくりました。
d0044222_8241443.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
by borituba | 2011-09-09 08:25 | てつどう | Comments(1)

7月10日の京葉線葛西臨海公園です。

京葉線はあまり妙味がなく、切り上げようかと思っていた矢先、「田町君」こと205系トップ編成がやってきました053.gif
d0044222_234182.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
このトップ編成はかつて山手線を走っていました。103系の後継として瞬く間に増備されていきましたが、トップからの4編成は試作をかねており、後の量産車とは細部に若干違いがあります。そんな中、一番わかりやすいのが「田町君」のあだ名の由来でもある、昭和の新性能電車の象徴と言ってもいいユニット窓です。
d0044222_2316486.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
d0044222_23171559.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
山手線にE231系が導入され、帯だけ交換すれば何処でも走れる利便性がウケて、順次活躍の場を武蔵野線・京葉線に移していきましたが、京葉線では早くもE233系に席巻されて、どんどん姿を消しています。このトップ編成もいつまでここでの活躍が見られるか微妙なところです。
d0044222_23243662.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
by borituba | 2011-09-08 22:51 | てつどう | Comments(1)

7月10日、南行徳から西船橋へ、JRの撮影なんて何年ぶりかな…

というわけで、西船橋で腹ごしらえをして、総武本線・地下鉄東西線と直交している武蔵野線ホームへ。入ってきたのは東京ゆき快速。とはいえ府中本町からここまで延々各停で来て、そのあともたいして通過しないので、快速…というより「区間準急」「隔駅停車」といった方がいいような塩梅です。
d0044222_8185690.jpg
2011.7.10 武蔵野線西船橋駅
これに乗って久々に葛西臨海公園にやってきました。103系・201系亡き今、お目当ては205系。しかし撮り鉄を再開してわずか6年で、205系を追いかけて撮るようになるとは思いませんでした…
しかし、やってくるのはE233系ばかり、京葉線ではすでに絶滅危惧種になっているようです。やっときた205系はさっき乗ってきた武蔵野線乗入れの快速でした。
d0044222_8281187.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
d0044222_8293610.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
というわけで今の京葉線はいささか妙味に欠けるようになってしまったようですが、そんな中でもいくらか気がまぎれる「黄色い毒ムカデ」。
d0044222_833238.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
早々に退散しようかと思っていたら、奇跡がおこりました…それはまた明日。
by borituba | 2011-09-07 08:34 | てつどう | Comments(1)

7月10日の東西線です。

しばらく基本的な撮り方で今のラインナップを撮っていきます。
まずは05系。15000系の登場で行灯幕の前期車が引退。昭和デビューの車両がいなくなりました。この顔の車両の約半数が引退したことになり、丸顔の05系は少数派になっています。
d0044222_747542.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
ホームドアに追われて和光市から流れてきた07系。帯の色が変わっただけで、元気に活躍しています。快速にも入っています。将来東西線にホームドアが導入されたら、またも追い出されるのでしょうか…
d0044222_7562051.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
どうも写欲の湧かないJR車E231系800番台。
d0044222_7595293.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
東葉高額…もとい東葉高速鉄道2000系。トップナンバーです。帯の色が鮮やかでなにげに私は好きです。
d0044222_825519.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
そのタネ車、05系後期車「吊り目君」。
d0044222_852561.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
そして東西線新時代のエース「新まっこうくじら」15000系。
d0044222_874687.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
by borituba | 2011-09-02 08:07 | てつどう | Comments(2)

