<   2017年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

一昨日何の気なしにEテレをつけていたら、とてもきれいな合唱曲が流れてきました。思わず画面を見るとつなぎの「名曲アルバム」でした。

「誰の曲だろう?」と終わりまで画面に眼をおとしていると、モーツァルトの「孤児院のミサ」とのこと。早速新宿ユニオンで漁ってきました♪
d0044222_23380943.jpg

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:
ミサ・ソレムニスハ短調 K.139(47a)「孤児院のミサ」
エクスルターテ・ユビラーテ K.165(158a)

バーバラ・ボニー(ソプラノ)
ヤドヴィガ・ラッペ(アルト)
ヨゼフ・プロチェカ(テノール)
ホーカン・ハーゲゴール(バス)
アルノルト・シェーンベルク合唱団
ヴィーン・コンツェントゥス・ムジクス
ニコラウス・アーノンクール(指揮)

なんとみずみずしい、爽やかな音楽でありましょうか。「ミサ・ソレムニス」にふさわしい重苦しい序奏から、まるで霧が晴れて抜けるような青空になったように劇的に転調、爽やかに、そしてマエストーソに歌い上げられる神への賛美と感謝。キリスト者でなくとも祈りの頭を垂れたくなるような美しい音楽です♪

主調はハ短調となっていますが、ハ短調なのは「キリエ」の序奏だけで、主部でハ長調に転調してからはほとんど長調で、バッハの「ロ短調ミサ曲」と同じような構成になっています。
驚くべきは、この美しいミサ曲が、12歳の少年によって造り上げられた。ということです。ハイドンのパトロンとしてヴィーンを「音楽の都」と呼ばれる文化都市にした女帝マリア・テレジアの御前で演奏され、女帝から祝福された天才モーツァルトは、宗教音楽にも素晴らしい作品を次々と世に送り出すことになります。

ピリオド楽器・ピリオド奏法によるアーノンクールの演奏は、古典的な宗教声楽曲の歌の力を十二分に引き出して、力強く、格調高く歌い上げています。独唱も合唱もアーノンクールのアプローチに沿った素晴らしい歌心とアンサンブルで聴き応え充分です。

カップリングの「エクスルターテ・ユビラーテ」共々清々しい春の朝に目覚めの一枚としてオススメします♪
by borituba | 2017-04-30 23:35 | おんがく | Comments(0)

今日の一枚~新しい名盤

今日タワレコにて入手。
d0044222_00203393.jpg

モーリス・ラヴェル:
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」(全曲)

アンサンブル・エデス(合唱)
レ・シエクル(管弦楽)
マリオン・ラリンクール(ソロ・フルート)
フランソワ=クサヴィエ・ロト(指揮)

「春の祭典」の初演譜・ピリオド楽器による録音で音楽界に旋風を起こしたフランソワ=クサヴィエ・ロトとレ・シエクルが、ラヴェルの大作「ダフニスとクロエ」に挑戦。純フレンチ・スタイルのピリオ楽器による限りなく初演に近い響きの再現の試みです。
「ダフニスとクロエ」の初演は1912年、「春の祭典」の1年前です。弦楽器はすでにスチール弦になっていましたが、張力はまだ弱かったので、現代よりローピッチ、管楽器は現代とほぼ近いシステムですが、純フレンチ・スタイルの個性的な響きは現代のオーケストラが失ってしまったものです。
ピリオド楽器による演奏ではどうしても現代オーケストラに比べダイナミック・レンジが狭くなりますが、その分フランス音楽の命とも言える一音一音の細かいニュアンスが表面に浮き出て、古典劇らしいみずみずしい叙情を生み出しています。第3部(第2組曲)のフルート・ソロは当時の所謂細管ですが、ニュアンスに富んだスマートで美しい響きが奏者の歌心を引き立てて素晴らしいです。
指揮のロトはピリオド楽器オーケストラのシェフということで、古楽屋さんかと思ったら、ミヒャエル・ギーレンの後任としてSWR交響楽団(旧南西ドイツ放送響)のシェフを務め、ブーレーズやリゲティやパヌフニクの録音も製作するなど現代音楽も得意とする指揮者で、譜面の解釈は現代的でアグレッシヴです。古典的な響きをアグレッシヴに展開する…ギーレンの後継というより、20世紀音楽におけるアーノンクールのような存在でしょうか。
管・打楽器は指定通り、弦楽器も必要最小限の編成で、合唱は40人弱の室内楽的な規模で、細かい動きもくっきりして、新鮮な驚きです。しかし音楽のスケールはおおらかでリズムのキレもよく、繰り返し聴きたくなるご機嫌な演奏です。録音もホールトーンを程よく拾ったニュアンスにあふれ優秀で、新しい「ダフニス」の名盤としてオススメします♪
by borituba | 2017-04-28 23:19 | おんがく | Comments(0)

