<   2012年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今日は一度は行きたいと思っていた根津神社のつつじを見に行きました。
d0044222_012659.jpg
2012.4.30
境内のつつじは早咲きは満開、遅咲きも7分くらい咲いていました。各品種が今を盛りと咲き誇るさまは壮観で、流石は東京を代表するつつじの名所です。
d0044222_045963.jpg
2012.4.30
d0044222_052647.jpg
2012.4.30
d0044222_055422.jpg
2012.4.30
d0044222_063526.jpg
2012.4.30
d0044222_07459.jpg
2012.4.30
d0044222_073270.jpg
2012.4.30
d0044222_082689.jpg
2012.4.30
こんな変わり咲きの品種もあります。通常種と比べるとその形の面白さがわかります。
d0044222_0103785.jpg
2012.4.30
d0044222_011892.jpg
2012.4.30
桜が終わり、つつじの季節を迎えて、東京はやっと本格的に暖かくなりました。つつじが終わると菖蒲やあやめ、そして季節も初夏へと移ってゆきます。
d0044222_0145066.jpg
2012.4.30
d0044222_0151252.jpg
2012.4.30
d0044222_0255963.jpg
2012.4.30
by borituba | 2012-04-30 23:32 | はな | Comments(0)

3月10日の東武東向島です。

10000系後期車の区間準急がやってきました。浅草-北千住間各停で、日中は浅草-北千住間普通と交互に運行されて、日中10分間隔のダイヤを形成しています。一部のスペーシアまで停めるということになった東京スカイツリー開業以降はどのようなダイヤになるのか注目ですが、いずれにせよ浅草駅には6連までしか入れないので、車両の運用はあまり変わらないのでしょう。
こちら伊勢崎線筋では10000系の更新は初期車からになっていて、後期車はまだシールドビーム・行灯・下枠交差のままになっています。東上本線とは逆になっているあたり「元は別会社」の名残りが21世紀の今も残っています。
d0044222_2346024.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
まあ、路線の規模から言っても総延長から言っても伊勢崎線の方が東武の「本線」なんですが、なぜかこちらはただ「伊勢崎線」で(今は「スカイツリー線」と言うらしいですね)、飛び地支線のような東上線は「東上本線」なんですよね。やっぱり気分は別会社なんでしょうか?
以前せんげん台あたりで撮ったとき、特急・快速以外の通勤列車の大半が乗入れ列車で驚いたことがありましたが、北千住-東武動物公園までの区間はさしずめ「地下鉄伊勢崎線」の様相です。その乗入れ車の主力、東急2代目5000系とメトロ08系の急行が続けて登場。この天候ではここまでが限界。また寒くてこれにて退散しました。
d0044222_23591246.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_23594573.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_001925.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_004299.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
by borituba | 2012-04-25 23:32 | てつどう | Comments(1)

3月10日、ドン曇りの東向島です。

伊勢崎線特急「りょうもう」が来ました。HID、シングルアームということで完全新製の250系です。注意して聞いていると250系だけはVVVFインバータ制御なので走行音が違います。
d0044222_19302441.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_19314369.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
そのあと来た区間快速は天候の関係か前ぱんで来たのですが、痛恨の失敗。ウラはおさえましたが、惜しかったなぁ。
d0044222_1934251.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
「りょうもう」は撮了間際にもう1本来ました。こちらはシールドビーム、下枠交差パンタということで、DRC1720系の足回りを受け継いだ200系であることがわかります。走行音も界磁添加励磁制御と抵抗制御の併用なので、京急2000形に近いくぐもった音になります。
d0044222_19392597.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
d0044222_1939592.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
by borituba | 2012-04-24 19:40 | てつどう | Comments(1)

3月10日、両国の東京都慰霊堂に詣でたあと、浅草で腹ごしらえして東向島で東武線を少し撮りました。

雨は一応上がりましたが、ドン曇りのままで画も冴えませんが、なんとかカッコはつきました。
10000系初期車の6両固定編成。東上本線とは逆にこちらから先に更新が始まっています。珍しい黒地のフルカラーLEDはまだしも、この取って付けたような貧相なスカートはなんとかならないかなぁ。単なるアクセサリーとしても貧弱だし「排障器」としての実用性も限りなくゼロに近い…
d0044222_22384957.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
ウラも決まりました。10000系の付番は上2ケタが号車番号(1~6号車)、真ん中が編成両数(この場合は「6」)、下2ケタが編成番号(これは6両固定の第7編成)になっています。
d0044222_22443180.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
こちらはメトロ8000系。伊勢崎線浅草口から東武8000系がいなくなったので、混同することはなくなりました。
d0044222_22464888.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
こちらもウラが決まりました。6000系以降の4ケタの車両形式は上2ケタが号車(1~0)、下2ケタが編成番号(この場合第11編成)と至ってシンプルです。増備の都合や先行開業、相互乗り入れの都合などで中抜けになっているケースもありますが、10連を基本に付番されています。
d0044222_22525431.jpg
2012.3.10 東武鉄道伊勢崎線東向島駅
by borituba | 2012-04-23 22:53 | てつどう | Comments(0)

