<   2010年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

初代1000形最後の5年間の特集です。

大師線のお正月吉例の干支ヘッドマークを付けて初詣客を5分間隔のピストン輸送を務めます。
700形が2005年11月に引退したため、干支ヘッドマーク初代1000形1500形になった2006年(戌年)から撮影しています。
d0044222_2343482.jpg
2006.1.6 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
当時はまだ初代1000形の方が多数派で、産業道路駅では初代1000形同士の並びがまだまだ余裕で撮れました。
d0044222_23465189.jpg
2006.1.6 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
2007年(亥年)からは元日に撮影に行くのが吉例になりました。この年から2009年(丑年)までは2種類のヘッドマークが作られました。元日の運用は初代1000形4・1500形2でした。産業道路駅の並びも2種のヘッドマークを交互に撮ることもできました。
d0044222_23565368.jpg
2007.1.1 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
d0044222_2358041.jpg
2007.1.1 京浜急行電鉄大師線京急川崎-港町間
d0044222_2359890.jpg
2007.1.1 京浜急行電鉄大師線京急川崎-港町間
2008年(子年)元日初代1000形1500形3編成づつとなりました。産業道路初代1000形同士の並びが撮れたのはこの年が最後となりました。
d0044222_054029.jpg
2008.1.1 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
d0044222_07493.jpg
2008.1.1 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
d0044222_0905.jpg
2008.1.1 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
2009年(丑年)は、カメラが故障中で、2種類のヘッドマークを付けた初代1000形は撮れませんでした。また、元日の運用でついに初代1000形と1500形の数が逆転、残り2編成となった初代1000形の並びは撮れなくなりました。なんとデビューしたばかりのお銀ちゃんまで入っていてファンを驚かせました。
d0044222_015276.jpg
2009.1.25 京浜急行電鉄大師線京急川崎駅
そして、今年2010年(寅年)。ヘッドマークは1種類に戻り、初代1000形は2編成が入りましたが、間に2本づつ1500形が入り、並びは撮れなくなりました。初代1000形最後のお正月晴れ姿です。
d0044222_0225677.jpg
2010.1.1 京浜急行電鉄大師線京急川崎駅
d0044222_0241658.jpg
2010.1.1 京浜急行電鉄大師線東門前駅
d0044222_0255462.jpg
2010.1.1 京浜急行電鉄大師線港町駅
d0044222_0263195.jpg
2010.1.1 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
by borituba | 2010-06-30 23:36 | てつどう | Comments(0)

初代1000形引退記念特集です。

今日は2005年夏大師線です。当時の大師線700形が最後の活躍をしていました。かつての本線の名脇役も残り4連3本となり、日中は2本入って、もう1本は初代1000形、というパターンが多かったと思います。
d0044222_21443518.jpg
2005.7.21 京浜急行電鉄大師線産業道路-小島新田間
そんな中、700形狙いで大師線には何度か通いました、その時にもちろん初代1000形も撮っています。小島新田駅の直前に単線になるあたり、今は連続立体化工事で風景が一変していますので、着工前の記録としても貴重になりました。
d0044222_21534570.jpg
2005.7.21 京浜急行電鉄大師線産業道路-小島新田間
d0044222_21554887.jpg
2005.7.21 京浜急行電鉄大師線産業道路-小島新田間
そこから一駅歩いて、産業道路駅の踏切の一つ手前の踏切で。
d0044222_21591382.jpg
2005.7.21 京浜急行電鉄大師線産業道路-小島新田間
d0044222_2159583.jpg
2005.7.21 京浜急行電鉄大師線産業道路-小島新田間
産業道路駅ホーム。700形を追いかけていたので、700形の後に来る初代1000形まで待ったのでしょう。ここでも撮っていました。とにかく当時は700形本命で、初代1000形「ついで」という感じでした。この時点ではそれから5年足らず初代1000形が引退するとは思いもよりませんでした…
d0044222_228172.jpg
2005.7.21 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
d0044222_2285393.jpg
2005.7.21 京浜急行電鉄大師線産業道路駅
by borituba | 2010-06-29 22:09 | てつどう | Comments(0)

