カテゴリ:どうぶつ( 46 )

恋の季節よ~

高戸橋で桜を撮っていたときのこと。

桜の枝にハトが二羽。どうやら大きい方が♂、小さい方が♀のようです。

♂「なあ~、姉ちゃん、茶~せぇへん?」
♀「え~、どないしょ~」
d0044222_812954.jpg
2011.4.10
♂「なあて~」
♀「兄ちゃんひつこいわ!」
d0044222_835243.jpg
2011.4.10
♂「なんでぇな~。茶~しよーやー」
♀「知らんわ!あっち行って!」
d0044222_853112.jpg
2011.4.10
というわけで、ハト君は振られてしまいましたとさ。
by borituba | 2011-05-20 08:06 | どうぶつ | Comments(1)

今日はお休み

今日は仕事も撮影もお休みです。
d0044222_2151465.jpg
2007.8.20 平和島
by borituba | 2007-08-26 21:47 | どうぶつ | Comments(0)

d0044222_22524093.jpg
2007.8.15

今日はお休み。

朝起きて、外に出ると、塀に這ったツタにせみのぬけがら。

小さいころ、見つけては箱に入れてひと夏ためたことがあったっけ。

いつのまにか気にも留めなくなって、

おとなといわれる歳になりました。

こんなに近くで見たのは何年ぶりだろう?

頭上ではセミの声。

このぬけがらは君のかい?

d0044222_233859.jpg
2007.8.15
by borituba | 2007-08-15 22:37 | どうぶつ | Comments(1)

蜘蛛

庭で紫陽花を撮っていたら、花の上に何か止まっていました。
d0044222_21234927.jpg
2007.6.12
よく見ると、クモでした。種類はわかりませんが、金色に輝くきれいなクモです。虫が来るのを待ち伏せているのか、ピクリとも動かずじっとしたままです。
実は昆虫やクモは肺がなく、腹にある気管から空気を取り入れているため、呼吸の時に体を動かさないで済むのです。
d0044222_21465615.jpg
2007.6.12
by borituba | 2007-06-29 21:20 | どうぶつ | Comments(2)

江ノ島の猫たち

江ノ島に来たのはずいぶん久しぶりです。
ここに来た目的は…猫さん。江ノ島の猫さんは人なつっこくて健康的。という話を聞いていたので、ぜひ一度お目にかかりたいものと、やってきました。
キツい上り坂を登りきり、展望台の入り口に、いましたいました。第一遭遇猫さんです。ちょっと長毛が混じったなかなか貫禄のあるキジトラと白です。
d0044222_23143972.jpg
2006.10.17
そのそばに同じような柄のがもう一匹。こちらは絵に描いたような日本猫、なかなか様子のイイキレイな猫さんですね。
d0044222_23171724.jpg
2006.10.17
登りはけっこうキツいですが、ゆっくり登ればなんとかなりました。しかし、下りになると突如「ヒザが笑い」ガクガクになってしまいました。こういうときです、歳を感じるのは…
ヘロヘロと下る途中、第三遭遇猫さんに逢いました。ミケさんです。この子が一番人なつこくて、なでなでされてころころと転がります。
d0044222_2322950.jpg
2006.10.17
d0044222_23222952.jpg
2006.10.17
ガクガクとするヒザをなだめながら下界に戻ってきました。商店街の中に茶トラさんがいました。さすが人里の猫さん、なでなでするとすぐにころん。しかし茶トラの猫さんは、すぐ「ころん」をします。意外に根性なしなんでしょうか…。
d0044222_2326959.jpg
2006.10.17
d0044222_23263266.jpg
2006.10.17
by borituba | 2006-10-19 22:59 | どうぶつ | Comments(3)

ご近所の猫-3

庭で撮った茶トラ君です。
ウチの界隈には茶トラ猫の家系があり、ウチにも何匹か出入りしています。
d0044222_21412891.jpg
2006.8.22
実は私の家は代々猫好きで、私が子供の頃は10匹以上の猫が常にいました。昨年秋に最後の一匹が死んで、現在は「飼っている」状態の猫はいませんが、開放的な日本家屋のこと、一宿一飯…ばかりか、一冬の住処に選ぶのもいて、時々こうして出くわします。
おととしの夏、ウチで飼っていた茶トラの男の子が2歳で死んでしまいました。その子は一度だけ盛りがついたのですが、この茶トラ君、年恰好といい顔といいその子に瓜二つ。ひょっとすると「忘れ形見」なのかもしれません。
by borituba | 2006-08-26 22:35 | どうぶつ | Comments(2)

ご近所の猫-2

暑い日が続いていますね。
夏毛とはいえ毛むくじゃらの猫さんにとって夏は受難の季節。しかし猫さんたちはその天才的な本能で風通しの良い日陰を見つけては暑い日中をだらだらと過ごしています。
猫さんに限らず野生動物が腹を見せて寝るのは完全にリラックスしているしるし。猫さんの場合はだら~っと伸びていることが多いです。
d0044222_2334289.jpg
2006.8.21
しかしコイツはちと伸びすぎです。白と黒のバランスが良く、近所では評判のイケメン君なんですが、こうのびきってると、イケメンも形無しです。
d0044222_23332911.jpg
2006.8.21
by borituba | 2006-08-24 23:34 | どうぶつ | Comments(2)