平年より早く明けた梅雨明け十日のピーカンの7月10日、5000系引退以来4年ぶりの東西線南行徳です。

5000系がいなくなって05系ばかりになっていたと思っていましたが、2009年に新世代10000系列の15000系がデビューしたり、副都心線開通でホームドア導入に伴い寸法が違うために有楽町線から07系が流れてくるなど大きな変化があり、妙味が出てきたようなので行ってみたわけです。
最初にやってきたのはJR車E231系800番台。山手線を走っているオリジナル版に比べるとやや個性に欠けます。まあ、103系1200番台の時代からJR車にはあまり個性はなかったので今に始まった話ではありませんが…
d0044222_7541712.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
なにしろギンギンのピーカンで露光の調整に苦労しますが、その分ホーム撮りはちょっとイイ感じになります。
新車が入ってきたとはいえやはり主力は05系。ただ、調べてみたら行灯幕の初期車はトップ編成を除いて引退⇒有楽町線を引退した7000系とともにインドネシアへ譲渡されていました。このあと何本も来た05系はすべて単色LEDでした…
d0044222_87359.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
05系は前期車と後期車で大きく顔が変わっています。後期車は半蔵門線08系と同じ「吊り目顔」になりましたが、私はどうも…やはり丸っこくて愛嬌を感じる前期車のほうが好きですねぇ。10000系列が全体に丸みを帯びたフォルムになっているのはこのあたりの反省の表れなのでしょうか?
d0044222_8134179.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
d0044222_8162523.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
by borituba | 2011-08-31 08:16 | てつどう | Comments(0)

明後日はデハ712の出場記念日(誕生日)になります。

このところジャストの日にはシゴトのことが多いですが、直近の休日には必ずどこかへ撮影に行っています。
概ね私の「記念鉄」はこの3回になります。
1.撮り鉄復活記念鉄-4月2日=西武
2.ブログ開設記念鉄-5月7日=京急
そして3.デハ712出場記念鉄-7月12日です。1と2は撮る対象は決まっていますが、3はあえて対象を決めていません。大体は普段あまり行かないところや長いこと行っていなかったところへいくことが多いです。
今年はまず地下鉄東西線に行きました。5000系がいた頃は何度も通いましたが、その後はすっかりご無沙汰していました。
しかし、有楽町線にいた07系が副都心線の開通を機に東西線に移籍したり(07系だけドアの間隔が違うので最初からホームドア設置の副都心線では使えなかったため)、新世代の15000系が登場したりとトピックが増えたので、久しぶりに定番の南行徳へ。
両数自体そんなに多くないので振られるかと思いましたが案外すんなり来た07系。有楽町線時代は全く縁がなかった快速運転です。
d0044222_2152544.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
もう一つのお目当て、15000系です。こちらは正真正銘初撮り。実車をじっくり見るのも初めてです。黒い部分が10000系や16000系に比べかなり多く、前照灯の形といい全体にのっぺりとしたイメージです。線は違いますが、日比谷線の一期生として長年活躍、現在も長野で一部が活躍を続けている3000系は、その容貌から「マッコウクジラ」と呼ばれて親しまれましたが、今回の10000系列の中で15000系は、丸みを帯びたフォルムも相俟って「新マッコウクジラ」と命名したいと思います。
d0044222_211758100.jpg
2011.7.10 東京地下鉄東西線南行徳駅
一通り撮った後、西船橋で武蔵野線⇒京葉線と乗り継いで、葛西臨海公園にやってきました。ここで撮ったのは2005年10月。なんと5年ぶりでした。そのときはまだ201系どころか103系も生き残っていました。
d0044222_21293137.jpg
2005.10.24 京葉線葛西臨海公園駅
今は103系も201系も姿を消し、山手線から移ってきた205系が活躍している…と思っていましたが、いざ行ってみるとそれもほとんどが新鋭E233系に取って代わられています。
そんな中、しばらくガマンして撮っていると、やってきました
060.gif
d0044222_21392593.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
かつて山手線で活躍した205系のトップナンバーです。205系の中この編成と第2編成だけは側面窓が昭和の電車の象徴であるユニット窓になっています。撮り鉄再開以来お世話になっているデトニ師匠が名付けて「田町君」。
d0044222_21475933.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
d0044222_21483771.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
田町君の折り返しは快速。これも山手線時代には思いもよらなかった姿です。
d0044222_21524620.jpg
2011.7.10 京葉線葛西臨海公園駅
さあこれで撮了…有楽町線で帰ろうと思いましたが、新木場駅で気が変わり、撮影どころか降りるのも初めてのりんかい線東雲駅。
思えばここにはJR205系とりんかい線70-000系しかこないので、妙味が限りなくゼロに近く、ノーマークだったというわけですが、205系も70-000系もまともに撮ったことがあまりなかったので、これを機に撮ってきました。
だいぶ陽が傾いてきたので、なかなかイイ感じの光線で撮れました。205系と70-000系のバランスも程が良く、満足の撮了でした。
d0044222_2223877.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
d0044222_2234295.jpg
2011.7.10 東京臨海高速鉄道りんかい線東雲駅
by borituba | 2011-07-10 22:04 | てつどう | Comments(2)

