昨年700形が引退して、京急1000形は現役最古参になりました。後継のN1000形の増備が進んでいるため、序々に数を減らしています。しかし、夏の三浦半島へのアクセスに長年活躍してきたせいか、夏空の下の1000形はまだまだ往年の輝きを保っているような気がするから不思議です。
d0044222_22462691.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
昼下がりの神奈川新町駅。通過待ちの1000形普通が停まっています。新町では乗務員が交代します。代ったばかりの運転士さんが行程の確認でしょうか、何かに眼を落としています。白黒で撮ってみました。
d0044222_22544349.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄本線神奈川新町駅
絶妙なロケーションの生麦駅。下りの島式ホームに1000形普通が快特の通過待ちで入ったところに、上りホームにも1000形普通が入ってきました。普通停車位置は進行方向の端になることがおおいのですが、このホームは駅の構造上出口階段が横浜方に偏っているので、上り電車も横浜寄りに停車します。それでこんな並びが撮れました。
d0044222_2334062.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄本線生麦駅
[PR]
by borituba | 2006-08-31 23:03 | てつどう | Comments(0)

今日は久しぶりに京急に行ってきました。
ここのところは京成方面に力を入れていて、横浜口には3ヶ月以上ご無沙汰をしていました。2100形「青京急」に会うのも久しぶりでした。
d0044222_22301485.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
京急に来ればやはり狙いは1000形。懐かしい「文庫」幕の1275編成です。1000形は日中は川崎以南での運用が多く、撮るなら八ツ山や新馬場よりこちらのほうがいいようです。
d0044222_232470.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄本線仲木戸駅
新町を経て、生麦へきました。かつて叔母の家を訪ねるときに何度も乗り降りした駅ですが、ほぼ30年ぶりに降り立ちました。その間に駅は大改装され、下りのみ待避駅になりました。下りホームは本線と副本線(待避線)が相対式になっていて、副本線側ホームは島式で上りホームと一緒。という特殊な形になっています。生麦駅はかつては急行停車駅だったので、ホームは8連に対応しており、6連普通が入っていても後ろにかなり余裕があるので、安全に撮ることができ、しかも絶対カブらないので、下り線の撮影には最良のロケーションになっています。N1000形4連を後につけて12連になった1500形快特もご覧の通りきっちり収まります。
d0044222_23132857.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄本線生麦駅
ひとしきり撮った後1000形普通で川崎へ、大師線に寄り道。鈴木町で撮りました。夏空に聳える巨大な送電線の下を1000形が行き来しています。昭和の面影を色濃く残すこの情景はやがて大師線の地下化で見られなくなるので、今のうちにきちんと撮っておきたいものです。
d0044222_23165734.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄大師線鈴木町駅
川崎からは運良く1000形普通が来たので、それに乗り込んでゆっくりと帰ります。途中の新馬場で降り、乗ってきた1000形1291編成の折り返しを撮って今日は撮了しました。
d0044222_23203025.jpg
2006.8.29 京浜急行電鉄本線新馬場駅
[PR]
by borituba | 2006-08-29 23:24 | てつどう | Comments(4)

ご近所の猫-3

庭で撮った茶トラ君です。
ウチの界隈には茶トラ猫の家系があり、ウチにも何匹か出入りしています。
d0044222_21412891.jpg
2006.8.22
実は私の家は代々猫好きで、私が子供の頃は10匹以上の猫が常にいました。昨年秋に最後の一匹が死んで、現在は「飼っている」状態の猫はいませんが、開放的な日本家屋のこと、一宿一飯…ばかりか、一冬の住処に選ぶのもいて、時々こうして出くわします。
おととしの夏、ウチで飼っていた茶トラの男の子が2歳で死んでしまいました。その子は一度だけ盛りがついたのですが、この茶トラ君、年恰好といい顔といいその子に瓜二つ。ひょっとすると「忘れ形見」なのかもしれません。
[PR]
by borituba | 2006-08-26 22:35 | どうぶつ | Comments(2)

ご近所の猫-2

暑い日が続いていますね。
夏毛とはいえ毛むくじゃらの猫さんにとって夏は受難の季節。しかし猫さんたちはその天才的な本能で風通しの良い日陰を見つけては暑い日中をだらだらと過ごしています。
猫さんに限らず野生動物が腹を見せて寝るのは完全にリラックスしているしるし。猫さんの場合はだら~っと伸びていることが多いです。
d0044222_2334289.jpg
2006.8.21
しかしコイツはちと伸びすぎです。白と黒のバランスが良く、近所では評判のイケメン君なんですが、こうのびきってると、イケメンも形無しです。
d0044222_23332911.jpg
2006.8.21
[PR]
by borituba | 2006-08-24 23:34 | どうぶつ | Comments(2)

