悲しき乗車位置

井の頭線の起終点駅、渋谷と吉祥寺は大規模改装されています。

同時に乗車位置目標がランプ式になりました。
d0044222_22343818.jpg
2011.6.19 京王電鉄井の頭線渋谷駅
列車が発車すると、次の列車の乗車位置目標のところが点滅するようになっています。左側のオレンジの目標が点灯しています。
では、右側は?
この乗車位置目標が採用された当時は、3000系と1000系が概ね半々で、3扉の3000系と4扉の1000系ではドアの間隔が違うので、3扉用と4扉用の2種類の目標が必要だったのです。
しかし現在、井の頭線の車両はほぼ1000系のみになっており、3000系の運用は早朝・深夜のごくわずかになっています。そのため、この乗車位置目標もオレンジの4扉用が点灯することがほとんどになっており、グリーンの3扉用は消えたままです。そしてこれが全く点灯しないようになるのももうすぐに迫っているのです。

[PR]
Commented by デトニ@怪社 at 2011-07-12 09:33 x
6000系引退のお祭り騒ぎに当惑していたところに「震災」が襲いました。3000系に関して今の所何も無いのはそのせいでしょうか? 未確認ですが最後の2本の内1本がバラされて3両は伊予鉄向の改造、そして残り2両は…。このまま何のお触れもなく全廃されてしまうのでしょうか? 余りに待遇の差が、、、

まぁ、6000系は他社譲渡が皆無なのに対し3000系は狭幅片開の一次車から「ウルトラ大昇進」(謎)の伊予鉄向けまで地方私鉄の近代化に大きな貢献をしているので文句は言えない状況、、、

でも・・・折角の紫陽花の季節に2本揃って特別運行ぐらいして欲しかったな~、、、
by borituba | 2011-07-09 22:59 | てつどう | Comments(1)