東日本大震災から2か月が経ちました。

当日、首都圏の鉄道はマヒ状態となり、大量の「帰宅難民」が発生しました。それでも東急や京王など一部の路線は終電近くになって運転を始め、地下鉄も大半が復旧、終夜運転を行いました。
一方JRは首都圏の全線が終日不通になりました。

そこで問題になるのが京急です。京急は関東民鉄の中では比較的タフで、またこういう場合でも安全確認ができたところから順次折り返し運転を再開したりするのが常でした。しかし、結局3月11日の京急は終日不通状態に陥ってしまったのです。

では、なぜ…2か月経ったところで、検証してみたいと思います。

結論から言うと「JRが止まったから」というのがその最大の原因です。京急はその路線のほとんどすべてがJRと並行・競合しています。品川―横浜間は東海道本線とほぼ完全に並行、横浜-新逗子・京急久里浜間は根岸線・横須賀線と付かず離れず競合しています。
この状態で京浜間のJRがマヒしてしまうと、当然ながら動いていれば京急に全乗客が集中することになります。
震災当夜、運転を再開した地下鉄はしばしば乗客の集中で止まったり動いたりを繰り返しました。京急が仮にあの夜運転を再開していたら、さあ、どうなっていたでしょう。

ここに京急の弱点があります。京急はJRとの接続駅ではJR駅の脇にへばりつくようにホームがあります。品川・川崎・横浜・横須賀中央…不思議なことにターミナル駅ほど手狭で、途中駅はわりと広々としているのが京急の路線の特徴です。

品川や横浜の京急駅をご存知の方は想像してみてください。ここに東海道本線・横須賀線・京浜東北線の全乗客が集中したらどうなるか…答えはここでくだくだ書くまでもありませんね。

時々横須賀線や京浜東北線が止まったとき、品川や横浜が大混雑となり、ウィング号が運休になったり(臨時快特に変更される)、ダイヤが大幅に乱れたりします。一路線が止まってもこのありさまですから、全路線が止まった状態では却ってパニック状態になるのは火を見るより明らかでした。

事実、夜遅くなってから再開した東急東横線はラッシュ並みの混雑でした。綱島の鶴見川の鉄橋で見ていた限り、上りも下りもぎっしりだったのを今でも覚えています。

というわけで、京急は「動かしたくても動けなかった」状態で当夜の運転をすべて見合わせることになってしまったのです。
都市交通というのはたとえ並行路線が多くても、一社だけで独占できるものではなく、人の動態に合わせて各線がバランスよく乗客を運ぶことで成り立っています。まして京浜間のような首都圏交通の大動脈にあっては、たとえ一社だけ動けてもすべての輸送を賄うことは不可能です。

今回の震災で見えてきたのは、都市交通の災害対策を考える上で、各社の「収容力」というのものが今までファクターとして考えられていなかった。ということ。特に京浜間におけるJRと東急・京急との「シェア」のバランスをもっと議論すべきだということが言えるのではないかと思います。
d0044222_065210.jpg

d0044222_08287.jpg

by borituba | 2011-05-12 22:59 | しんさい | Comments(4)