今日の撮って出し!:草生す鉄路

お仕事のコースの中に、こんな場所があります。
d0044222_22534321.jpg
2010.11.10
ここは川越市某所西武安比奈線のほぼ末端付近です。
「西武安比奈線?そんな線あったっけ?」とお思いの方もおいででしょう。それも無理ない話で、1967年(昭和42年)に運行が休止されて以来40年以上放置され、もはや廃線も同様となっているのです。
もともとは入間川の川砂利採取場のあった安比奈駅新宿線の南大塚駅を結ぶ貨物線でしたが、川砂利の採取が禁止になったために役目を終えました。
しかし、西武はなぜか安比奈線を廃止にせず休止として放置してしまいました。しばらくはメンテナンスをしていたようですが、やがて全くの放置状態になったばかりか、南大塚駅構内の分岐は撤去され、国道16号線を渡る踏切は埋められ、あちこちで線路は草に埋もれています。それでも西武鉄道はこの線を廃止にしようとしません。非常に謎です。
d0044222_23185154.jpg
2010.11.10
一時は遊歩道として整備されたところもありますが、あくまで休止線であること、また枕木の腐食が進んで陥没し、線路が浮き上がって危険になったこと、入間川近くのやぶの中にマムシの生息が確認されたこと、廃線跡探訪ブームで立ち入る人が増えたことなどの理由で、現在線路への立ち入りはほとんどの場所でできなくなっています。
d0044222_23244117.jpg
2010.11.10
上のガーダー橋反対側は、線路はすっかり草生して見えなくなっています。架線柱が残っていますがもちろん架線は張られておらず、40年間風雨にさらされて朽ちかけています。
一応この地域の開発計画の一環で、安比奈線川越市西部と新宿線とのアクセス路線として再生しようという動きはあり、西武新宿線の車両基地建設の計画もあるようですが、具体化しておらず、今しばらくはこの風景のままのようです。

Commented by 岳鉄@家 at 2010-11-11 23:49 x
ありゃまあ。つばさロケ地ですね。
あの連ドラのお陰で立ち入り禁止の看板や柵がwww
by borituba | 2010-11-10 22:50 | てつどう | Comments(1)