今週は「さらば初代1000形週間」としまして、思い出の彼方へと走り去っていった初代1000形の在りし日の活躍の姿をご紹介していきます。

今日は2005年の画像から。撮り鉄を始めた初期の撮影です。

結局最後まで生き残った1243編成1345編成は、比較的早い時期に撮影していました。
1243編成5月八ツ山に行くために降りた北品川駅のホームで入ってきたところを撮ったのが最初でした。直前まで八ツ山の大カーブがあるため、ゆっくり進入してきましたが、これが快特だったら、このあたりでノッチが入り、モーター音が「ギューン」と一段高くなり、トップスピードへと一気に加速していくところです。
d0044222_1955226.jpg
2005.5.4 京浜急行電鉄本線北品川駅
1345編成の方はそれから1ヶ月、八ツ山で撮ったのが最初でした。
d0044222_20184610.jpg
2010.6.12 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
この頃は初代1000形100両以上残っていて、行けば大概撮れたものでした。
d0044222_2025305.jpg
2010.5.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
d0044222_2028994.jpg
2010.5.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
d0044222_2029056.jpg
2010.5.27 京浜急行電鉄本線品川-北品川間
by borituba | 2010-06-28 20:30 | てつどう | Comments(0)

ついに京急初代1000形引退の時を迎えました。

昭和35年(1960年)デビューから半世紀に渡って活躍、最後の編成となった1305編成1345編成40年近く京急の主力として走り続けてきました。京急の、というより日本の私鉄を代表する名車がその役割を終えようとしています。
前面3枚窓貫通型というオーソドックスの典型と言っていいフォルム抵抗制御の究極と言っていい軽やかな加減速鮮やかな京急レッドに一寸のブレもないまっすぐな白帯…何度乗っても飽きのこない電車らしい電車だったと思います。
そして全車両が無傷、事故廃車なしで引退していったことがこの名車の最大にして最高の勲章だと思います。まさに「無事是名馬」を地で行く生涯であった思います。
d0044222_11521072.jpg
2010.5.20 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_1202552.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄大師線鈴木町駅
物心ついたときからに白帯のとても速い電車に魅せられて40年あまり京急には常にこの電車の姿がありました。来月からは「初代1000形のいない日常」が始まるのだ、という寂しさだけでなく、人生の中でなにか大事なものをなくしたような喪失感のようなものまで感じています。
d0044222_1284098.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄大師線鈴木町駅
d0044222_12103534.jpg
2010.5.20 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
弊ブログでは開設初期から折々の初代1000形をご紹介してきました。今ご紹介しているのは5月の画像ですが、あとほぼ1ヶ月分のストックがありますので、それまでは在りし日の初代1000形の姿をご紹介していきます。また、引退に伴って今回から1000形「初代1000形」N1000形「2代目1000形」と表記することにします(タグは変更しませんので「1000形」タグは初代を表します)。
by borituba | 2010-06-27 12:15 | てつどう | Comments(1)

5月18日六郷土手です。

このころになると、1000形以外の普通は撮らなくなりました。800形1500形普通はいくら撮ってもキリがないので、そのときは一休みにして、1000形快特・エア急の撮影に集中することにしていました。
ダイヤ改正前はここでカブられることは少なかったのですが、改正後は普通がカブるケースがあり、その時はタイミングよく並びそうなときは組み合わせはどうあれ撮ってみることにしました。
d0044222_2014405.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_20165562.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
1000形がやってきました。1243編成川崎で折り返してしまいましたが、1345編成品川ゆきで来ました。1500形普通とドンピシャに並び、品川へと上って行きます。
d0044222_20441055.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_2045028.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_2046420.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
仲木戸だとさすがに戻りを待つわけにもいきませんが、ここなら普通でも小一時間も待てば戻ってくるので、上りホームに移って戻りを待ちます。折り返しは新逗子ゆき、こちらも800形ドンピシャに並びました。
d0044222_20515191.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_20524626.jpg

by borituba | 2010-06-25 20:53 | てつどう | Comments(1)

