今日の「撮って出し」-「復活」京成赤電

先日、往年の京成の看板特急「開運号」の復活運転が行なわれ、開運号用として製造され、現在は京成唯一の片開き扉車である3200形3295編成がオリジナルの「赤電」塗装になりました。今日はこれを目当てに京成沿線を巡ってきました。
d0044222_23224879.jpg
2007.2.5 京成電鉄京成線千住大橋駅
実は、3295編成は今年度いっぱいでの引退が決まり、そのため、登場当時の色に戻し、きれいな姿で送り出してやろうということで懐かしい「赤電」の復活となったわけです。
d0044222_23272046.jpg
2007.2.5 京成電鉄京成線中山駅
幸い今日は撮ったポイント全てで3295編成をとることができました。オリジナル塗装復活は嬉しいことではありますが、元気に走る姿があと2ヶ月足らずで見納めだと思うと複雑な気持ちでもあります。
d0044222_23313748.jpg
2007.2.5 京成電鉄京成線国府台駅
[PR]
Commented by 秘密の地下サイト管理人 at 2007-02-11 21:28 x
ご無沙汰いたしております。
2月は「去り行く車両」たちの記録をしっかりされていますね。
京成の3295編成は旧塗装に戻したうえ、最後の花道か、「開運」号
の復活運転がありましたね。
そのようなイベントも楽しいですが、デハ712さんのように定期運用の「普段着の姿」を「記録」を残すことも大切だと思います。
江戸川を渡る姿。。いい具合に車両側面にひかりがまわっていますね。
国府台→下りを狙った撮影ですね。光線の具合からして午後から夕方にかけた時間でしょうか?
by borituba | 2007-02-05 23:17 | てつどう | Comments(1)