見頃を迎えたという花便りがあったので、旧古河庭園の薔薇を観に行きました♪
d0044222_23330594.jpg

d0044222_23342572.jpg

d0044222_23350885.jpg

d0044222_23354918.jpg

d0044222_23364746.jpg

d0044222_23380522.jpg

去年訪ねたときはピークを過ぎていて残念でしたが、今年は真っ盛りで、各種がよく咲いて華やか、香りも楽しめました♪
d0044222_23391663.jpg

d0044222_23400533.jpg

d0044222_23405936.jpg

d0044222_23415047.jpg

d0044222_23424424.jpg

d0044222_23433353.jpg

d0044222_23440690.jpg

d0044222_23450619.jpg

d0044222_23462817.jpg

以上今日は二輪以上の画をご紹介しました。これはそんな中一際目についた「今日一番の別嬪さん」です❤
d0044222_23501947.jpg

by borituba | 2017-05-12 22:27 | はな | Comments(0)

雨に濡れた薔薇

今年のバラはつぼみがよく付いて、次々に咲いていきます。
d0044222_222323.jpg
2007.5.6
昨日は朝から雨模様。バラの花にも雨が降り注ぎました。
d0044222_22364159.jpg
2007.5.6
d0044222_2248444.jpg
2007.5.6
バラの花の香りは、実は開ききった花よりつぼみや開きかけた花のほうが強いのです。ポプリを作るとき、つぼみを使うのはそのせいです。
今日は雨も上がり、花がまた大きく開き始めました。香りもとても好いです。
d0044222_2314744.jpg
2007.5.7
d0044222_2363258.jpg
2007.5.7
d0044222_2323043.jpg
2007.5.7
by borituba | 2007-05-07 21:57 | はな | Comments(0)

つつじと並んで…

バラも盛りになりました。
d0044222_22133773.jpg
2007.5.2
バラの花は開ききるとはじけたようになってあまりキレイでなくなります。うまく花びらが巻いているうちにカメラに収めておきます。
d0044222_2217135.jpg
2007.5.2
雨上がり、開きかけた花にうまく雨露が残って、一層みずみずしく見えます。
d0044222_22195789.jpg
2007.5.2
d0044222_2221353.jpg
2007.5.2
by borituba | 2007-05-04 21:54 | はな | Comments(2)

花を撮り始めたのは、やはり桜でした。品川のビルの谷間に咲いた花。未来的なデザインの渡り廊下と対比させてみました。
d0044222_23512643.jpg
2006.3.28
ちょうど桜が盛りの頃、庭いっぱいに咲いていたのがハナダイコン。母が好きだった花で、庭のあちこちで咲かせていたのが、いつのまにか庭いっぱいにひろがっていました。
d0044222_23544599.jpg
2006.3.30
桜が終わった頃に訪ねた横浜。横浜スタジアムの隣の公園でチューリップが満開になっていました。
d0044222_015359.jpg
2006.4.13
そのころ庭ではニラの花がひっそりと満開になっていました。野菜としてのイメージしかなかったので、こんなにきれいな花が咲くのかと驚いたものです。玉のような露が輝いていました。
d0044222_04334.jpg
2006.4.16
銀座通りの植え込みにたくさん植えられていた三色すみれ。酔漢に無残に踏み潰されたものもありましたが、たくましく咲いたものもたくさんありました。
d0044222_0144187.jpg
2006.4.22
一青窈の歌ですっかり有名になった薄紅色のハナミズキです。桜が終わるとじきに咲き始めました。
d0044222_0231566.jpg
2006.4.22
5月に入ると、庭のバラがきれいに咲きました。
d0044222_03185.jpg
2006.5.8
バラと同時に盛りを迎えたのがツツジです。
d0044222_0332420.jpg
2006.5.8
6月。梅雨の主役紫陽花が盛りになりました。
d0044222_037492.jpg
2006.6.19
夏を過ぎ、9月の半ばを過ぎると、いつのまにかさいているのがヒガンバナ。この鮮やかな花が夏の終わりと秋の訪れを告げます。
d0044222_043262.jpg
2006.9.24
by borituba | 2006-12-29 23:30 | はな | Comments(0)

この実何の実?

近所の花を撮り歩いていると、きれいな実が目に付きました。
d0044222_18462443.jpg
2006.11.5
こんな鮮やかな紫の実は初めて見ました。気をつけて見るとけっこうあちこちにありました。今まで見落としていたんですね。しかし何の実だかわかりません。どなたかご教示ください。

11月も半ばを過ぎて、寒い日も増えてきましたが、10月までは暖かかったので、秋咲きの花もすこしづつ遅れているようです。そんな中、バラが思い出したように咲いていました。これぞまさしく「夏の名残りのバラ」でしょうか…
d0044222_18595624.jpg
2006.11.5
by borituba | 2006-11-21 19:00 | はな | Comments(3)

バラが咲いた…

家の小庭のバラが咲き始めました。
これも椿と同様、祖父の画題を兼ねて、祖母と母が丹精していたもので、以前は何本もありましたが、現在はこの門のそばの一本だけになりました。やはり日当たりのいいところが生き残ったようです。このバラは薄いピンク色。まさに「ローズピンク」です。
d0044222_23141829.jpg
2006.5.5
バラは日本では晩春から初夏の花ですが、ヨーロッパは日本より平均気温が低いため、初夏から夏の花。ことにイギリスでは短い盛夏を彩る花で、スコットランド民謡にも「夏の名残りのバラ」として歌われています。ちなみにバラはイギリスの国花になっています。
d0044222_23261473.jpg
2006.5.8
花言葉、というものがありますね。バラはなんといっても花言葉の代表格といってよく、「愛」「美」「内気な恥ずかしさ」「輝かしい」「愛嬌」「新鮮」「斬新」「私はあなたを愛する」「あなたのすべてはかわいらしい」「愛情」「気まぐれな美しさ」「無邪気」「爽やか」など、「愛」にまつわる言葉が多く、ことにピンクのバラは「愛を持つ」「上品」「しとやか」という花言葉を持っています。
d0044222_23304536.jpg
2006.5.8
バラは桜のように一斉には咲かず、一輪づつ独立して咲いていきます。まだまだ蕾がたくさんついていて、咲くのが楽しみです。バラには蕾にも「愛の告白」という花言葉があります。
d0044222_23354092.jpg
2006.5.8
近所でもあちこちでバラが咲き始めています。珍しい紫のバラが咲いていました。
d0044222_23371165.jpg
2006.5.8
by borituba | 2006-05-08 21:57 | はな | Comments(2)