今日の撮って出し!:彼岸清遊が梅見になるとは…

今日はお彼岸のお中日。お墓参りに行ってきました。

今日はお天気もよく、日なたは気温よりあたたかだったので、お墓参りも気分がいいです。
お墓参りや法事の後は、清遊といって娯楽を楽しむのがよいとされています。お彼岸の墓参は昨年は春は震災、秋は体調を崩して結果彼岸明けの日に入院と、清遊どころではなかったので、彼岸清遊は実に久しぶりとなりました。
クルマで出かけていたので、そのままクルマを走らせて、ひな祭りには三分くらいしか咲いていなかった梅ヶ丘の羽根木公園の梅を再度見に行くことに。先週・先々週には比較的あたたかな日が数日あったおかげで、白梅はほぼ満開、紅梅も五分咲きくらいになっていました。
d0044222_21254477.jpg
2012.3.20
震災以来、花を撮るときはできるだけ空をからめて撮るようになりました。満開の白梅、咲き始めた紅梅、そして青い空…三色が好対照に映えています。
d0044222_21285748.jpg
2012.3.20
2012.3.20
d0044222_21301055.jpg
2012.3.20
d0044222_21305937.jpg
2012.3.20
紅白とりまぜていろいろな品種の梅が植えられている中、ひときわ目を惹くのが枝垂れ梅です。先々週来た時には全く咲いていなかったのに、たった十日ほどで一気に満開になっていました。花芽が多い品種らしく普通の樹より花の密度が濃くてとても華やかです。てっぺん近くの枝は青空の中をくねって飛ぶ龍のようです。そういえば江戸名所に向島の「臥龍梅(がりょうばい)」というのがあったそうですが、それもかくやと思わせる見事さです。これだけ密度が濃いと接写もとてもイイ感じ。
d0044222_21393378.jpg
2012.3.20
d0044222_21402442.jpg
2012.3.20
d0044222_21425094.jpg
2012.3.20
梅は接写が非常に面白いです。丘を降りながら各種の花を接写してゆきました。
d0044222_21453594.jpg
2012.3.20
d0044222_2146585.jpg
2012.3.20
d0044222_2147506.jpg
2012.3.20
d0044222_21482615.jpg
2012.3.20
d0044222_21493938.jpg
2012.3.20
公園を後にして駐車場に行くまでの間に、お地蔵さんの小祠があり、かたわらにまだ幼木ですが枝垂れ梅が植わっています。陽あたりがいいのかかなりよく咲いていたので、これを接写して今年の梅の総仕上げにしました。
d0044222_21535953.jpg
2012.3.20
d0044222_21542779.jpg
2012.3.20
d0044222_21592269.jpg
2012.3.20
d0044222_220145.jpg
2012.3.20
しかし、お彼岸といえば「暑さ寒さも彼岸まで」などと言ってかなりあたたかくなっているのが例年で、時と場合によってはそろそろ桜の噂が伝わってくる頃です。それが今年はこの時期に梅が満開とは…各地で「梅まつり」が日延べになったりしているようですが、ほんとうに今冬は寒く、そして長かったのですねぇ。
[PR]
Commented by デトニ@怪社 at 2012-03-21 09:58 x
今年の冬はクソ寒い上に執念深いので各地で「梅無し梅まつり」状態になって下手すると桜と絡みそうな気配ですね。早い時は墓参りで桜が満開だったのに・・・「温暖化」というより「異常寒暖差」という感じがします。
まぁ早朝出勤鉄オヤヂとしては桜が遅い方が日が高くなるので助かります♪
by borituba | 2012-03-20 22:06 | はな | Comments(1)