<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

久しぶりに西武線(3)

西武中村橋、しめくくりは各種乗り入れ車両です。

今回の撮影で気が付いたことは、東京メトロ7000系が大幅に減っていることでした。和光市-みずほ台-中村橋と撮り歩いてきて、7000系に会ったのは和光市中村橋で1度づつだけ。Yマークを付けた有楽町線専用編成は1度も見ませんでした。
d0044222_2342251.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
その代わりどこでも頻繁に来たのが10000系です。増備が進み、日中の運用はかなりの数が10000系になってきました。西武線では乗り入れ車の多くが練馬から先準急快速になるため10連が多く、そのためか10000系準急快速外側通過線に来ることが多くなっています。
d0044222_23213371.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_23253066.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
一方、西武車6000系の一本かぶりになっていますが、大半の編成が前面の輪郭が白い「馬鹿殿君」になっています。
d0044222_23292455.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_2351452.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
馬鹿殿化は当初はステンレスの0番台だけでしたが、副都心線開通のころからアルミの50番台馬鹿殿化が始まり、いまや「非馬鹿殿」アルミ車の一部新宿線にいる地下鉄非対応車だけになっています。そんな中、数少ない非馬鹿殿6052編成が来ました。非馬鹿殿車有楽町線専用編成で、東京メトロ7000系東武9000系のトップナンバーと同様「Yマーク」が付けられています。急行で来たので今日は地上勤務のようです。
d0044222_23475341.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
[PR]
by borituba | 2010-01-30 22:47 | てつどう | Comments(0)

久しぶりに西武線(2)

西武中村橋駅の撮影、今日は30000系「すまいる君」の登場です。

デビューから1年、30000系は新しい西武線の顔として定着しました。昭和の電車に代表される消えゆく車両に心を寄せる私にとって、新型車両というのは敵役になるのが本来ですが、この「すまいる君」は今までの車両の固定観念を打ち破る斬新なフォルム名車101系を受け継ぐ乗り心地の良さもあって、来るとうれしくなる車両の一つです。
d0044222_20434559.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_20454224.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
30000系は現在、池袋・新宿の両線均等に増備する方針のようで、片方の線で爆発的に増備されるということはないようです。しかし、両線の事情の違いによって運用には若干違いがあるようです。新宿線には10両固定20000系が多く、普通用の8連が少ないので本編成のみで普通運用が多く、池袋線には8両固定3000系が多いので、増結用2連を繋いでの急行準急での運用が多いようです。
d0044222_2242171.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
そんな中、先頃登場した8連第7編成は、まだ相方の2連がないため、主に普通での運用になっています。今後、増備が進むにつれさまざまな運用のヴァリエーションが出てくるものと思われます。
d0044222_2284079.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_2292385.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
[PR]
by borituba | 2010-01-29 20:19 | てつどう | Comments(0)

久しぶりに西武線

東上線を撮了し、今度は西武池袋線へ。これまた久しぶりでした。

小竹向原まで戻り、西武線乗り入れの列車で中村橋へ。このころから雲が広がって陽が翳ってきました。いつもは逆光上りは完全無視ですが、今回は上りも撮れます。さっそく来たのはレッドアロー
レッドアロー片方が来ると程なく逆方向も来るので、下りを撮るとすぐ上りがやってきます。しかしこの10000系という車両、カラーリングのせいかキレイに撮るのがすごく難しく、何度撮ってもしっくりきません。
d0044222_21391684.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_2144986.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
レッドアローはすべての列車に優先するので、上り石神井公園で先行列車を追い越します。ここまで各停準急練馬まで通過なので、レッドアローに抜かれたあと、比較的すぐにやってきます。これは下りも同じで、下りレッドアロー練馬で抜いた準急がほとんど続行状態でやってくるのです。
上り6000系「馬鹿殿君」新木場ゆき。アルミ車の6050番台馬鹿殿化が進んでいます。下り「エコカー」9000系所沢ゆきです。土・日・休日池袋線は省エネ効果の高い9000系がフル稼働になっていて、いわば「節電モード」。時間帯によっては「9000系祭り」と化しています。
d0044222_22175873.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_2219533.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_22194282.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
d0044222_22221019.jpg
2010.1.23 西武鉄道池袋線中村橋駅
[PR]
by borituba | 2010-01-28 21:09 | てつどう | Comments(0)

