西洋節分電車

明日は西洋節分(ハロウィン)。なんだか年々ハデになっているようですね。
鉄道でも各社でハロウィン協賛のイベントを仕掛けています。西武では西洋節分電車が走っていました。西武で一番人間的な顔のすまいる君のトップナンバーがラッピングされています。

d0044222_23524836.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線東久留米駅
d0044222_23585958.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線富士見台駅
d0044222_00051184.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線富士見台駅
京急では沿線の川崎の関東最大の西洋節分イベントのPRのステッカーを付けた2100形「川崎ハロウィン号」が走っていました。
d0044222_00140975.jpg
2015.10.5 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_00175566.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00221548.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
[PR]
by borituba | 2015-10-30 23:39 | てつどう | Comments(0)

私を素晴らしきクラシック音楽の世界にいざなってくれた往年の名盤が続々CDに復刻されて21世紀に蘇っています。
その中で私がクラシック音楽駆け出しの頃、最も「お世話になった」のはユージン・オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団の名盤の数々でした。
今回は最近復刻され、再びその名人芸に触れることができるようになった名盤をいくつかご紹介します。

d0044222_21284203.jpg
はげ山の一夜~ロシア管弦楽曲名演集
タイトルの「はげ山の一夜」(ムソルグスキー作曲・リムスキー=コルサコフ編曲)を筆頭にロシア味にあふれた名曲を集めた小品集。オーマンディ/フィラデルフィアの最大の魅力である豊かな語り口とすばらしく上手いアンサンブルを堪能できる一枚です。全曲の白眉はグリエールの「赤いケシの花」の「ロシアの水兵の踊り」。一糸乱れぬアンサンブルがメロディが繰り返す度に速度を増し、プレスティッシモ(猛スピード)まで一気呵成に登り詰めるさまはまさにデモーニッシュ。狂気すら覚える戦慄の3分半!
d0044222_22033191.jpg
チャイコフスキー:三大バレエ名場面集
オーマンディのチャイコフスキーはどの曲も折り紙つきの名演ですが、中で最もすばらしいのが「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠りの森の美女」の「三大バレエ」です。三つともに定番の組曲がありますが、ここではオーマンディ独自の選曲による抜粋になっていて、曲順はバレエのストーリーに合わせて並べ替えられています。
d0044222_22184329.jpg
クロード・ドビュッシー:交響詩「海」、「牧神の午後への前奏曲」、「夜想曲」
d0044222_22305034.jpg
展覧会の絵&ボレロ~ラヴェル名演集
意外に知られていませんが、フィラデルフィア管弦楽団はフランスのオーケストラに近いスタイルのオーケストラです。全体に明るく透明度の高い音色、フットワークの軽い軽快なアンサンブル、偏りのない絶妙のバランス…こうした特徴から、フィラデルフィア管弦楽団は重厚なドイツの大交響曲より、ロシアやフランスの華やかな小品に向いていると言えます。
そこでおすすめしたいのがラヴェルとドビュッシーです。どちらも音色の透明度命、色彩感と語り口も必要となれば名演にならないわけがありません。
二つのアルバム共通の注目は音抜けのいい管楽器、中でもオーボエとコールアングレがすばらしいことです。オーボエは当時のフィラデルフィアの看板だった名人ジョン・デ・ランシー。コールアングレはクレジットがないので名はわかりませんが、すばらしい使い手であることは間違いありません。

[PR]
by borituba | 2015-10-25 21:13 | おんがく | Comments(0)

報恩・普通車一代―2

京急800形「普通車一代」のシリーズ2回目、今回は北品川です。
d0044222_00002321.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00162589.jpg
2015.10.18 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00194158.jpg
2015.10.14 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00222336.jpg
2015.10.14 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_06563961.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅


[PR]
by borituba | 2015-10-24 23:54 | てつどう | Comments(0)

