カテゴリ:おんがく( 47 )

今日は尾高尚忠忌(1951)です。

40歳の若さで早世したため、また比較的保守的な作風であったため、今やその業績は忘れられかけていますが、遺された作品はいずれも生気に満ちた佳作であり、日本クラシック音楽の名曲として聴き継いでいきたいものです。

今宵は2つの協奏曲を聴いております。
まずは太平洋戦争末期の1944年に作られたチェロ協奏曲 Op.20です。戦時中の作品ということで、長らく埋もれた作品となっていましたが、この録音の独奏者岩崎洸によって蘇演されました。
私は以前、N響の定期公演で藤原真理さんの独奏、岩城宏之さん指揮でこの曲の演奏を聴いて、曲の瑞々しさと力強さに感動して長らく音源を探した思い出があります。
岩崎洸(チェロ)
日本フィルハーモニー交響楽団
若杉弘(指揮)
d0044222_23020505.jpg


もう一つはフルート協奏曲です。これは戦後常任指揮者をつとめていた新交響楽団(現在のNHK交響楽団)のフルート奏者だった森正からの委嘱を受けて小管弦楽と独奏のために書いた協奏曲をフル・オーケストラ用に改作したものですが、最後の1ページを残して急逝したため、門弟の林光によって完成し、林の姉で当時日本を代表するフルート奏者の林リリ子により初演されました。日本のフルート奏者の貴重なレパートリーとして定着しています♪
吉田雅夫(フルート)
NHK交響楽団
岩城宏之(指揮)
d0044222_23012311.jpg

by borituba | 2017-02-16 23:00 | おんがく | Comments(0)

今日はナット“キング”コール忌でもあります。1965年ですから、今年でもう52年になります。亡くなって半世紀以上にもなるのに、今だに聴き継がれているのは、やはり思いのこもった優しい歌心がいつの世も人の心を慰めるのでしょう。

わけても「モナリザ」「アンフォゲダブル」「スマイル」「スターダスト」「ザ・クリスマス・ソング」がベスト5でしょう。この歌々に何度も慰め、癒されて今こうして生きています。

今宵は没後40年の2005年に編まれたベストセレクション「ザ・ワールド・オブ・ナット・キング・コール」を聴いております。偉大な歌心に感謝をこめて。
合掌。
d0044222_23430041.jpg

by borituba | 2017-02-15 23:41 | おんがく | Comments(0)

今日2月15日はカール・リヒター忌です。
1981年ですから今年で没後36年になります。古楽全盛の今でも時代を超えて聴かれているのは、奏法とか様式とかを超えた「音楽の魂」が深く刻み込まれているからでしょう。

バッハの様々な作品の録音はすべて素晴らしいです。今宵は優れたオルガニストであったリヒターを偲びつつバッハのオルガン作品集を聴いております。

DGの「ORIGINAL」シリーズのアンソロジー3枚組です。1964年から最晩年の1978年までの録音が収められていますが、全体の白眉は1978年録音の下記の3曲です。

トッカータとフーガ BWV.538「ドーリア調」
コラール変奏曲「いざ来ませ、慈しみ深きイエスよ」BWV.768
バッサカリアハ短調 BWV.582

1970年代に入り、リヒターのバッハ作品の演奏はそれまでの造形的で手堅いアプローチから劇的でエモーショナルなアプローチに変化していきます。オルガン作品もスケールの大きなドラマティックな演奏になりました。また選ばれた作品もバッハのオルガン作品のなかでは規模の大きな劇的な作品で、特にBWV.768のコラール変奏曲は最大規模の、そして最大の難曲であり、オルガニスト、カール・リヒターの集大成というべき素晴らしい演奏です。

合掌。
d0044222_21360884.jpg

by borituba | 2017-02-15 21:34 | おんがく | Comments(0)

今日は伊福部昭先生のご命日です。
今宵はやはり先生の作品を聴いております。

d0044222_21471846.jpg

伊福部昭 作曲家の個展
シンフォニア・タプカーラ(1954/1979改訂)
管絃楽のための「日本組曲」(1991)

新日本フィルハーモニー交響楽団
井上道義(指揮)

