さくら週間(3):黄金町

土曜日の富岡の帰りに、黄金町に寄り道しました…というと「おいおい、花見の帰りにナニしにいくのか?」と思った方はかなり人生経験の豊富な方です。

黄金町はかつては横浜最大の歓楽街で、遊郭も置かれていました。現在の京急横浜以南のルーツである湘南電気鉄道横浜駅に乗り入れてくる前にターミナルだったのが黄金町でした。
今はもちろん遊郭はなく、戦後の混乱期以来「危ない街」の象徴だった黄金町市民や行政の努力怪しげな店は激減して、京急のガード下には個性的なカフェやギャラリーが並ぶ「おしゃれな街」へと変貌をとげています。
京急と国道の間を流れる大岡川の堤にが並んでいます。比較的若い樹が多いので、花の密度が濃くみっしりとした質感があります。
d0044222_10482066.jpg
2010.4.3
d0044222_10491871.jpg
2010.4.3
d0044222_10503213.jpg
2010.4.3
橋のたもとまで枝が広がっているので、花が近くに見えて接写しやすく、みっしり咲く花の一輪一輪までじっくり鑑賞できます。
d0044222_10582764.jpg
2010.4.3
d0044222_10591033.jpg
2010.4.3
d0044222_1101388.jpg
2010.4.3
d0044222_1112748.jpg
2010.4.3
d0044222_112093.jpg
2010.4.3
[PR]
by borituba | 2010-04-07 09:50 | はな | Comments(0)