今日は朝から曇り空。それでも撮影に行きましょう。
曇り空では光線に指向性がなくなるので、普段なら逆光になるポイントでもすっきりした画が撮れます。実は私はそんな曇り空が好きです。
今日はまずは和光市へ。地下鉄の列車の垂直くねりを狙います。ここは晴れているとかなり光線が難しいポイントなのですが、曇り空ではそれを気にせず撮れます。

d0044222_22110230.jpg
2015.10.23 東京地下鉄有楽町/副都心線和光市駅
d0044222_22141537.jpg
2015.10.23 東京地下鉄有楽町/副都心線和光市駅
当初はそのまま東上線で先に進んで久しぶりにみずほ台あたりで撮ろうと思っていましたが、鶴ヶ島駅でトラブルが発生。急行以上の列車は運休、準急以下の列車もダイヤが乱れているということで、急きょ河岸を変えることに。
地下鉄で小竹向原まで戻って西武に乗り換え、だいぶ以前に一度だけ撮った東久留米駅で撮ってみることにしました。

d0044222_22340573.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線東久留米駅
d0044222_22394219.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線東久留米駅
話題の「黄色いバカ殿」でもこないかと粘ってみましたが、どうやら今日はお休み。しかしもう一つの話題の「赤西武」が何度も来て、嬉しく大量ゲットです♪
d0044222_22483984.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線東久留米駅
d0044222_22514290.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線東久留米駅
d0044222_22541319.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線東久留米駅
すぐあとの各停でとって返し、定番ポイントの富士見台で待ち伏せました。曇り空は暗くなるのが早く、ちゃんと戻ってくるか少々気をもみましたが、程なく準急で折り返してきたので一安心。しっかりゲットして撮了です。
d0044222_23050892.jpg
2015.10.23 西武鉄道池袋線富士見台駅
[PR]
by borituba | 2015-10-23 21:55 | てつどう | Comments(1)

今日は朝は曇りでしたが昼前からは晴れてポカポカ陽気。
それにつられて今日は朝から撮影行に。まずはこのところ連続で撮っている北品川。

d0044222_00290176.jpg
2015.10.10 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00315219.jpg
2015.10.18 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00343576.jpg
2015.10.18 京浜急行電鉄本線北品川駅
北総9000形を撮ったら…何か通りましたね…

一気に青砥まで飛んで腹ごしらえ、関屋から久しぶりに荒川橋梁の「お立ち台」へ。日射しは強くなりましたが、涼しい川風が吹いて爽やかです。短時間でしたがスカイライナーや3500形を相変わらずすばらしい順光でゲットしました。
d0044222_00425344.jpg
2015.10.18 京成電鉄京成本線関屋―堀切菖蒲園間
d0044222_00452333.jpg
京成電鉄京成本線関屋―堀切菖蒲園間
続いては東武。東向島駅で少し撮ってきました。ここも短時間でしたが東急8500系の青帯車と青スペーシアをゲット。
d0044222_00523108.jpg
2015.10.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_00542384.jpg
2015.10.18 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
撮了してそのまま帰るつもりで関屋に戻るとイイ感じの夕陽に。色気を出してカメラをスタンバイすると、なかなか「ジャーナル」な画が撮れました。
d0044222_00593385.jpg
2015.10.18 京成電鉄京成本線関屋駅
d0044222_01020410.jpg
2015.10.18 京成電鉄京成本線関屋駅
上りも通過ということで構えると、なんと超久しぶりのAE100形「シティライナー」が登場♪ちょっと暗めですが何とかキメて今度こそ撮了です。
d0044222_01152977.jpg
2015.10.18 京成電鉄京成本線関屋駅
[PR]
by borituba | 2015-10-18 23:21 | てつどう | Comments(1)

報恩・普通車一代―1

今日から連続で京急の「普通車一代」800形をご紹介していきます。
空港線の主だった元3両固定×2の初期車は引退。現在は6両固定でデビューした812編成以降が本線普通で活躍を続けています。
今日は聖地八ッ山です。毎日毎日、ここから一駅一駅丁寧に停まりながら浦賀までトコトコ走ります。

d0044222_18142923.jpg
2015.9.30 京浜急行電鉄本線品川―北品川間
d0044222_18240268.jpg
2015.9.30 京浜急行電鉄本線品川―北品川間
d0044222_18272103.jpg
2015.9.30 京浜急行電鉄本線品川―北品川間
d0044222_18345024.jpg
2015.9.30 京浜急行電鉄本線品川―北品川間
d0044222_18372871.jpg
2015.9.30 京浜急行電鉄本線品川―北品川間
[PR]
by borituba | 2015-10-17 17:42 | てつどう | Comments(0)

