今日の「撮って出し」その1

今日は午後から都電荒川線を撮りました。
地元のもっとも身近な路線でありながら、「撮るために乗る」ことがなかったので、何ヶ所かで降りてポイントを探しながらの撮影です。
d0044222_2272665.jpg

2005.5.19 都電荒川線東池袋四丁目-向原間

巣鴨新田を出ると、庚申塚に向けほとんど直角に近く急カーブしています。ここでいろいろ試しながら撮っていましたが、ふと架線柱を見てびっくり。なんと明治44年8月建設!なんと95歳です。かつては上に送電線が走っていました。
d0044222_2215231.jpg

2005.5.19 都電荒川線巣鴨新田-庚申塚間
まもなく100歳を迎える架線柱の下を、7000形が行き過ぎて行きます。
d0044222_22141745.jpg

2005.5.19 都電荒川線巣鴨新田-庚申塚間

飛鳥山へやってきました。都電車両の広告ラッピングもすっかりおなじみになりましたが、下町と山の手を結ぶ路線とあって、演歌の広告が目立ちます。かつては「箱根八里の半次郎(氷川きよし)」のラッピング車もありました…
d0044222_2219036.jpg

2005.5.19 都電荒川線飛鳥山-王子駅前間

さあ、ここまで来たら、ここに行かないわけには行きますまい。飛鳥山公園に保存されている都電6000形です。以前はガラスが割られて板が張られていたり、塗装が剥げたりして誠に哀れな姿でしたが、公園の大改修を機に修繕・再塗装されて、ご覧のとおりみちがえるようにきれいになりました。内部も公開されています。さすがに座席は板張りになっていますが、運転台のマスコンはちゃんと動きます。これがいつまでも続くように祈ります。
d0044222_2227295.jpg

d0044222_22291059.jpg

d0044222_22294049.jpg

2005.5.19 北区・飛鳥山公園
[PR]
by borituba | 2005-05-19 22:29 | てつどう | Comments(0)