今日の「撮って出し」-1000形の晴れ姿を求めて

朝夕ラッシュ時には、京急快特の最高速度は110km/hに落ちます。また、日中は設定のない特急があるために、快特ご自慢の高速もややトーンダウンします。
それもあって、朝夕には1000形が特急や快特の運用に入ることは前から知っていましたが、なかなか実際に見ることができませんでした。まして撮影はほとんどできませんでした。
ならば、始発に近いところまで行けば、コンディションのいい時間帯に撮れるのではないか?と考えて、上大岡の先、杉田で15時半ころからロケをしました。
d0044222_22142785.jpg
2006.9.11 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
1000形の優等列車が狙いで行ったのに、思わぬ副産物もゲットできました。定期的に久里浜と新町の間を往復している事業用車デト11・12がやってきました。部品や材料の輸送だけでなく、非常時の出動に備えての訓練を兼ねて定期運用に組み込まれています。そのため普通は車庫の奥でホコリをかぶっていたりしがちな事業用車でも、京急の車は非常にキレイになっています。また、快特がガンガン飛ばしている本線を走るため、事業用車といえども旅客車並みのスペックが必要で、このデト君は、1000形の最初期車である1095・96(初代800形としてデビューし、後に1000形に改造された)の足回りと台枠と制御機器を流用して、700形をベースにした車体を新製して載せたもの。思った以上の高速で通過していきました。けっこう逃げ切って新町まで行きます。そのため急行灯が点いています。
d0044222_22341594.jpg
2006.9.11 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
今日はドン曇りで暗くなるのが早く、今日はダメかと思いましたが、ダメもとで撮ってみました。16時半を回っていよいよダメかと思ったところへ、来ました。誇らしげに急行灯を点けた1000形快特押上ゆきです。撮るとかなり暗くなってしまいましたが、ブレはなかったので、PCに落としてからかなり補正をかけました。
d0044222_22424399.jpg
2006.9.11 京浜急行電鉄本線杉田-京急富岡間
[PR]
by borituba | 2006-09-11 21:48 | てつどう | Comments(0)