今日は「鉄道の日」。以前は「鉄道記念日」で、国鉄(官営鉄道)の創立記念日という趣でしたが、国鉄が民営化されて「日本の鉄道発祥の日」ということで鉄道界全体の記念日ということになって、名前も「鉄道の日」となりました。
以前から鉄道の日の前後には記念の撮影に行っています。今年はジャストの14日に記念撮影です。
まずは最近力を入れている北品川。ダイナミックなWくねりをゲットです。

d0044222_23031392.jpg
2015.10.14 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_23060700.jpg
2015.10.14 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_23091752.jpg
2015.10.14 京浜急行電鉄本線北品川駅
腹ごしらえをはさんで都営線の向こう側へ。高架化が完成して上下線が並んだ相対式に戻った曳舟で初撮りしました。午後は順光になる上りで3400形や青京急1号をゲット。
d0044222_23202979.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線京成曳舟駅
d0044222_23224117.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線京成曳舟駅
d0044222_23240051.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線京成曳舟駅
続いて久しぶりの八広へ。ここでは下り列車の「平行くねり」を逆光を突いて撮ってみました。
d0044222_23290570.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線八広駅
d0044222_23332038.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線八広駅
d0044222_23350175.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線八広駅
d0044222_23373248.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線八広駅
最後は四ツ木。ちょうど夕陽になる時間帯を見計らって夕焼け色に染まる電車を撮って撮了です。
d0044222_23452222.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線四ツ木駅
d0044222_23471813.jpg
2015.10.14 京成電鉄押上線四ツ木駅
今日は色々なポイントで変化に富んだ楽しい撮影でした。
[PR]
by borituba | 2015-10-14 22:48 | てつどう | Comments(0)

音楽と鉄道

d0044222_23153115.jpg
2008.1.4 鉄道博物館
音楽と鉄道が私の趣味の柱であることは間違いありませんが、その二つに接点があるのか?というと数少ないながらあるのです。

鉄道を描いた音楽というものがいくつかあります。

19世紀に発明された鉄道は、20世紀初頭には世界各国で交通の主役として興隆します。日本でも明治5年(1872年)10月14日に新橋-横浜間が開通して以来、明治後期(1901年~12年)にはほぼ全国に鉄道路線が敷設されていました。

その後第1次世界大戦によって、軍用としての鉄道が重用され、蒸気機関車の性能は大幅に向上、長大な貨車を牽引する強力機関車や、都市間を短時間で結ぶための高速機関車の開発競争が激化しました。
時はあたかも新世紀。鉄道に限らず機械文明に対する人々の関心は高く、巨大な鉄の塊が轟音と共に疾走する姿は驚異と畏怖の対象となったのです。

そんな中、フランス育ちのスイス人作曲家アルチュール・オネゲル(1892-1955)が、やはり近代文明の象徴である映画のために書いた音楽がありました。
映画のタイトルは「鉄路の白薔薇」といい、蒸気機関車が牽引する急行列車が疾走する場面が数多く登場するため、列車の走行を描写した音楽を書いたのです。当時はまだ映画はサイレントの時代で、音楽も映画館で生演奏するために小編成で、しかも効果音も兼ねた描写的な音楽が数多く作られたのです。

その後、オネゲルはこの音楽を元にして、当時最も速かった蒸気機関車の名をとった「パシフィック231」というタイトルの作品を作りました。「交響的運動(断章)第1番」というサブタイトルが付けられています。編成は3管の大編成に拡大され、より力強い音楽になりました。

ボイラーからの蒸気を全身に漲らせて動輪がゆっくりと回り始め、列車が駅を離れ、次第にスピードを上げていきます。速いストロークで軽快に飛ばし、田園地帯を疾走。やがてスピードはMAXに達し、すさまじい音をたて、駅の構内で轟音とともにブレーキをかけ、動きを止める。
文章だけではなんとも伝えようがないのがもどかしいところですが、音楽は描写的であると当時に美しく、蒸気機関車という機械の「騒音」を美しい「音楽」に変換することに成功しています。