今日もご近所を歩きながら花を撮ってきました♪
今年はハナミズキは裏年のようで、あまり勢いがありません。
d0044222_21481546.jpg

ミニバラやコデマリなどが盛んです♪
d0044222_21535200.jpg

d0044222_21543931.jpg

d0044222_21555550.jpg

d0044222_21572349.jpg

d0044222_21592080.jpg

d0044222_22001807.jpg

なんとご近所にこんな見事な藤がありました。わざわざ遠出しなくてもご近所を歩けばこういう発見があります♪
d0044222_22025425.jpg

d0044222_22031999.jpg

d0044222_22034256.jpg

やはり今の季節の主役はツツジです。ご近所の幹線道路の植え込みが年に一度の彩りを見せます♪
d0044222_22191200.jpg

d0044222_22193611.jpg

d0044222_22200729.jpg

d0044222_22211291.jpg

d0044222_22214944.jpg

d0044222_22223212.jpg

d0044222_22230677.jpg

d0044222_22234999.jpg

d0044222_22242113.jpg

d0044222_22250776.jpg

d0044222_22260544.jpg

d0044222_22263422.jpg

by borituba | 2017-04-28 21:43 | はな | Comments(0)

今日はスラーヴァことムスティスラフ・ロストロポーヴィチ御大の命日です。今日はスクリャービンとメシアンの命日でもありますが、日本と日本人を愛し、またご縁の深い御大を偲ぶ鑑賞に専念したことです。

偉大なチェリストとして、また指揮者としての活躍はもちろんですが、小澤征爾さんとの交流をきっかけとして大の親日家で、ほぼ毎年のように来日してチェリスト、指揮者共にたくさんの公演を行いました。そのためロシアの巨匠の中では飛び抜けて日本人に馴染みが深く、あっしも新日本フィルの公演で何度も聴いています。

そのため御大の来日公演の思い出がたくさんあります。
ブリテンが夫人のヴィシネフスカヤさんを想定して書いた「戦争レクィエム」。すみだトリフォニーホールのこけら落としシリーズで、東京大空襲で多くの犠牲者を出した墨田区ということであえてレクィエムを演奏したのです。

奇しくも阪神・淡路大震災の翌日、サントリーホールで行われたN響と小澤征爾さんの歴史的和解コンサート。ドヴォルジャークの協奏曲のソリストとして出演していた御大が、アンコールで拍手を辞退して弾いたバッハ。

生涯最後のステージとなった新日本フィルの定期公演。ショスタコーヴィチの交響曲第8番の終演後、いとおしそうにスコアを抱き締めた御大。

テレビでのインタビューが縁で、平和への想いを一にしていた筑紫哲也さんとは親友で、御大の公演のとき、オーチャードホールやサントリーホールのロビーでお見かけしました。

日本が大好きだった御大。わけても相撲が大好きで、新日本フィルの公演は両国国技館の場所に合わせて1月か5月に設定されていました。

御大の発案によりロンドンと東京で行われたコンサート・バレエプロジェクト「ロメオとジュリエット」。東京公演は新日本フィルが起用されましたが、公演の前日に、トリフォニーホールこけら落としシリーズのR.シュトラウス「ドン・キホーテ」(小澤さん指揮)で共演したヴィオラ首席の白尾偕子さんが急逝、異様な空気の中の公演が忘れられません。翌々日の葬儀に参列した御大は弔辞の代わりに阪神・淡路大震災のときと同じバッハを献奏したそうです。