1991年9月17日のサントリーホールでのライヴ録音。先生の代表作「タプカーラ」と先生がまだ北大で林業を学んでいた19歳で作曲した処女作「ピアノ組曲」を58年後の1991年、77歳の先生によって大管弦楽にアレンジした「日本組曲」。このライヴが初演です。

d0044222_21483817.jpg

ミレニアム・ゴジラ・ベスト
1954年の「ゴジラ」から1975年の「メカゴジラの逆襲」にいたる15本の東宝特撮映画音楽の聴きどころを凝縮した一枚。先生は音楽の作曲だけでなくサントラの録音ではオーケストラを指揮されて、音入れ編集にも立ち会われていたそうです。
ということで、東宝特撮映画音楽集は、立派な「伊福部昭自作自演集」でもあるのです。

d0044222_21493463.jpg

SF映画の世界(part1)
「伊福部昭百年紀」で未だ再構成されていない最大の作品が1959年の「日本誕生」です。東宝がその持ち駒をフルに使った空前絶後のオールスターキャストの超大作。音楽も全編にわたるコーラスや和楽器の参加などスケールが桁違いです。これも先生が指揮されている自作自演サントラです。
by borituba | 2017-02-08 21:45 | おんがく | Comments(0)

今日は芥川也寸志忌(1989年)です。
今宵は先生が手塩にかけて育てられた新交響楽団のCDを聴いております。
d0044222_23091215.jpg

芥川也寸志forever
芥川也寸志:
交響管絃楽のための前奏曲(1947)
交響三章~トリニタ・シンフォニカ(1948)
交響管絃楽のための音楽(1950)
絃楽のための三楽章~トリプティーク(1953)
交響曲第1番(1955)
エローラ交響曲(1958)
えり子とともに(1949・毛利蔵人編曲)
煙突の見える場所(1953)
猫と庄造と二人のをんな(1956・毛利蔵人編曲)
赤穂浪士(1964)
八甲田山(1977)

新交響楽団
山田一雄(指揮・交響管絃楽のための前奏曲)
飯守泰次郎(指揮)

「交響管絃楽のための前奏曲」は伊福部昭門下で作曲を学んでいた東京音楽学校(現・東京藝術大学)時代の作品で、先生の在世中には演奏されず、没後1年後の新交響楽団の追悼公演で初演された「幻の処女作」。これはその貴重なライヴ録音です。
その他の曲は1999年7月にサントリーホールと田園ホール・エローラ(埼玉・松伏町)で行われた没後10年記念の連続公演のライヴ。私はサントリーホールの公演を生で聴いております。
サントリーホールでは「交響三章」から交響曲第1番まで、松伏町では「エローラ交響曲」と映画音楽が演奏されました。
すべて先生の代表的な作品で、先生所縁の新交響楽団が心のこもった素晴らしい熱演です。芥川先生の作品入門としてもお薦めします。
合掌。
by borituba | 2017-01-31 23:07 | おんがく | Comments(0)

今日はプーランク忌です。
先だってプレートル忌とプーランク生誕祭が続いて、プーランクをずいぶん聴いておりましたが、改めて聴きましょう。
d0044222_22001415.jpg

プーランクが自ら初演を想定して書き上げながら、急逝のため実現しなかったオーボエ・ソナタ(初演はピエール・ピエルロとジャック・フェヴリエ)とクラリネット・ソナタ(初演はベニー・グッドマンとレナード・バーンスタイン!)。今宵は現代フランスを代表するフランソワ・ルルー、ポール・メイエ、エリック・ル・サージュで。オーボエ・ソナタはプロコフィエフ、クラリネット・ソナタはオネゲルという、亡き友に捧げられた曲ですが、奇しくも初演がプーランク自身の追悼になってしまいました。
d0044222_22010499.jpg

オーボエ・ソナタの初演をプーランクに代わって弾いたフェヴリエとプーランクが組んだ(初演もこの二人)「2台のピアノのための協奏曲」。プレートル指揮のパリ音楽院管弦楽団との競演です。
…合掌。
by borituba | 2017-01-30 21:58 | おんがく | Comments(0)