夏-雲2

雲の画像、今日は近所で撮った雲です。
d0044222_17182823.jpg
2006.8.19
千川駅付近の表通りは、地下鉄有楽町線の開通と同時に共同溝化されて、電柱がなくなりました。こうして空を広く見ることができるようになったのです。ちぎれ雲が流れていきます。
[PR]
by borituba | 2006-08-22 17:37 | ふうけい | Comments(0)

ご近所の猫-1

我が家の近所には猫さんがいます。
いずれもノラさんですが、猫好きのお宅のご厄介になって、なかなか毛のつやも良く、お気楽に日々をおくっています。
d0044222_2119302.jpg
2006.8.21
この三毛さんがこの辺で一番の美人さんです。ちょっと太めではありますが、まあ、あまり遠くへ出歩かないのと、どちらかといえばのんびりやのようなので、のびのび育っているようです。
[PR]
by borituba | 2006-08-21 21:22 | どうぶつ | Comments(1)

夏-雲

今年の夏は、入道雲が目立ちます。
鉄道ばかり撮っていると、こうした大きな風景を見逃してしまいがちです。列車が来るのを待つあいだ、ふと空を見上げると、もくもくと逞しい入道雲が立ち上っています。
d0044222_22321880.jpg
2006.8.19
八広駅で撮っているとき、荒川の向こうに白い雲がたなびいていました。広い河川敷と夏空、雄大な光景です。
d0044222_22343224.jpg
2006.8.7
地上はうだるような油照り。巨大な送電線の向こうに巨大な雲。こうして撮ってみると陰影が刻一刻変化して、専門に撮っている人がいるのもわかります。
d0044222_22394446.jpg
2006.8.19
[PR]
by borituba | 2006-08-19 22:39 | ふうけい | Comments(2)

東急大井町線

東急大井町線は、元は目蒲電鉄(旧目蒲線を建設した)が支線として大岡山-大井町間を建設したところから始まります。実はこの目蒲電鉄が今の東急の元祖となる路線であり、この後東横電鉄と池上電鉄を買収し、東急の路線網が整備されていきます。
すでに昭和4年の段階で二子玉川まで開通していましたが、戦争中の昭和18年、玉川線(玉電)の二子玉川-溝口間を改軌の上、大井町線と接続し、二子橋を併用軌道で渡っていました。これが現在の田園都市線の原点となります。その後昭和38年に路線の名称も「田園都市線」に改称(ここで初めて「田園都市」の名前が付けられました)、伝統の「大井町線」の名前が消滅します。
d0044222_035675.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄大井町線緑が丘駅
その後、田園都市線は長津田を経て中央林間まで伸び、玉電を地下線化した新玉川線が開通し、都心へのアクセス路線が完成。大井町-二子玉川間は分離され、大井町線の名称が復活します。
そして現在、東急は東横線、目黒線、田園都市線という3本線体制となり、大井町線はその3つだけでなく、旗の台で池上線とも接続し、東急の路線を南北に繋ぐ柱としての役割がいっそう強くなったのです。
d0044222_020530.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄大井町線緑が丘駅
最近では、一部の列車は田園都市線溝口まで直通するようになり、かつての路線が復活しています。ゆくゆくは日中にも直通車が走るようになるとのことです。そのため現在、前面の帯を大井町線のラインカラーであるオレンジと赤のグラデーションに順次変更しています。
d0044222_0263868.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄大井町線緑が丘駅
また、土日・祝日のみ二子玉川-溝口を急行運転する列車があるため、乗り入れ用(帯変更車)は「各停」の幕を掲出しています。
d0044222_0344423.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄大井町線尾山台-等々力間
将来は大井町線内の急行運転も計画されています(停車駅は自由が丘、大岡山、旗の台に決定)。そのための準備として等々力、旗の台の改良・待避線設置工事が計画され、旗の台駅の改良は進行中です。
d0044222_0404062.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄大井町線尾山台-等々力間
[PR]
by borituba | 2006-08-18 23:18 | てつどう | Comments(0)