久しぶりに東上線(3)

東武東上線みずほ台での撮影、古豪8000系でしめくくりました。

8000系は民鉄で最も多く作られた車両です。その数なんと712両!日本第2位の路線距離を持つ東武ということで、ほぼ全線に渡って運用され、トップナンバーデビューした1963年から1983年まで20年間もの間増備が続いた非常に長生きの車両です。その重要なファクターは当時の先端技術を大胆に採用した先進性で、Tc・T車の静かさと乗り心地の良さは現在も衰えることなく、電車の省エネ化によって引退が始まっていますが、今なお600両近くが現役で活躍しています。
フォルムは先行した地下鉄日比谷線乗り入れ用の2000系(すでに引退)がベースで、更新改造が始まるまで同じ顔の車両が増備され続けたため、この顔が北関東のどこでも見られるようになりました。吊り掛け車のアコモデーション改造車である5000系も車体は8000系と同じフォルムになっています。
登場から四半世紀を過ぎたころから、順次更新改造を受け、まず顔が大きく変ったほか、時々の最新技術に基づく改造が施されています。

最初にやってきたのは準急です。これは幕がLEDになっているヴァージョンですが、最初期の単色タイプのため明度が低く、順光ではほとんど潰れてしまいます。
d0044222_22503373.jpg
2010.1.23 東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
続いては急行。こちらは通常の幕ヴァージョン。LED実用化前に改造された比較的初期の改造車です。
d0044222_22544815.jpg
2010.1.23 東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
最後は東上線に2本だけ残った前面未改造車です。厳密に言えば最初期に更新改造された編成は顔を改造されておらず、登場当時のフォルムを維持しています。更新改造は2007年をもって終了し、未改造車は引退し、初期改造車も順次引退していったため、一時代を築いたこの顔の車両は8111・8112の6連2編成だけになっています。この日は8112編成が走っていました。
d0044222_23101572.jpg
2010.1.23 東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
d0044222_23104728.jpg
2010.1.23 東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
[PR]
by borituba | 2010-01-26 23:11 | てつどう | Comments(0)

久しぶりに東上線(2)

久しぶりの東武東上線みずほ台で下車して、川越寄りの踏切で撮り始めます。

成増から準急各停になるので、普通有楽町・副都心線乗り入れ列車一部の川越市始発だけになります。このあたりになると急行もスピードが上がり、かなり速く感じます。
まずは10000系10000系は現在の主力通勤車ですが、初期車後期車ではフォルムがかなり違います。まず前照灯と尾灯の配置後期車は横初期車は縦になっています。また前面窓の寸法後期車は縦長になっています。側面コルゲーション初期車は昔ながらの細かいのに大して、後期車軽量ステンレスになってコルゲーションが少なくなっています。私はより古風なフォルム初期車の方が好きです。
d0044222_2031546.jpg
東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
d0044222_2033652.jpg
東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
珍しく9000系が「地上勤務」で急行で運用されていました。有楽町線乗り入れ用一期生としてデビューした9000系も、車齢25年を超え、現在有楽町線専用になっているトップナンバーを除き全車両が各種更新を受けています幕はフルカラーLEDになり、前照灯がHIDランプに交換されています。東武HIDがお気に入りのようで、伊勢崎線「りょうもう号」用の200系などと共に各種車両が続々HID化されています。
d0044222_20463988.jpg
東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
こちらは副都心線に入る普通渋谷ゆき和光市から急行に化けます。9000系としては「本来業務」になります。
d0044222_20503552.jpg
東武鉄道東上本線みずほ台-鶴瀬間
[PR]
by borituba | 2010-01-25 20:50 | てつどう | Comments(2)

