報恩・オーマンディの名盤~命日によせて

今日はユージン・オーマンディ忌です。

連日のお祈り疲れで今日はぐったりしていましたが、大好きなオーマンディの命日ということで、少し聴きました。
両盤とも演奏はユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団。

ベートーヴェン:
交響曲第7番イ長調 Op.92
交響曲第8番ヘ長調 Op.93
オーマンディのベートーヴェンやブラームスは実に美しい演奏です。そして若々しさがあります。基本に忠実に折り目正しいイン・テンポ。フィラデルフィアの芳醇なオーケストラ・サウンドと手堅いアンサンブルの素晴らしさ。世評高いヨーロッパの巨匠たちの録音に決してひけをとらない素晴らしいベートーヴェンです。第8番のディヴェルティメントな味わいが最高です♪
d0044222_23301749.jpg

チャイコフスキー:
交響曲第4番ヘ短調 Op.36
弦楽セレナードハ長調 Op.48
オーマンディの十八番といえばやはりチャイコフスキーでしょう。三大バレエやマンフレッド交響曲などたくさんの名盤にはずいぶんお世話になりました。今宵はその中から弦の響きが素晴らしい2曲を楽しみます。交響曲第4番では名人揃いの耀かしい管楽器も素晴らしいです♪
d0044222_23305674.jpg

[PR]
by borituba | 2017-03-12 20:28 | おんがく | Comments(0)