今日は久しぶりに東急に行ってきました。
東急は、東京メトロ南北線・都営三田線との相互乗り入れ開始をきっかけに路線系統の改革を行い、旧目蒲線を多摩川で分割、目黒-武蔵小杉間の「目黒線」に、多摩川-蒲田間を「多摩川線」に、形式的に二子玉川で別線になっていた新玉川線二子玉川-渋谷間を田園都市線に統合し、東急の「タテヨコ」の関係を整理しました。
それに伴って今まで「都会のローカル線」的な扱いだった大井町線が、3つの「本線」を繋ぐ線として注目され、一部列車が田園都市線溝口まで乗り入れを開始、ゆくゆくは終日田園都市線への乗り入れや、沿線各駅の整備と急行運転の開始など、将来の話題豊富な路線です。
そんな中、大井町線ではいつの間にか最古参になってしまった8000系のトップ編成が活躍しています。
d0044222_23225699.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄大井町線緑が丘駅
東横線を走る8000系は、前面強化を機に黒と赤の帯が貼り付けられ、いわゆる「カブキ顔」になっていますが、大井町線の8000系は赤一本帯で、すっきりした顔になっています。大井町線唯一の8000系としてがんばってきた8001編成ですが、東横線の2代目5000系増備にともなって、8500系8590番代が流れてくるようなので、いつまで見られるかが微妙になってきたようです。
d0044222_23345764.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄大井町線尾山台駅
一方、東横線には8連5編成が健在です。各停・急行・特急とすべての運用に今も活躍していますが、最近2代目5000系の増備が急ピッチで進んでおり、置き換えのペースが早まりつつあります。東急の車両のベースとして、長年活躍してきた8000系にも、終焉の時が近づいてきたのは間違いがないようです。車両の系統としては後継車といっていい9000系と並びました。
d0044222_23423952.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄東横線都立大学駅
帯が外されてデビュー当時の姿に戻されている8039編成です。都立大学駅はロケーションが最高で何度か訪れていますが、相性が悪いのかなぜか行く度にコンディションが悪く、なかなかイイ画が撮れない「難所」になっています。今日も陽が出たり隠れたりで露光の変化が激しく、シャッタスピードが難しかったのですが、この「銀無垢君」だけは奇跡的にグッドコンディションで決まりました。
d0044222_23485159.jpg
2006.8.17 東京急行電鉄東横線都立大学駅
[PR]
by borituba | 2006-08-17 22:56 | てつどう | Comments(1)

半年以上ぶりの「昭和の電車グラフィティ」です。
京成3600系は昭和57年デビュー。3500系に続く「銀電」第2号ですが、3500系ではセミステンレス(6両のみオールステンレス試作車)であったのを、当時最先端の軽量オールステンレス車両としました。
d0044222_1916301.jpg
2006.5.8 京成電鉄京成線日暮里駅(常磐線ホームから撮影)
3500系は切妻ののっぺりした顔でしたが(却ってそれが愛嬌のある「びっくり顔」になりました)、3600系では全面貫通扉がわずかに張り出した折妻になり、貫通扉腰部に大きな種別幕が取り付けられました。この種別幕は京成の標準となり、3700系列まで、また更新車両もこの種別幕になりました。ライトは当時流行の前照灯と尾灯が同じサイズになり、このスタイルが赤電の更新時にも採用されています。
d0044222_1950792.jpg
2006.8.3 京成電鉄京成線お花茶屋駅
d0044222_19541050.jpg
2006.8.7 京成電鉄京成線町屋駅
3600系は先頭車が制御車(クハ)のため、先頭車が制御電動車(クモハ)であることが条件の京急には入線できません。従って都営線には入れますが、全て西馬込ゆきになっています。
d0044222_2052521.jpg
2006.8.7 京成電鉄押上線八広駅
3600系のデビュー当時、京成の編成は普通4両、急行以上が6両でしたが、本線の輸送力増強のために8両化することになりました。3500系は4両固定でデビューしたため、2編成を組み合わせるだけで済んだのですが、6両固定だった3600系はパズルのような組替え作業の結果、8両の先頭車が余剰となりました。当初は4両を制御電動車(クモハ)化して(同時にVVVFインバータ制御に改造)、オールクモハという4連で普通運用についていましたが、あと2両の先頭車(3601と3608)の制御機を撤去して付随車(サハ)化して間に組み込んだ6連を作りました(従って、現在トップ編成が残っている形式で唯一トップナンバーが先頭車でなくなっています)。真ん中の2両を切り離すと牽引車として使用でき、また全て制御電動車のため3600系では唯一で京急にも入線可能できるため、2代目3000系の牽引のために金沢文庫まで入ったこともあります。レッドライン様のご教示によれば4Mc2Tという重装備のために加速がイイのも特徴で、一部のファンから「ターボ君」と呼ばれているのだとか。普通運用だけでなく、赤電と共にA33特急にも入ってきます。
d0044222_20424467.jpg
2006.7.13 京成電鉄京成線お花茶屋駅
京成の昭和の電車は、ほとんどが何らかの形で更新改造を受け、顔も変わったりしていますが、3600系だけは全車両が外観の改造がなく、登場当時の姿で走っています。芝山にリースされた3611編成も、帯の一部を変えただけで、形式番号もそのままになっています。
d0044222_20515277.jpg
2006.7.13 京成電鉄押上線八広駅
まだまだ赤電が元気に働いている現状では終焉はまだまだずっと先の3600系ですが、更新が行なわれていないためにこのままの形で一生を終えることになりそうです。
[PR]
by borituba | 2006-08-14 21:00 | てつどう | Comments(0)