久しぶりに東上線

昨日は久しぶりとなる東武東上線を撮りに出かけました。

地元でありながら、あまり撮っていなかったのは、車両のバリエーションがあまりなく妙味に欠けるのと、都内区間でいい撮影ポイントがないのが大きな要因です。
仕事で走っているうちに、埼玉県内にはかなり撮れそうなところがありそうに見えたので、いままで行っていなかった朝霞台以遠へ行ってみることにしました。
まずは有楽町線和光市へ。乗ってきた東京メトロ10000系西武6000系が並びました。西武車東京メトロ車の両数の差の関係でこのような「他社線内運用」が発生しますが、それでもライバルといっていい東武線の駅に西武車が顔をだすのはものすごく不思議な光景に見えます。
d0044222_2316260.jpg

2010.1.16 東京地下鉄有楽町線(副都心線)和光市駅
東京メトロ7000系副都心仕様の8連編成が入ってきました。8連編成は基本的に東上線には入らず、地下鉄区間だけの運用になっています。
d0044222_23171828.jpg
2010.1.16 東京地下鉄有楽町線(副都心線)和光市駅
ちょうど急行が来たので、今まで定番ポイントにしていた朝霞台をスルーして志木まで行き、普通でその先へ向かいます。2つ目のみずほ台で下車。ロケハンをかねてホームから少し撮ってみます。
最初に来たのは9000系コルゲーションが少ない50番台です。和光市までは普通ですが、地下鉄に入ると急行に化けるヤツです。東武地下鉄から乗り入れてきた列車の優等列車化を認めておらず、和光市以遠はすべて普通になってしまいます。
d0044222_23281330.jpg
2010.1.16 東京地下鉄有楽町線(副都心線)和光市駅
続いて、8000系急行が颯爽と通過していきます。民鉄史上最も多く作られ、長らく東武通勤車両の不動の主力だった8000系も、序々にその数を減らしていますが、まだまだ多くが活躍を続け、急行や準急としても運用されています。ただ、ほとんどが更新改造を受けて顔つきが全く変わっており、オリジナルは今や6連2本がここ東上線に残るのみになっています。
d0044222_23365387.jpg
2010.1.16 東京地下鉄有楽町線(副都心線)和光市駅
次に来たのは目下東上線の最新車両50090系準急です。地下鉄乗り入れ用ではなく、池袋森林公園・小川町を最速で結ぶ東上線初の有料列車「TJライナー」用として投入されました。関東民鉄では初となる本格的L/Cカーで、日中ロングシートで準急や急行で走り夕方になるとクロスシートに変身してTJライナーになります。TJライナーの時は専用のヘッドマークを付けて走りますが、夕ラッシュ以降の運行のため、今の時期はかなり撮りづらく、春以降の撮影で撮りたいと思っています。フォルムは先行の50000系列とほとんど変りませんが、TJライナーであることを示す青い帯が加えられており、それまでの車両に比べ精悍な感じになっています。
d0044222_23511728.jpg
2010.1.16 東京地下鉄有楽町線(副都心線)和光市駅
[PR]
by borituba | 2010-01-24 22:16 | てつどう | Comments(1)