3月3日、東急世田谷線を撮りながら下高井戸にやってきました。

世田谷線の降車ホームは自由通路を兼ねており、京王線のホームに隣接しています。ホームが切れたところから京王線の上り列車が撮れます。ただし撮っている場所は完全に日陰で寒いので、この日は少しだけ撮って退散しました。しかし短時間だったにもかかわらず京王線の役者たちが一通り撮れたのでシメとしてはまあ良かったです。
京王の新主力9000系の本線準特急です。日中の特急に「準」の字がくっついてずいぶんになりますが、今だに来るたびに「準急か特急かどっちじゃ!」とツッコんでいます。どうせなら「快速急行」とかにしたほうが速そうにみえるんですが…
d0044222_2228074.jpg
2012.3.3 京王電鉄京王線下高井戸駅
同じく9000系の都営線乗入れ急行。
d0044222_22331924.jpg
2012.3.3 京王電鉄京王線下高井戸駅
ついに最古参になってしまった7000系。幕車も更新で少なくなり、そして独特の「京王字体」も消滅してしまったようです。
d0044222_223669.jpg
2012.3.3 京王電鉄京王線下高井戸駅
9000系都営線乗入れ急行もう一丁。京王線の急行灯はくっきりしていてとてもカッコ良く見えますね。またフルカラーLEDの輝度も高くてキレイです。
d0044222_22531218.jpg
2012.3.3 京王電鉄京王線下高井戸駅
トリは8000系の準特急。桃の節句の世田谷ぶらぶら鉄、これにて撮了です。
d0044222_22571046.jpg
2012.3.3 京王電鉄京王線下高井戸駅
by borituba | 2012-04-22 22:57 | てつどう | Comments(2)

3月3日の東急世田谷線です。

今日は300形のラストナンバー、水色の310号車です。
d0044222_2128589.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_21295988.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_213249.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_2135870.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_21355421.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
by borituba | 2012-04-20 21:36 | てつどう | Comments(1)

3月3日の東急世田谷線、各色のご紹介です。

今日は「もうひとつの復刻君」304号車です。
d0044222_20213632.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_20234675.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
これが「もうひとつの復刻君」だとわかる方は立派な「昭和おじさん&おばさん」です。
今や東急の電車といえば「銀色」ですが、鋼製車両、いま渋谷駅のハチ公の前に車体が置かれている初代5000系「青ガエル」までの東急の車両はグリーン一色に塗装されていました。こどもの国線(現・横浜高速鉄道)で走っていた3400系1編成を除いて、塗色は変更されず、、またツートン化されるようなこともなく、生涯緑一色でした。そして世田谷線(かつての玉川・砧線)も、200形「ペコちゃん」(塗装は昨日ご紹介した301号車に復刻)以外の車両はすべて緑一色だったのです。2001年に鋼製車両が全車両引退(駅のバリアフリー化、ホーム高床化に伴い300形に一気に置き換えられました)から12年。東急伝統の緑をまとった唯一の車両として「復刻ペコちゃん」301号車と共に三軒茶屋と下高井戸の間を走っています。
d0044222_205515.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_20594553.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_2101482.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
by borituba | 2012-04-19 21:00 | てつどう | Comments(1)

3月3日の東急世田谷線です。

今日は世田谷線のお目当て「玉電復刻君」301号車です。300形のトップナンバーが往年の玉川線(玉電)の名物電車で「ペコちゃん」の愛称で親しまれた200形の塗装に復刻されています。昔の東急の車両に必ずあった「T.K.K」ロゴも再現されています。
d0044222_20444854.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_20473188.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_20485784.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_20501148.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_20503755.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_20512369.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
300形は200形と同じく連接車両になっています。そのせいかフォルムがかなり違うにもかかわらず、復刻塗装がよく似合います。
d0044222_20545419.jpg
2012.3.3
by borituba | 2012-04-18 21:35 | てつどう | Comments(2)

3月3日の東急世田谷線です。

今日はオレンジの309号車です。
d0044222_20275390.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_20304399.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_2032029.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_20331524.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_20335254.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
by borituba | 2012-04-17 20:34 | てつどう | Comments(0)

3月3日、なかなか去らぬ寒気がゆるみ、少し春らしい陽気になった桃の節句の東急世田谷線です。

カラフルな300形。今日は春の菜の花を思わせるイエローの306号車です。
d0044222_2052380.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下駅
d0044222_2063653.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_2075288.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_2085033.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線山下-松原間
d0044222_2095299.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
d0044222_2012577.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線松原駅
原則起終点のみ開放する出口ドアは両開きのプラグドアになっていて、このように開きます。
d0044222_20154589.jpg
2012.3.3 東京急行電鉄世田谷線下高井戸駅
by borituba | 2012-04-16 20:16 | てつどう | Comments(1)