ご近所の猫-1

我が家の近所には猫さんがいます。
いずれもノラさんですが、猫好きのお宅のご厄介になって、なかなか毛のつやも良く、お気楽に日々をおくっています。
d0044222_2119302.jpg
2006.8.21
この三毛さんがこの辺で一番の美人さんです。ちょっと太めではありますが、まあ、あまり遠くへ出歩かないのと、どちらかといえばのんびりやのようなので、のびのび育っているようです。
by borituba | 2006-08-21 21:22 | どうぶつ | Comments(1)

上野動物園を訪ねたのは、いよいよ夏本番の7月。上野に限らずしろくま君はどこでも早くも夏バテ気味。やはり水の中がいいようで、ずーっと水の中で遊んでいました。北極の王者もこうしてみるとまあ可愛いものですね。
d0044222_12405647.jpg
2005.7.5 上野動物園

今年話題になった動物その2。「動かない」ことで有名になったハシビロコウです。
d0044222_1239593.jpg
2005.7.5 上野動物園

マウンテンゴリラは、ジャングル育ちのせいか蒸し暑さには負けませんが、直射日光は応えるようで、日陰を選んでは休んでいます。シルバーバックと呼ばれる雄の成獣はじーっとして沈思黙考しているように見えます。その姿はよく「哲学者」にたとえられますが、実は何も考えてなく、リラックス状態、つまりは寝てるのと同じらしいのですが…
d0044222_12395766.jpg
2005.7.5 上野動物園

東武動物公園では、内陸の動物園には珍しくアシカショーを行なっています。アシカ君はこの暑さにも元気一杯。水しぶきをあげてジャンプ一番!スポーツモードの機能をフル活用して撮った決定的瞬間でした。
d0044222_12414019.jpg
2005.7.29 東武動物公園

八景島では本館のショーステージの他に、別館でイルカを展示しています。シロイルカが目の前を横切った瞬間を一枚。愛嬌たっぷりの表情を収めることができました。
d0044222_12433136.jpg
2005.8.9 八景島シーパラダイス

カマイルカはバンドウイルカより小さく、すばしっこく水槽の中を泳ぎまわっています。なかなかうまく撮れませんでしたが、ときどき「休憩!」という感じで動きを止めることがあり、そこを狙っての一枚です。
d0044222_12451892.jpg
2005.8.9 八景島シーパラダイス

今年はデジカメでの写真撮影開始元年ということで、いろいろ試行錯誤の繰り返しでしたが、来年はこの経験を生かしてよりよい写真を撮りたいとおもいます。みなさまどうぞ良いお年をお迎え下さい。
by borituba | 2005-12-31 13:25 | どうぶつ | Comments(0)

6月後半から8月にかけて、動物園や水族館へ行きました。実は私は動物園・水族館が大好きで、機会あるたび訪ねています。動物はこちらの思い通りの動きをしてくれないので、一瞬の動きを逃がさず撮らなければなりません。そこが難しくも面白いところです。

一度行きたいと思っていた「ズーラシア」に行ったのは、梅雨の晴れ間というにはあまりに暑い6月の下旬。ここから「夏の動物園行脚」が始まりました。暑さには慣れっこのはずの象さんもさすがに急な暑さは応えると見えて、盛んに水浴びをしていました。
d0044222_17263790.jpg
2005.6.20 よこはま動物園「ズーラシア」

「ズーラシア」には象、虎、ライオンなど有名な動物に混じって、あまりなじみのない珍しい動物もいます。これはキノボリカンガルー。カンガルーというとぴょんぴょんと飛び回る姿を思い浮かべますが、これは飛び回らない代わりに前足も発達しており、主に木の上で生活しています。なーんて能書きはともかく、よく見ると、実にどうもご立派なものをお持ちです。「珍しいな」と思って撮っただけなんですが、帰ってPCに落としてみたら気がついた次第。失礼しました…
d0044222_17425656.jpg
2005.6.20 よこはま動物園「ズーラシア」

多摩動物公園の名物ライオンバス。ガラス1枚隔てて百獣の王の姿を観察できます。お腹が空いていなければ、ライオンもネコ科の一員。バスの中の「裸のサル」が珍しいのか直前まで迫ってきて、中にはこうして鼻面をくっつけてくるのもいました。
d0044222_17474138.jpg
2005.6.24 多摩動物公園

今年話題になった動物その1。レッサーパンダはジャイアントパンダの陰にかくれて目立たぬ存在でしたが、今年になって「立つ」姿がカワイイと大人気になり、レッサー君がいる動物園ではどこでも人々が足を止めるようになりました。また、待遇も良くなったようで、私は以前からレッサー君のファンだったので、この節の「復権」は嬉しい限りです。
d0044222_1802794.jpg
2005.6.24 多摩動物公園

多摩で一番目を引いたのがこのぺりかん君。なぜかはわかりませんが、私が撮るまでずーっとバタバタと羽ばたいては「クヮックワッ」と鳴いていました。今年の動物画像の中の文句なし、君がMVPですよ。
d0044222_18151812.jpg
2005.6.24 多摩動物公園

キリンやシマウマなどサバンナの動物たちは、広場に集められています。お食事の時間とあって、キリンたちが集まってきました。一頭のキリンにカメラを向けると、横の2頭がにゅっと首を出しました。なんだかキングギドラみたいですね。
d0044222_13363311.jpg
2005.6.24 多摩動物公園
by borituba | 2005-12-30 18:23 | どうぶつ | Comments(0)