私を素晴らしきクラシック音楽の世界にいざなってくれた往年の名盤が続々CDに復刻されて21世紀に蘇っています。
その中で私がクラシック音楽駆け出しの頃、最も「お世話になった」のはユージン・オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団の名盤の数々でした。
今回は最近復刻され、再びその名人芸に触れることができるようになった名盤をいくつかご紹介します。

d0044222_21284203.jpg
はげ山の一夜~ロシア管弦楽曲名演集
タイトルの「はげ山の一夜」(ムソルグスキー作曲・リムスキー=コルサコフ編曲)を筆頭にロシア味にあふれた名曲を集めた小品集。オーマンディ/フィラデルフィアの最大の魅力である豊かな語り口とすばらしく上手いアンサンブルを堪能できる一枚です。全曲の白眉はグリエールの「赤いケシの花」の「ロシアの水兵の踊り」。一糸乱れぬアンサンブルがメロディが繰り返す度に速度を増し、プレスティッシモ(猛スピード)まで一気呵成に登り詰めるさまはまさにデモーニッシュ。狂気すら覚える戦慄の3分半!
d0044222_22033191.jpg
チャイコフスキー:三大バレエ名場面集
オーマンディのチャイコフスキーはどの曲も折り紙つきの名演ですが、中で最もすばらしいのが「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠りの森の美女」の「三大バレエ」です。三つともに定番の組曲がありますが、ここではオーマンディ独自の選曲による抜粋になっていて、曲順はバレエのストーリーに合わせて並べ替えられています。
d0044222_22184329.jpg
クロード・ドビュッシー:交響詩「海」、「牧神の午後への前奏曲」、「夜想曲」
d0044222_22305034.jpg
展覧会の絵&ボレロ~ラヴェル名演集
意外に知られていませんが、フィラデルフィア管弦楽団はフランスのオーケストラに近いスタイルのオーケストラです。全体に明るく透明度の高い音色、フットワークの軽い軽快なアンサンブル、偏りのない絶妙のバランス…こうした特徴から、フィラデルフィア管弦楽団は重厚なドイツの大交響曲より、ロシアやフランスの華やかな小品に向いていると言えます。
そこでおすすめしたいのがラヴェルとドビュッシーです。どちらも音色の透明度命、色彩感と語り口も必要となれば名演にならないわけがありません。
二つのアルバム共通の注目は音抜けのいい管楽器、中でもオーボエとコールアングレがすばらしいことです。オーボエは当時のフィラデルフィアの看板だった名人ジョン・デ・ランシー。コールアングレはクレジットがないので名はわかりませんが、すばらしい使い手であることは間違いありません。

by borituba | 2015-10-25 21:13 | おんがく | Comments(0)

音楽と鉄道

d0044222_23153115.jpg
2008.1.4 鉄道博物館
音楽と鉄道が私の趣味の柱であることは間違いありませんが、その二つに接点があるのか?というと数少ないながらあるのです。

鉄道を描いた音楽というものがいくつかあります。

19世紀に発明された鉄道は、20世紀初頭には世界各国で交通の主役として興隆します。日本でも明治5年(1872年)10月14日に新橋-横浜間が開通して以来、明治後期(1901年~12年)にはほぼ全国に鉄道路線が敷設されていました。

その後第1次世界大戦によって、軍用としての鉄道が重用され、蒸気機関車の性能は大幅に向上、長大な貨車を牽引する強力機関車や、都市間を短時間で結ぶための高速機関車の開発競争が激化しました。
時はあたかも新世紀。鉄道に限らず機械文明に対する人々の関心は高く、巨大な鉄の塊が轟音と共に疾走する姿は驚異と畏怖の対象となったのです。

そんな中、フランス育ちのスイス人作曲家アルチュール・オネゲル(1892-1955)が、やはり近代文明の象徴である映画のために書いた音楽がありました。
映画のタイトルは「鉄路の白薔薇」といい、蒸気機関車が牽引する急行列車が疾走する場面が数多く登場するため、列車の走行を描写した音楽を書いたのです。当時はまだ映画はサイレントの時代で、音楽も映画館で生演奏するために小編成で、しかも効果音も兼ねた描写的な音楽が数多く作られたのです。

