<   2007年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

国境の駅ファイナル-2

六郷土手の続編です。
今日は並びの3連発。800形普通から。
d0044222_2312685.jpg
2007.9.28 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
続いては800形と1500形。800形はトップナンバーです。
d0044222_23153538.jpg
2007.9.28 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
800形普通が着いたところへN1000形特急が通過。こうして並べてみると、京急の車両の丸みを帯びたフォルムが「伝統」であることがよくわかります。
d0044222_23342465.jpg
2007.9.28 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
by borituba | 2007-09-29 23:05 | てつどう | Comments(0)

9月最後の撮影は六郷土手へ。2ヶ月にわたって集中的に撮った朝の京急も、今朝で一区切りとなります。ある意味「卒業制作」のような気持ちで撮りました。
d0044222_2383086.jpg
2007.9.28 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
今日は先日と違ってピーカンの晴れ。橋のトラスの影がどうなるかなと思いましたが、思いの外気になりません。2000形の特急羽田空港ゆき。なんと8連編成です。
d0044222_23165063.jpg
2007.9.28 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
この編成の折り返しは川崎止まりの「区間快特」。川崎からは回送になってしまいます。
d0044222_23204931.jpg
2007.9.28 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
一方、新逗子始発の都営5300形運用の特急泉岳寺ゆき。泉岳寺に着くとすぐ回送で折り返して新町区でしばしお昼寝。夕方になると三崎口へ回送されて、ネットワークのほぼ全線を走り通す特急成田ゆきになります。さしずめ「居残り当番」のようです。
d0044222_23245849.jpg
2007.9.28 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
by borituba | 2007-09-28 22:58 | てつどう | Comments(0)

「いつのまにか咲いている」ヒガンバナ。ご近所でも続々花開いています。
d0044222_23481277.jpg
2007.9.27
今年もこの時期に咲き、秋の訪れを告げてくれました。
d0044222_23552566.jpg
2007.9.27
d0044222_23555936.jpg
2007.9.27
by borituba | 2007-09-27 23:43 | はな | Comments(0)

中秋の名月

昨日は中秋の名月でした。
d0044222_124393.jpg
2007.9.25
手持ちの機材では月はきれいに写りませんが、不思議なシルエットになりました。
d0044222_1248236.jpg
2007.9.25
月に雲がかかって、光が乱反射したのか、ちょっと面白い形になりました。「怪我の功名」でした。
d0044222_12501168.jpg
2007.9.25
by borituba | 2007-09-26 12:50 | なんちゃってアート | Comments(0)

久しぶりに「京急以外」

連日京急を撮っていたため、京急以外の車両を撮るのはとても新鮮です。
六郷土手と鮫洲で撮った帰り、池袋に着くと、「スペーシアきぬがわ」が入ってきました。登場から1年半、すっかり池袋でもなじみになりました。
d0044222_229232.jpg
2007.9.19 埼京線(湘南新宿ライン)池袋駅
一方、埼京線に入ってきた205系です。思えば205系はあまり撮っていないな…これからはこうした電車も折を見つけて撮らなければいけません。
d0044222_22131643.jpg
2007.9.19 埼京線池袋駅
by borituba | 2007-09-24 21:45 | てつどう | Comments(2)

路傍の花

平和島の歩道沿いの植え込みに咲いていた花です。
d0044222_23311411.jpg
2007.9.19
接写してみると、オレンジと黄色の鮮やかな花。とてもキレイです。
d0044222_23323878.jpg
2007.9.19
d0044222_23345060.jpg
2007.9.19
ところが、例によって名前も種類もわかりません。どなたかご教示ください。
d0044222_23363238.jpg
2007.9.19
by borituba | 2007-09-22 23:29 | はな | Comments(3)

国境からの帰り道

六郷土手からの帰り道、平和島で野暮用を済ませてホームに上がると、下り普通が到着、上りはしばらく来ないのでカメラを取り出すと、快特は青京急2号でした。結構ツイてるようです。
d0044222_2354319.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線平和島駅
平和島から普通に乗って鮫洲で途中下車。横浜方ホーム端で下りの並びを狙いましたが、普通は800形ばかりで、並んだ方は北総7500形や京成(2代目)3000形と妙味なく不作でした。
d0044222_0243551.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線鮫洲駅
そこで、普通がいない時の下り通過列車と、カブリの少ない上りの通過列車を狙います。するとにわかに妙味が出てきました。大好きなN1000形の009(ジョー)編成が来ました。
d0044222_0353190.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線鮫洲駅
上りにはエアポート快特、京成3500形がやってきます。(2代目)3000形の増備で4連がだぶついてきたため、こちらは4連×2の8連に仕立てて本線特急やエアポート快特に投入されています。よく見ると、手前の4両はパンタグラフが元のひし形ですが、奥の4両はシングルアームに付け替えられています。3500形は更新時期によって細部が微妙に違うのだそうです。
d0044222_0512550.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線鮫洲駅
続いてA快特は第4編成「横須賀が好き!」号。
d0044222_05839.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線鮫洲駅
これが品川から戻ってきて、大カーブを越えていよいよダッシュにかかります。これを撮って撮了です。
d0044222_15424.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線鮫洲駅
by borituba | 2007-09-21 23:48 | てつどう | Comments(0)