御大が遺されたバッハの録音は敬愛するパウ・カザルスのそれと同じく「祈りの音楽」です。技術論でいえば必ずしも名盤ではないのかもしれませんが、平和への祈りの音楽としてこれ以上のものはありません。世界中で戦火が絶えず、日本の周りもきな臭くなりつつある今、御大の命日を機縁として、平和への想いをこめて味わいたいものです。…合掌。

今日聴いた音盤
プロコフィエフ:
交響曲第5・7番
フランス国立管弦楽団
d0044222_23165397.jpg

チャイコフスキー:
交響曲第1番「冬の白昼夢」
交響曲第2番「小ロシア」
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
d0044222_23171879.jpg

ショスタコーヴィチ:
チェロ・ソナタ
ベンジャミン・ブリテン(ピアノ)
チェロ協奏曲第1番
フィラデルフィア管弦楽団
ユージン・オーマンディ(指揮)
d0044222_23175295.jpg

d0044222_23181383.jpg

J.S.バッハ:
無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調 BWV.1008
d0044222_23183922.jpg

by borituba | 2017-04-27 23:15 | おんがく | Comments(0)

今日はドン曇りということで、こういう時にできる実験をしてきました。
しばらくご無沙汰していた東横線。以前撮ろうとしてド逆光で断念した都立大学のスーパー垂直くねりを狙います。
山の手の丘陵地域を走る東横線は、細かいアップダウンをなぞるように走ります。都立大学駅の自由ヶ丘寄りは、自由ヶ「丘」から下って再び丘に登ってくるかなり大きなアップダウンを越えてきます。以前はホーム端からの撮影はちょっと危なかったのですが、ホームドアが設置されて却って安全に撮れるようになりました。
d0044222_00071009.jpg

d0044222_00082180.jpg

d0044222_00094729.jpg

d0044222_00114113.jpg

d0044222_00130455.jpg

d0044222_00160178.jpg

d0044222_00172261.jpg

d0044222_00182280.jpg

d0044222_00202940.jpg

d0044222_00211863.jpg

d0044222_00222755.jpg

移動のため上りホームに移って先頭で各停を待っていたときにヒカリエ号が颯爽と通過しました。
d0044222_00301322.jpg

後半戦は西武にしようかと思っていましたが、渋谷で後続の急行に乗り継いだら森林公園ゆきだったので、都立大学で垂直くねりを撮ったこともあり、あっち側の垂直くねりも撮ろうと東上線へ。
最初はみずほ台で撮り始めましたが、あまり妙味がなく、少し撮ってさっさと切り上げて和光市にもどって垂直くねりを狙います。すると線内運用の西武車やメトロ7000系など来て俄然妙味が出ました♪
d0044222_00421272.jpg

d0044222_00434741.jpg

d0044222_00443349.jpg

d0044222_00460860.jpg

d0044222_00465352.jpg

d0044222_00483598.jpg

d0044222_00493836.jpg

上がり際に7000系が連チャンで来て嬉しく撮了できました♪
d0044222_00523466.jpg

d0044222_00533111.jpg

和光市はターミナル駅ということで、きれいな並びが撮れる駅です。他の駅ではなかなか撮れない西武車と東武車など面白い組み合わせの並びが撮れて楽しいです♪
d0044222_01000511.jpg

d0044222_01024475.jpg

d0044222_01052836.jpg

d0044222_01073726.jpg

d0044222_01083323.jpg

by borituba | 2017-04-26 23:49 | てつどう | Comments(0)

櫻は遅咲きの八重櫻まで終わって、季節が一つ進んだようです。春の花の主役はツツジへと移り、ご近所の植え込みのツツジがきれいです♪
d0044222_20383554.jpg

d0044222_20405501.jpg

d0044222_20420339.jpg

d0044222_20435959.jpg

d0044222_20463858.jpg

d0044222_20492018.jpg

d0044222_20515081.jpg

d0044222_20535433.jpg

ご近所の体育館の前の植え込みにアイリスが咲いていました。菖蒲に似ていますが、こちらは水辺でないところに生えて、花も菖蒲よりずっと早く咲きます♪
d0044222_20590939.jpg

d0044222_20594594.jpg

by borituba | 2017-04-26 20:19 | はな | Comments(0)

