タグ:音楽くらしっく ( 25 ) タグの人気記事

今日は芥川也寸志忌(1989年)です。
今宵は先生が手塩にかけて育てられた新交響楽団のCDを聴いております。
d0044222_23091215.jpg

芥川也寸志forever
芥川也寸志:
交響管絃楽のための前奏曲(1947)
交響三章~トリニタ・シンフォニカ(1948)
交響管絃楽のための音楽(1950)
絃楽のための三楽章~トリプティーク(1953)
交響曲第1番(1955)
エローラ交響曲(1958)
えり子とともに(1949・毛利蔵人編曲)
煙突の見える場所(1953)
猫と庄造と二人のをんな(1956・毛利蔵人編曲)
赤穂浪士(1964)
八甲田山(1977)

新交響楽団
山田一雄(指揮・交響管絃楽のための前奏曲)
飯守泰次郎(指揮)

「交響管絃楽のための前奏曲」は伊福部昭門下で作曲を学んでいた東京音楽学校(現・東京藝術大学)時代の作品で、先生の在世中には演奏されず、没後1年後の新交響楽団の追悼公演で初演された「幻の処女作」。これはその貴重なライヴ録音です。
その他の曲は1999年7月にサントリーホールと田園ホール・エローラ(埼玉・松伏町)で行われた没後10年記念の連続公演のライヴ。私はサントリーホールの公演を生で聴いております。
サントリーホールでは「交響三章」から交響曲第1番まで、松伏町では「エローラ交響曲」と映画音楽が演奏されました。
すべて先生の代表的な作品で、先生所縁の新交響楽団が心のこもった素晴らしい熱演です。芥川先生の作品入門としてもお薦めします。
合掌。
by borituba | 2017-01-31 23:07 | おんがく | Comments(0)

今日はプーランク忌です。
先だってプレートル忌とプーランク生誕祭が続いて、プーランクをずいぶん聴いておりましたが、改めて聴きましょう。
d0044222_22001415.jpg

プーランクが自ら初演を想定して書き上げながら、急逝のため実現しなかったオーボエ・ソナタ(初演はピエール・ピエルロとジャック・フェヴリエ)とクラリネット・ソナタ(初演はベニー・グッドマンとレナード・バーンスタイン!)。今宵は現代フランスを代表するフランソワ・ルルー、ポール・メイエ、エリック・ル・サージュで。オーボエ・ソナタはプロコフィエフ、クラリネット・ソナタはオネゲルという、亡き友に捧げられた曲ですが、奇しくも初演がプーランク自身の追悼になってしまいました。
d0044222_22010499.jpg

オーボエ・ソナタの初演をプーランクに代わって弾いたフェヴリエとプーランクが組んだ(初演もこの二人)「2台のピアノのための協奏曲」。プレートル指揮のパリ音楽院管弦楽団との競演です。
…合掌。
by borituba | 2017-01-30 21:58 | おんがく | Comments(0)

私を素晴らしきクラシック音楽の世界にいざなってくれた往年の名盤が続々CDに復刻されて21世紀に蘇っています。
その中で私がクラシック音楽駆け出しの頃、最も「お世話になった」のはユージン・オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団の名盤の数々でした。
今回は最近復刻され、再びその名人芸に触れることができるようになった名盤をいくつかご紹介します。

d0044222_21284203.jpg
はげ山の一夜~ロシア管弦楽曲名演集
タイトルの「はげ山の一夜」(ムソルグスキー作曲・リムスキー=コルサコフ編曲)を筆頭にロシア味にあふれた名曲を集めた小品集。オーマンディ/フィラデルフィアの最大の魅力である豊かな語り口とすばらしく上手いアンサンブルを堪能できる一枚です。全曲の白眉はグリエールの「赤いケシの花」の「ロシアの水兵の踊り」。一糸乱れぬアンサンブルがメロディが繰り返す度に速度を増し、プレスティッシモ(猛スピード)まで一気呵成に登り詰めるさまはまさにデモーニッシュ。狂気すら覚える戦慄の3分半!
d0044222_22033191.jpg
チャイコフスキー:三大バレエ名場面集
オーマンディのチャイコフスキーはどの曲も折り紙つきの名演ですが、中で最もすばらしいのが「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠りの森の美女」の「三大バレエ」です。三つともに定番の組曲がありますが、ここではオーマンディ独自の選曲による抜粋になっていて、曲順はバレエのストーリーに合わせて並べ替えられています。
d0044222_22184329.jpg
クロード・ドビュッシー:交響詩「海」、「牧神の午後への前奏曲」、「夜想曲」
d0044222_22305034.jpg
展覧会の絵&ボレロ~ラヴェル名演集
意外に知られていませんが、フィラデルフィア管弦楽団はフランスのオーケストラに近いスタイルのオーケストラです。全体に明るく透明度の高い音色、フットワークの軽い軽快なアンサンブル、偏りのない絶妙のバランス…こうした特徴から、フィラデルフィア管弦楽団は重厚なドイツの大交響曲より、ロシアやフランスの華やかな小品に向いていると言えます。
そこでおすすめしたいのがラヴェルとドビュッシーです。どちらも音色の透明度命、色彩感と語り口も必要となれば名演にならないわけがありません。
二つのアルバム共通の注目は音抜けのいい管楽器、中でもオーボエとコールアングレがすばらしいことです。オーボエは当時のフィラデルフィアの看板だった名人ジョン・デ・ランシー。コールアングレはクレジットがないので名はわかりませんが、すばらしい使い手であることは間違いありません。

by borituba | 2015-10-25 21:13 | おんがく | Comments(0)

最大のライバル

フルトヴェングラー熱はいまだ冷めません。
ベートーヴェンを聴いています。まずは定番の5番と7番。強烈です。すさまじい「間(魔)とタメの饗宴」…極限までタメられた気合いが五体を駆け巡る。まさしく「聴くかめはめ波」ですね。
ベートーヴェン:交響曲第5番&第7番
ヴィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

d0044222_17190160.jpg

一方こちらはフルトヴェングラーの最大のライバル、トスカニーニの代表盤。鍛えに鍛えた鉄壁のアンサンブル、しなやかな鋼のようなカンタービレ、すさまじい集中力。こちらはまさしく「聴く南斗水鳥拳」。
レスピーギ:ローマ三部作
NBC交響楽団
アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)

d0044222_17351353.jpg

どちらも素晴らしい演奏です。
by borituba | 2015-09-26 17:12 | おんがく | Comments(0)

お出かけのお供

今日はなんだかフルトヴェングラーを聴きたくなったので、お出かけのお供はブラームスに。
いや~、ぶっとばされました。
「デモーニッシュ」というのはこういうのをいうのですねえ。
ヨハネス・ブラームス:
交響曲全集
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

d0044222_19041575.jpg
2015.9.20
by borituba | 2015-09-20 19:01 | おんがく | Comments(0)