不作だった日曜日、生麦を撮了して、鶴見にも行きましたがこれといった画は撮れず。とうとう川崎までやってきてしまいました。

大師線を2回に渡って撮りましたが、川崎駅ではあまり撮っていなかったので、大師線ホームからの出入りを撮ることにしました。
この日も大師線は5分間隔で、2つのホームを使っての臨時ダイヤでした。先週同様1500形×5に1000形×11500形が入ってきました
d0044222_23253418.jpg
2010.1.17 京浜急行電鉄本線京急川崎駅
そこに1000形が手前側のホームに入ってきました。
d0044222_23284327.jpg
2010.1.17 京浜急行電鉄本線京急川崎駅
片方に列車が入ると、ほどなくもう1本が発車します。発車した瞬間を撮るとホームをはさんでいますがドンピシャに並びます。
d0044222_23314199.jpg
2010.1.17 京浜急行電鉄本線京急川崎駅
ヘッドマークをつけた1000形を収めて大師線の「補遺」を打ち上げました。
d0044222_23334127.jpg
2010.1.17 京浜急行電鉄本線京急川崎駅
撮了して本線ホームへ上がると、川崎折り返しの1500形普通が引揚線でスタンバイしています。そこへ2代目600形のSH快特が入ってきました。ドンピシャに並んだところを1枚収めてこの日は撮了です。
d0044222_23383545.jpg
2010.1.17 京浜急行電鉄本線京急川崎駅
[PR]
by borituba | 2010-01-23 23:13 | てつどう | Comments(0)

1月17日の京急:生麦

日曜日京急へ。大師線の撮影も一段落したので、本線中心に南から入りました。

湘南新宿ライン横浜に入り、普通川崎方向に向かいました。最初は仲木戸で撮ろうと思いましたが、光線状態もイマイチで、カブりも目立つので、早々に退散。生麦に向かいました。
途中新子安1000形とすれ違い。こういう日は不作のことが多いので、あまり期待せずに生麦で撮り始めました。
生麦駅山側ホームだけ島式2線になっていて、海側に相対式ホームが1面あり、下りのみ快特待避駅待避する普通山側2番線に、待避しない列車海側1番線に停車していましたが、現在はラッシュ時を除きすべて山側2番線に停車するようになりました。
そのためかつては1番線到着の普通快特同様に撮れましたが、それがなくなってしまったので普通はホームに入ってくるところか、停車中を撮るかのどちらかになってしまいました。
d0044222_22432043.jpg
2010.1.17 京浜急行電鉄本線生麦駅
それでも1本1000形が来てくれました。発車する瞬間を狙って1枚撮ることができました。全体に不作になりそうなので、これでよしとしなければなりません。
d0044222_22484082.jpg
2010.1.17 京浜急行電鉄本線生麦駅
[PR]
by borituba | 2010-01-22 22:49 | てつどう | Comments(0)

成人の日京急、最後は本線の1000形です。

撮り始めてまもなく1375編成がやってきました。ドン曇りなので上りも撮れましたが、せっかくなのでこれが戻ってくるまで粘ってみることにします。
d0044222_20315218.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
d0044222_20332473.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
待ちながら撮っていますと、もう一本1348編成が来ましたが、これが戻ってくるまではさすがに撮れそうもないので、1375編成1本に賭けることにしました。
d0044222_20373440.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
待つこと約1時間、かなり暗くなってようやく戻ってきました。普通なので低めのシャッタースピードでもなんとか撮ることができました。
d0044222_20411866.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
カメラを構えたあたりで「ぴろりろぴろぽん」が鳴り始めました。快特の通過です。ダメモトで逆方向を撮ると、2100形A快特との並びが決まりました。シャッタースピードも出て、最後の最後で「奇蹟の1枚」になりました。
d0044222_20462144.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
[PR]
by borituba | 2010-01-21 20:46 | てつどう | Comments(0)

六郷土手で最初に来たのは「普通車一代」800形です。
d0044222_21535885.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
そこへ上り快特お銀ちゃんが駆け込んで来て、発車直後の800形と並びました。
d0044222_21575092.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
六郷土手駅では、時々こうして下り普通上り快特が並びます。N1000形普通が入ってきたところに快特通過の「ぴろりろぴろぽん」が鳴り響きました。
d0044222_226494.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
ぴろりろ~」が響く中、今度は2100形A快特がほぼフルスピードで通過普通と並びました。
d0044222_2295818.jpg
2010.1.11 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
[PR]
by borituba | 2010-01-19 22:10 | てつどう | Comments(0)