今日は亀戸天神の藤を撮りに行きました。
直前に友人が行って「ちょっと早いかな」とのことでしたが、確かに満開にはちょっと早かったものの、場所によっては絵になるくらいに咲き具合で、いろいろ撮れました♪
d0044222_20423207.jpg

d0044222_20440423.jpg

d0044222_20455901.jpg

d0044222_20471197.jpg

d0044222_20480508.jpg

d0044222_20595944.jpg

d0044222_21010181.jpg

d0044222_21081700.jpg

池にかかる太鼓橋に上がると、藤棚の上に出ます。花と葉がまるで雲海のように見えて、建物の屋根がそこから突き出す山のように見えます♪
d0044222_21093256.jpg

d0044222_21024060.jpg

d0044222_21111469.jpg

亀戸天神からはスカイツリーがよく見えます。逆光気味でちょっと厳しいですが、藤とのコラボも撮れました♪
d0044222_21143670.jpg

d0044222_21155707.jpg

亀戸天神からの帰りがけには必ず船橋屋さんのくず餅を買って帰ります。古くからの亀戸名物、江戸っ子のお土産です♪
d0044222_21205493.jpg

d0044222_21214793.jpg

by borituba | 2017-04-23 20:34 | はな | Comments(0)

今日はぶらぶら歩きながらご近所で満開の八重櫻を撮ってきました。
千川駅近くの「千川彫刻公園」に見事な一本八重櫻があります。毎年きれいに咲きます♪
d0044222_17595318.jpg

d0044222_18011687.jpg

千川上水の暗きょに沿って板橋区との区境あたりから富士見台まで桜並木になっていますが、ほとんどがソメイヨシノの中、都立千早高校前から西武線の踏切の間だけ八重櫻になっています。調べると、以前千川上水が暗きょになる前までは、ソメイヨシノと八重櫻が交互に植わっていたんだそうで、暗きょの工事で樹を間引くときにこの区間だけソメイヨシノが間引かれて、他の区間は八重櫻の方が間引かれたそうです。暗きょになった後、間引かれた樹のところには新たに植栽されましたが、この区間は立体交差の計画などがあったので植栽されず、八重櫻だけが残されたということらしいです。言われてみれば、ソメイヨシノの区間は切れ目が少なくみっしりと樹が並んでいますが、この区間は2~3本のかたまりが点々としています。
d0044222_18361621.jpg

d0044222_18344044.jpg

d0044222_18071892.jpg

d0044222_18084981.jpg

d0044222_18100808.jpg

d0044222_18112868.jpg

そんな中、民家の庭から伸びたつる花が八重櫻に絡みついて、不思議なコラボになっている樹がありました。幹の茶色、花の薄紅、葉の緑の中にレモンイエローの星のような花が散らばっている光景はドン曇りでもとても鮮やかです♪
d0044222_18261047.jpg

d0044222_18264828.jpg

素晴らしいコラボですが、黄色い花がなんという花か不勉強でわかりません。ご存知の方がおられましたらご教示ください。
d0044222_18302287.jpg

d0044222_18310297.jpg

by borituba | 2017-04-21 17:47 | はな | Comments(0)

今年も東京のソメイヨシノの季節が終わりました。
ほぼ毎年ご近所を中心に桜を撮っていますが、雪山のように咲き誇る遠景だけでなく、接写による細かい花の画も楽しむことができます。
d0044222_22214359.jpg

そんな中、私が力を入れて撮っているのは、太い樹の幹から直接芽吹いて咲いている花の小さな群れです。私はこれを「天然コサージュ」と名付けました。
d0044222_22322584.jpg

d0044222_22332028.jpg

d0044222_22342063.jpg

d0044222_22363213.jpg

d0044222_22371358.jpg

d0044222_22391452.jpg

d0044222_22404993.jpg

天然コサージュはすべて一点ものです。去年と今年、また今年と来年でもまったく変わります。そんな中、武蔵野稲荷の境内でこんなのを見つけました。
d0044222_22465283.jpg

きれいにハートの形になった天然コサージュ。自然の力を感じました。キナ臭い話題が多い昨今、人の心を映すかのようです。
今こそ平和を。
by borituba | 2017-04-18 22:11 | はな | Comments(0)