「パシフィック231」というのは蒸気機関車の形式で、前輪2、動輪3、後輪1の配置になっているものです。英国式の愛称名で「パシフィック」と呼ばれ、また「2-C-1」とも表現されます。高速運転に適しており、急行用として各国で作られました。日本でも初代「つばめ」の牽引機だったC51、優美なフォルムから「貴婦人」と呼ばれ愛されたC57など、急行用蒸気機関車として活躍しました。
d0044222_2317225.jpg
2008.1.4 鉄道博物館
d0044222_2318188.jpg
2008.1.4 鉄道博物館
d0044222_23561523.jpg

d0044222_23575427.jpg

ジョージ・スチーブンソンが蒸気機関車を発明し、鉄道発祥の地であるイギリスにも素晴らしい作品があります。
生粋のロンドンっ子であるフィリップ・スパーク(1951-)は、英国式金管バンド(ブラスバンド)と吹奏楽を中心に数多くの作品を生み出していますが、その中に「オリエント急行」という作品があります。
全体の流れは「パシフィック231」とほぼ同じで、輝かしい序奏のあと、機関車が動き出し、楽しい汽車の旅が始まります。田園や町を走りぬけ、華やかな大都会の駅に滑り込み、機関車が停まって旅は終わる。というストーリー的な作品ですが、オネゲルの作品に比べ明るく楽しい音楽になっています。

私はこの曲は何度も聴き、また演奏したこともありますが、技術的な難しさが気にならない楽しい曲で、吹くたびに心の中で「汽車の旅」を楽しんでいたものです。「オリエント急行」というタイトルではありますが、私はイギリス各地の保存鉄道に乗っているような素朴でのどかな音楽に感じます。また、この曲を聴いていると、巨大で無骨な、というより「きかんしゃトーマス」のような愛らしい「汽車」のイメージが湧いてくるのです。

d0044222_23594317.jpg

[PR]
by borituba | 2015-10-14 22:40 | おんがく | Comments(0)

黄京急「追っかけ」

先週の金曜日、京急を撮りに行きました。
比較的早く出かけて、湘南新宿ラインで横浜へ、デト君でも撮れたら儲け物とまずは神奈川新町へ。デト君は撮れませんでしたが、下りに黄京急が入ってきました。

d0044222_22135623.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線神奈川新町駅
見ると今日はなんとエア急です。これは粘って何枚も撮れるかと、神奈川新町を切り上げて定番の仲木戸へ。
京急のHPに青京急と黄京急の運行情報のページができていました。京急は前はこういった情報はあまり公開しなかったんですが、あまりにも問い合わせが多く、インフォメーションがパンクしたのでしょう。
そのページによれば、青京急は1号も2号も日中はお休み。黄京急の方は14時台までエア急で新逗子と羽田空港の間を行ったり来たり。
そこでこの情報をもとに狙い撃ちすることに。
上の折り返しは失敗。羽田空港からの折り返しを待つ間に2000形復刻君をゲット。

d0044222_22503046.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_22523863.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_22384757.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
羽田空港からの折り返しを今度は慎重にゲット。

d0044222_22434525.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
腹ごしらえを済ませて折り返しの時刻に合わせて再び入場してゲット。これに乗って移動。
d0044222_22563389.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
川崎で普通に乗り換え。
d0044222_23004395.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線京急川崎駅
後続の普通で多摩川を渡り、六郷土手へ。黄京急が来る前に来た2000形復刻君をリハーサル代わりにゲット。
d0044222_23071193.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_23100950.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
羽田空港からの折り返しなので、程なく戻ってきました。画像は幕が切れていますが金沢文庫ゆき。これでエア急運用は御役御免ですね。
d0044222_23194282.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_23225843.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
[PR]
by borituba | 2015-10-12 22:04 | てつどう | Comments(0)

北品川駅のくねる京急、ホーム中ほどから撮るとこんな感じになりました。
d0044222_23403400.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
高架から駆け降りてくる垂直くねりと、ホームにかかるところでカーブする水平くねりが組合わさった「Wくねり」になります。ホーム端で垂直くねりを撮るよりタイミングが難しいですが、決まると最高にカッコいい画になります。
d0044222_00042436.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
短い4連もここなら画になります。
d0044222_00104449.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
ここは午後は逆光となるので後ろはかなり過露光になりますが、顔は影になり、ここにピントを置くとシャッタースピードが低めになるのでLEDがきれいに決まります。
d0044222_00222133.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00243172.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
d0044222_00271147.jpg
2015.10.9 京浜急行電鉄本線北品川駅
[PR]
by borituba | 2015-10-10 23:34 | てつどう | Comments(0)