その後、オネゲルはこの音楽を元にして、当時最も速かった蒸気機関車の名をとった「パシフィック231」というタイトルの作品を作りました。「交響的運動(断章)第1番」というサブタイトルが付けられています。編成は3管の大編成に拡大され、より力強い音楽になりました。

ボイラーからの蒸気を全身に漲らせて動輪がゆっくりと回り始め、列車が駅を離れ、次第にスピードを上げていきます。速いストロークで軽快に飛ばし、田園地帯を疾走。やがてスピードはMAXに達し、すさまじい音をたて、駅の構内で轟音とともにブレーキをかけ、動きを止める。
文章だけではなんとも伝えようがないのがもどかしいところですが、音楽は描写的であると当時に美しく、蒸気機関車という機械の「騒音」を美しい「音楽」に変換することに成功しています。

「パシフィック231」というのは蒸気機関車の形式で、前輪2、動輪3、後輪1の配置になっているものです。英国式の愛称名で「パシフィック」と呼ばれ、また「2-C-1」とも表現されます。高速運転に適しており、急行用として各国で作られました。日本でも初代「つばめ」の牽引機だったC51、優美なフォルムから「貴婦人」と呼ばれ愛されたC57など、急行用蒸気機関車として活躍しました。
d0044222_2317225.jpg
2008.1.4 鉄道博物館
d0044222_2318188.jpg
2008.1.4 鉄道博物館
d0044222_23561523.jpg

d0044222_23575427.jpg

ジョージ・スチーブンソンが蒸気機関車を発明し、鉄道発祥の地であるイギリスにも素晴らしい作品があります。
生粋のロンドンっ子であるフィリップ・スパーク(1951-)は、英国式金管バンド(ブラスバンド)と吹奏楽を中心に数多くの作品を生み出していますが、その中に「オリエント急行」という作品があります。
全体の流れは「パシフィック231」とほぼ同じで、輝かしい序奏のあと、機関車が動き出し、楽しい汽車の旅が始まります。田園や町を走りぬけ、華やかな大都会の駅に滑り込み、機関車が停まって旅は終わる。というストーリー的な作品ですが、オネゲルの作品に比べ明るく楽しい音楽になっています。

私はこの曲は何度も聴き、また演奏したこともありますが、技術的な難しさが気にならない楽しい曲で、吹くたびに心の中で「汽車の旅」を楽しんでいたものです。「オリエント急行」というタイトルではありますが、私はイギリス各地の保存鉄道に乗っているような素朴でのどかな音楽に感じます。また、この曲を聴いていると、巨大で無骨な、というより「きかんしゃトーマス」のような愛らしい「汽車」のイメージが湧いてくるのです。

d0044222_23594317.jpg

by borituba | 2015-10-14 22:40 | おんがく | Comments(0)

最大のライバル

フルトヴェングラー熱はいまだ冷めません。
ベートーヴェンを聴いています。まずは定番の5番と7番。強烈です。すさまじい「間(魔)とタメの饗宴」…極限までタメられた気合いが五体を駆け巡る。まさしく「聴くかめはめ波」ですね。
ベートーヴェン:交響曲第5番&第7番
ヴィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

d0044222_17190160.jpg

一方こちらはフルトヴェングラーの最大のライバル、トスカニーニの代表盤。鍛えに鍛えた鉄壁のアンサンブル、しなやかな鋼のようなカンタービレ、すさまじい集中力。こちらはまさしく「聴く南斗水鳥拳」。
レスピーギ:ローマ三部作
NBC交響楽団
アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)

d0044222_17351353.jpg

どちらも素晴らしい演奏です。
by borituba | 2015-09-26 17:12 | おんがく | Comments(0)

お出かけのお供

今日はなんだかフルトヴェングラーを聴きたくなったので、お出かけのお供はブラームスに。
いや~、ぶっとばされました。
「デモーニッシュ」というのはこういうのをいうのですねえ。
ヨハネス・ブラームス:
交響曲全集
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

d0044222_19041575.jpg
2015.9.20
by borituba | 2015-09-20 19:01 | おんがく | Comments(0)