天はニ物を…?

先日、私の贔屓のオーケストラ、新日本フィルハーモニー交響楽団の「サポーターズパーティー」が開かれました。日頃名演奏を聴かせていただいている楽団員のみなさんや指揮者と身近にお話ができる貴重な機会で、毎回盛会になります。
現在の新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督はクリスティアン・アルミンク氏。2003年9月に弱冠31歳で音楽監督に就任。3シーズン目を迎えてさらに3シーズンの契約延長が決定。すっかり「錦糸町の顔(?)」になりました。就任当時は「イケメン指揮者登場」と騒がれましたが、アルミンク氏はタダのイケメンではありません。どんな曲をやってもどこかに必ず自分の工夫や研究の成果が取り入れられ、聴く者に新鮮な驚きを与えてくれます。また、生粋のウィーンっ子らしく、品のよいシャープな音楽が身上ですが、意外に情熱的な面もあり、こちらの予想を大胆に裏切ってくれることもしばしばです。
今回はパーティーがあるということで、奥様と共に来日。奥様も大変に御綺麗な方ですが、それもそのはず、女優さんだとのこと。ご両人ともまさに「天がニ物を与えた」カップルです。
d0044222_226088.jpg
2005.11.19 新日本フィルハーモニー交響楽団サポーターズパーティーにて
[PR]
by borituba | 2005-11-21 22:06 | おんがく | Comments(0)