5月18日六郷土手に戻ります。

ダイヤ改正の最大の売り物である空港輸送の充実をPRするため、2100形第2編成(2109編成)ラッピングされて走っていました。
d0044222_22293055.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_22313154.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
A快特なのでわりと早く戻ってきます。下り列車ホーム端からタテ構図で狙うと、なかなか角度も良く、顔もキレイに収まってイイ感じです。
d0044222_223514100.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
by borituba | 2010-06-24 22:35 | てつどう | Comments(0)

仕事で回っているコースの途中に、きれいな紫陽花がたくさん咲いていました。
d0044222_2048221.jpg
2010.6.22
d0044222_2049284.jpg
2010.6.22
大輪手毬型に混じって、ガクアジサイもキレイです。
d0044222_20511358.jpg
2010.6.22
d0044222_2052343.jpg
2010.6.22
小ぶりな花は、花びら(実はがく)が大きくて大輪とはまた違った美しさがあります。
d0044222_20542911.jpg
2010.6.22
仕事が済んでの帰りがけ、見事なガクアジサイを見つけました。
d0044222_20562036.jpg
2010.6.22
d0044222_20565691.jpg
2010.6.22
d0044222_20572596.jpg
2010.6.22
by borituba | 2010-06-23 01:23 | はな | Comments(0)

ダイヤ改正直後5月18日六郷土手です。

朝ラッシュの終わり間際、A快特品川止まりで12連です。六郷土手駅は鉄橋を渡りきったところでゆるくカーブしているため12連は収まりませんが、8連の主編成は収まるので青京急2号はこのようにカッコがつきます。
d0044222_1955493.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
その後のSH快特8連です。かつては川崎まで空港特急を連れてきていたはずですが、エアポート急行になったので全行程8連になりました。日中SH快特の行先はほとんどが高砂になりましたが、京成のダイヤの都合で一部列車は青砥止まりになっています。
d0044222_19174048.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
12連A快特の最終便です。12連で上って来たA快特は、ラッシュ終わり以降は回送となって折り返すため、この時間帯は2100形が不足します。そこでこのように他の形式が助っ人に入りますが、それでお銀ちゃんというのはどうもなんだか損したような気分になります…
d0044222_1923462.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
これもN1000形による代走A快特です。
d0044222_19274256.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
by borituba | 2010-06-22 19:29 | てつどう | Comments(0)

仲木戸でダイヤ改正後の様子を撮った翌5月18日、今度は六郷土手で上下の列車を撮ってみました。

エアポート急行が停車するようになって停車する列車が増えた仲木戸に比べ、六郷土手普通だけの停車でほとんど変わりはありません。
しかし、来る車両は変わりました。4連で来ていた空港特急が姿を消し、エアポート急行8連でやってくるようになりました。
d0044222_2127100.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_213543.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
エアポート急行で一番目立つ組み合わせはお銀ちゃんとアルミ車の組み合わせ同車種でありながらカラーが全く違うので、別々の形式を混結しているように見えます。1465編成(お銀)と1425編成(アルミ)のコンビです。
d0044222_21112486.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_2112511.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_21131294.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
かつては快特専用車で一日中ここを通過していた2000形8連2100形にその座を譲ってからはラッシュが終わるとお昼寝でしたが、エアポート急行の登場でにわかに活躍の場が広がって、かつてのように終日本線上で見られるようになりました。
d0044222_21202561.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_21214974.jpg
2010.5.18 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
by borituba | 2010-06-21 21:22 | てつどう | Comments(1)

5月17日の仲木戸です。

エアポート急行には、1500形・2000形・N1000形の8連編成のほかいままで空港特急に充当されていた4連を2つ繋げた8連が走っています。
d0044222_1433757.jpg
2010.5.17 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_14344646.jpg
2010.5.17 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_14361998.jpg
2010.5.17 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_14384280.jpg
2010.5.17 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
d0044222_14401341.jpg
2010.5.17 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
今度の改正で一つ不安に思っていたことは、大手私鉄のダイヤ改正を機によく行われる車両の入れ換えがあって、1000形が一気に引退してしまうのではないかということでした。しかし、京急は概ね代替の車両が営業運転に入ってから対象車両を引退させるので、今回の改正では車両の引退はなく、今しばらく姿を見ることができるようです。
d0044222_1447320.jpg
2010.5.17 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
by borituba | 2010-06-20 14:47 | てつどう | Comments(0)