今日の「撮って出し」その3

こっちの方へ来ると、やはりここへ来てしまいます。空港線第一京浜の踏切で「電車の顔」を採集。あまり戦果がなく数カットで切り上げ、品川へ戻りました。来た快特は1000形。このところ普通にばかり乗っていたので、本当に久しぶりに「全力疾走」を堪能しました。あ、よく見るとフロントガラスに私の姿が映っています!
d0044222_22141481.jpg

2005.5.9 京浜急行本線京急蒲田駅
Commented by デトニ@怪社 at 2005-05-18 10:23 x
1000形による「快特押上」!この晴れ姿が2005年の今も見られるなんて・・・正に〝長生きして良かった!^^〟と思う瞬間ですね。
しかも塗装がこのうえなく美しいのが嬉しいです。私鉄各社の塗装、ここ数年で有機溶剤不使用の塗料に変更され、外国製の自動塗装機が導入されているせいでしょうか?目立って美しくなったと思います。
これに反して新車の有色塗装車が減っているのは残念!

空前絶後の蒲田駅改良工事、「京急の主」もじっと見守っていることでしょう!
Commented by borituba at 2005-05-18 11:22
どうもありがとうございます。
1000形快特は、朝夕ラッシュ時、快特の最高時速が110キロに落ちる時間帯に久里浜・文庫-品川・押上間に設定されています。ご存知とは思いますが、1000形は120キロ運転対応の改造がされていないので、9時-16時の日中の快特には入りませんが、7時-9時、16時-20時までの間は快特の最高速度が落ち、また2100形が「ウィング号」運用に入るため、一時新町区で待機する関係で、快特運用に入ってきます。
by borituba | 2005-05-09 22:18 | てつどう | Comments(2)