今日の撮って出し!:2012年、さくら、咲く。2

今日はシゴトの合間にちょっと寄り道です。

青梅街道から少し入ったところにある都立善福寺公園。池のほとりの木々が緑を取り戻し、時を同じくして桜も見ごろとなりました。
d0044222_20481942.jpg
2012.4.6
d0044222_2052018.jpg
2012.4.6
新緑と桜のコラボはまさに「柳桜をこきまぜて」という趣きで、中国の庭園のようです。こうした遠景だけでなく、花の群れをアップで撮るのもまた良し。
d0044222_20552590.jpg
2012.4.6
d0044222_205604.jpg
2012.4.6
今年の大河ドラマ「平清盛」の序盤で印象的な活躍を見せた清盛の同僚、佐藤義清。この名では「?」と思われた方も、この人物が出家して「西行」となればお分かりでしょう。平安末期に活躍した「愛と花の歌人」として後世に大きな影響を与えました。フィクションですがドラマでは崇徳院(帝)から後に百人一首に入る有名な「瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢わんとぞ思ふ」の歌を賜ったりしていますが、優れた歌人としての側面をベタなまでにわかりやすく表した名場面になっていました。
そんな西行の代表作が

願わくは花のしたにて春死なむその如月の望月のころ

という有名な歌です。今夜はまさに満月。西行が望んだ「終の棲家」はきっとこんな風景だったのかも知れませんね。
d0044222_213031100.jpg
2012.4.6
d0044222_21314869.jpg

[PR]
by borituba | 2012-04-06 21:31 | はな | Comments(0)