今日のもう二枚~コダーイ忌によせて

スーザのあとはやはり今日が命日のコダーイ・ゾルターンを聴いております。

コダーイの作品は吹奏楽者にとっては「ハーリ・ヤーノシュ」、近年では「孔雀変奏曲」ということですが、合唱を能くするみなさまには今も合唱コンクールでよく出る「ミサ・ブレヴィス」など合唱の難曲のイメージが強いでしょうか。

そんな中、吹奏楽者のあっしとしてはまずはここから、ということになります。
d0044222_23464633.jpg

コダーイ・ゾルターン:
組曲「ハーリ・ヤーノシュ」
ガランタ舞曲
ハンガリー民謡「孔雀」による変奏曲
ロンドン交響楽団
ケルテス・イシュトヴァーン(指揮)
やはりこの3曲から入ります。コダーイの代名詞であるハンガリー民謡をモダンなサウンドで再構成した傑作です。不慮の事故で夭逝して今だにその死が惜しまれているコダーイ門下のケルテスの貴重な記録としても素晴らしい演奏です。

d0044222_23473234.jpg

ハンガリー詩篇 Op.13
コズマ・ラヨシュ(テノール)
ブライトン・フェスティヴァル合唱団
ワンズワース・スクール少年合唱団
ロンドン交響楽団
ケルテス・イシュトヴァーン(指揮)
声楽の作品からは1923年のブダペスト50年祭のために作曲され、出世作でもある「ハンガリー詩篇」を聴きます。ハンガリー民族の苦難と栄光を称える讃歌ですが、当時独裁政治による圧政の下に苦しむハンガリー国民を鼓舞し、独裁政権へのブロテストを裏に秘めた力強い合唱の名曲で、ここでもケルテスの素晴らしいアンサンブル捌きが光っています。
[PR]
by borituba | 2017-03-06 22:45 | おんがく | Comments(0)