国境の駅にて?-2

六郷土手での撮影の続編です。
昨日ご紹介した1000形特急が行ったあと、下りに1000形が今度は快特でやってきました。これも同様に川崎からは普通になり、金沢文庫ゆきとなります。
d0044222_2212261.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
この「区間快特」が行ったあとにはすぐ王道の快特がやってきます。↑の快特が普通に変身するので、こちらは川崎で追い抜いて横浜へと爆走を続けます。
d0044222_23103390.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
やはり昨日ご紹介した1000形特急の折り返し(普通浦賀ゆき)を撮るために上りホームへ移動します。12連が収まるのは知っていましたが、この時間に2000形12連快特があるとは思いませんでした。
d0044222_2226142.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
ラッシュアワーの終わりを告げる1000形普通。行きに蒲田ですれ違っていたので、戻りをゲットできました。案外早く戻ってきました。
d0044222_22283452.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
10時を回って12連時間が終了、快特は8連になりました。「青京急1号」606編成がやってきました。
d0044222_2231213.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
行きに品川で撮った1000形8連の急行は、押上から折り返してくると品川止まりで回送となります。これを撮って今回の六郷土手を撮了しました。
d0044222_2236288.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
by borituba | 2007-09-20 22:37 | てつどう | Comments(1)

今日は六郷土手駅で撮りました。
ここは以前ロケハン程度の撮影しかしていなかったので、本格的な撮影は初めてといっていいでしょう。
六郷土手へ向かう前に、品川駅に入ってきた1000形急行をゲット。今日は1267編成。12連が入っていなかったおかげで決まりました。
d0044222_23284540.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線品川駅
その後やってきた特急で平和島、待避していた800形普通で六郷土手に降り立ちます。ズームを使わず広角だけで撮ると特徴ある顔が強調されて面白い画になりました。
d0044222_23355780.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
さて、いよいよ撮影開始。今日はドン曇りで光線がフラットになり、上下とも撮れます。早速やってきた1500形快特。
d0044222_23432046.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
1000形3兄弟のうち2本は帰ってしまい、品川で撮った1267編成が戻って来るまで40分くらいあります。とりあえずロケハンかな…と思ったら、鉄橋の向こうに1000形6連の姿。「普通かな?」と思っていると「通過」の警報音が鳴り始めました。「?」と思って撮ったら「特急・羽田空港」思わぬ1000形の晴れ姿に感激です。
d0044222_011372.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
後で時刻表を調べると、この列車は浦賀から川崎までは普通でコトコトとやってきて、川崎で突如特急に豹変、川崎-蒲田間を走り抜けた後はまた普通に戻るという、数奇な運用です。今朝この運用を務めていたのは毎度おなじみの1357編成。800形が普通運用に専念している関係で1000形が起用されているようです。さて、帰りはどうなるかな?と思ったら、帰りは普通浦賀ゆきで戻ってきました。
d0044222_0261549.jpg
2007.9.19 京浜急行電鉄本線六郷土手駅
by borituba | 2007-09-19 22:43 | てつどう | Comments(0)

京急は横浜まではJRの海側をほぼ平行して、横浜からは東京湾岸から三浦半島の丘陵地帯を縫うように南下していきます。蒲田付近まではほぼ真南に、そこから南西に向きを変えますが、横浜からはまた南に向きを変えます。そこからは海岸沿いへ出るのを避けるように大きく蛇行しながら丘陵地帯を進みます。
そのため、京急沿線はほとんどが下り線が順光、上り線は逆光になります。しかし、横浜以南で場所を選ぶと、数少ない上りの順光ポイントがあります。それがこの杉田付近です。
d0044222_21432157.jpg
2007.6.21 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
このポイントは、杉田駅を出て、富岡方向に少し歩いた踏切になります。踏切からなので安全度は確実ですが、山陰になるのと、海が近いので雲の流れが早く、光線はやや不安定です。
d0044222_21582784.jpg
2007.6.21 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
ここは検車区のある金沢文庫が近いため、1000形との遭遇率が非常に高いところです。1000形普通は新町や川崎までの区間運転が多いので、その多くの起点である文庫の近くはしばしば「1000形祭り」になります。また、夕方の1000形快特も、夏至前後の陽の長い時期には撮れます。
d0044222_2274969.jpg
2007.7.27 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
d0044222_22114215.jpg
2007.7.27 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
d0044222_2213101.jpg
2007.7.27 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
杉田付近は京急、というより1000形を撮るためのポイントと言えましょう。日中の単調なダイヤの中でも結構楽しめます。

京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間(杉田第2踏切)
光線…☆☆☆
角度…☆☆☆☆☆
カブリ…時々あります。
安全度…☆☆☆☆☆
総合…☆☆☆☆
(☆5つで最高)
by borituba | 2007-09-18 20:07 | てつどう | Comments(0)