都営新宿線車両図鑑

下高井戸で上りを撮っていると、都営新宿線の車両が立て続けにやってきました。
まずやってきたのは最新の10-300系です。JR東日本のE231系をベースにしたいわゆる「新標準形」車両で、地下鉄用の特殊な機器のほかは内装など基本的なスペックは共通になっています。急行本八幡ゆき、この先は明大前・笹塚・新線新宿・市ヶ谷・神保町・馬喰横山・森下・大島・船堀・本八幡と、新宿線内も急行運転になります。
d0044222_1451409.jpg
2006.6.6 京王電鉄京王線下高井戸駅
続いては10-000系の先頭車だけを新製して置き換えた10-300R系編成。上の10-300系の新製編成は帯の幅が広くなっていますが、この編成は中間車の10-000系に合わせて、黄緑の帯が細くなっています。先頭車だけが新しくなっているので、アンバランスな印象になっているのは否めませんが、過渡期の珍現象として記録に残しておきましょう。
d0044222_1564166.jpg
2006.6.6 京王電鉄京王線下高井戸駅
最後は従来型の10-000系。新宿線は1978年の岩本町-東大島間を皮切りに、部分開業を繰り返しながら伸びていった路線で、それに合わせて車両も増備されていったので、1971年の試作車から1997年の最終増備車まで30年近くに渡って製造されました。そのため初期車の一部は老朽化のために廃車となり、中間車のなかで車令の若いものは先頭車を上の10-300Rに置き換え、90年代になって製造された編成はそのまま生き残っています。90年代後半はすでにVVVFインバータ車の時代になっていましたが、ATCシステムが旧式で障害が出たために解決されるまでの間新車の導入が遅れたのだそうです。
d0044222_1520882.jpg
2006.6.6 京王電鉄京王線下高井戸駅
Commented by Leo at 2006-06-09 18:05 x
都営新宿線って“急行”なんて出来たんですか?
20年前は無かったけど・・・知りませんでした。
おまけに通ってた会社・・・止まらない駅みたいです。
Commented by デハ712 at 2006-06-09 18:57 x
おいでいただきまして、ありがとうございます。
急行運転は、1997年暮れからの開始です。以前は平日の日中のみでしたが、現在は土曜・休日にも運転され、休日には行楽用に1往復だけ高尾山口まで直通します。
新宿線はもともと急行運転を想定していたようで、急行待避駅が3駅(岩本町・大島・瑞江)あることで、高速運転を可能にしています。
ただ、本文に書いたとおり、停車駅は都営線との連絡優先で、大江戸線開通で森下に停まるようになったのに、新宿三丁目、九段下、小川町、住吉は完全無視で(さすがに市ヶ谷だけは無視できなかったようですが)、浅草線の快速同様、都営と東京メトロの長年の「確執」がまだ解決してないのがわかりますね。思えばついこないだまで地下鉄の「丸マーク」も統一されてなかったんですから…
Commented by wonderfulscarlet at 2006-06-09 22:20
こんばんは!おじゃまします。
10-000系の初期車はセミステンレス構造の為に、
更新することなく、廃車の運びになりましたね。

急行は、本来は、千葉ニュータウンまでの開業後に運転が開始する
予定でしたが、一部区間予定地の用地買収に失敗した事、
また一部に認可が下りなかった事、など、様々な要因があり
計画が一時中止(実際は完全な中止と思われます)になった為、
(認可が下りている計画自体はまだ取り消されてはおりません。)
現行の路線状態で、運転を始める事を決断したようです。
Byレッドライン
Commented by ぢょん at 2006-06-10 11:45 x
急行運転といえば、いま建設中の17号線も急行運転前提で作られるはずでしたが、どーなってるんでしょう?
by borituba | 2006-06-09 15:20 | てつどう | Comments(4)